Caché ActiveX ゲートウェイの使用法
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 アーキテクチャ
  • 1.2 ActiveX / COM の概要
  • 1.2.1 COM オブジェクトとは?
  • 1.2.2 COM インタフェース
  • 1.2.3 IDispatch インタフェース
  • 1.2.4 タイプ・ライブラリ
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 Caché アクティベート・ウィザード
  • 2.2 生成されたラッパ・クラスの使用法
  • 2.2.1 例 : プロパティへのアクセス
  • 2.2.2 例 : 列挙 COM インタフェース
  • 2.2.3 プロパティに関する特別な考慮事項
  • 2.3 例外処理
  • 2.3.1 例 : 例外処理
  • 2.4 %Activate.IDispatch および %Activate.GenericObject
  • 2.4.1 例 : CreateObject の使用法
  • 2.5 モニカ
  • 2.5.1 例 : GetObject の使用法
  • 2.6 Become メソッド
  • 2.7 イベント
  • 2.7.1 例 : COM イベントの使用法