.NET 用 Caché ゲートウェイの使用法
目次
 
   
サーバ:docs1
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 プロキシ・クラスの使用法
  • 1.2 .NET API を使用したラッパ・クラスの使用法
  • 1.3 ゲートウェイ・サーバの作成および実行
  • 1.4 プロキシ・クラスのインポート
  • 1.5 .NET ゲートウェイ API
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 新規オブジェクト・ゲートウェイ・フォームの使用法
  • 2.2 プログラムによるサーバ・プロパティの定義
  • 2.3 ゲートウェイ・サーバのバージョン
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 サーバの起動
  • 3.1.1 コマンド・プロンプトからのサーバの起動
  • 3.2 サーバ・スレッドへの接続
  • 3.2.1 Gateway.%Connect() メソッド
  • 3.3 サーバの切断と停止
  • 3.4 ゲートウェイの監視およびデバッグ
  • 3.4.1 エラーのチェック
  • 3.4.2 トラブルシューティング
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 スタジオの .NET ゲートウェイ・ウィザードの使用法
  • 4.2 プログラムによるプロキシ・クラスの生成
  • 4.2.1 %Import() メソッド
  • 4.2.2 %GetAllClasses() メソッド
  • 4.2.3 %ExpressImport() メソッド
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 .NET テスト・プロジェクトのコンパイルおよび実行
  • 5.1.1 .NET アセンブリのコンパイル
  • 5.1.2 サーバの作成および実行
  • 5.1.3 Caché プロキシ・クラスの生成
  • 5.1.4 Caché DotNet.Test の例の実行
  • 5.2 テスト・クラスのソース・コード
  • 5.2.1 Test() メソッド
  • 5.2.2 TestArrays() メソッド
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 アセンブリ名とクラス名
  • 6.2 プリミティブ
  • 6.3 プロパティ
  • 6.4 メソッド
  • 6.4.1 オーバーロードされたメソッド
  • 6.4.2 メソッド名
  • 6.4.3 静的メソッド
  • 6.5 コンストラクタ
  • 6.6 定数
  • 6.7 OUT パラメータと REF パラメータ
  • 6.8 .NET の配列
  • 6.9 再キャスト
  • 6.10 .NET 標準出力のリダイレクト
  • 6.11 制限条件