Caché eXTreme での .NET の使用法
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 インストールと構成
1.1.1 要件
1.1.2 インストール
1.1.3 必須環境変数
1.1.4 必須ファイル
1.2 eXTreme アプリケーションのサンプル
1.2.1 XEP のサンプル
1.2.2 グローバル API のサンプル
1.2.3 サンプル・データ・クラス
Chapter 2: 
  2.1 Event Persistence の概要
2.1.1 永続イベントを格納および照会する単純なアプリケーション
2.2 EventPersister の作成と接続
2.3 スキーマのインポート
2.4 イベントの格納と変更
2.4.1 イベントの作成と格納
2.4.2 格納されたイベントへのアクセス
2.4.3 インデックス更新の制御
2.5 クエリの使用法
2.5.1 クエリの作成と実行
2.5.2 クエリ・データの処理
2.5.3 フェッチ・レベルの定義
2.6 XEP からの Caché メソッドの呼び出し
2.7 スキーマのマッピングとカスタマイズ
2.7.1 スキーマ・インポート・モデル
2.7.2 スキーマのカスタマイズ
2.7.3 スキーマ・マッピング・ルール
Chapter 3: 
  3.1 グローバル API の概要
3.1.1 グローバル配列の概要
3.1.2 ノードを作成およびフェッチするための簡単なアプリケーション
3.2 接続の作成
3.3 グローバル配列の構築
3.3.1 ノード参照の概要
3.3.2 ターゲットのサブノードのアドレス指定
3.3.3 ノードの作成と削除
3.3.4 ターゲット・アドレスの変更
3.3.5 ターゲット・アドレスの出力とコピー
3.4 グローバル配列のノードの検索
3.4.1 一連の子ノードにわたる反復
3.4.2 ノード値のテスト
3.4.3 すべてのレベルのサブノードの検索
3.5 データベースからの値のフェッチ
3.5.1 既知のデータ型の値のフェッチ
3.5.2 未知のデータ型の値のフェッチ
3.6 シリアル化された値リストの使用法
3.6.1 ValueList の作成、格納、およびフェッチ
3.6.2 ValueList 要素の読み取り
3.7 複数のグローバル配列へのアクセス
3.7.1 グローバル名へのアクセス
3.7.2 グローバル配列のディレクトリの使用法
3.7.3 ネームスペースへのアクセス
3.8 トランザクションとロック
3.8.1 トランザクションの制御
3.8.2 ロックの取得および解放
3.8.3 トランザクションでのロックの使用
3.9 Caché メソッドの呼び出し
3.10 グローバル API の要件と規約
3.10.1 グローバル配列の名前付け規約
3.10.2 グローバル API を他の eXTreme API と共に使用する方法
3.10.3 複数レベルのグローバル配列での照合順
3.10.4 スレッド・セーフに関する考慮事項
Chapter 4: 
  4.1 XEP クイック・リファレンス
4.1.1 XEP メソッドのリスト
4.1.2 クラス PersisterFactory
4.1.3 クラス EventPersister
4.1.4 クラス Event
4.1.5 クラス EventQuery<>
4.1.6 インタフェース InterfaceResolver
4.1.7 クラス XEPException
4.2 グローバルのクイック・リファレンス
4.2.1 グローバル API メソッドのリスト
4.2.2 クラス ConnectionContext
4.2.3 クラス Connection
4.2.4 クラス GlobalsDirectory
4.2.5 クラス NodeReference
4.2.6 クラス ValueList
4.2.7 クラス ByteArrayRegion
4.2.8 グローバル例外クラス