DeepSee Web クライアントを作成するためのツール
DeepSeeResultSet
[Home] [Back] [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

DeepSee クエリの結果を操作することを可能にします。
このオブジェクトを使用できる場所
このオブジェクトは、クライアント側の JavaScript コード内で使用できます (そのコードで DeepSee.js がインクルードされている場合)。DeepSee JavaScript API の概要 を参照してください。
このオブジェクトの作成
結果セットを作成するには、データ・コントローラ・オブジェクトgetCurrentData() メソッドを呼び出します。
または、次のようなコードを使用します。
var resultset = new DeepSeeResultSet(connection,widget,wait,timeout);
以下はその説明です。
このオブジェクトのプロパティ
DeepSee の結果セット・オブジェクトには、以下のプロパティがあります。
このオブジェクトのメソッド
DeepSee 結果セット・オブジェクトには、以下の JavaScript メソッドがあります。
getColumnCount()
getColumnCount()
結果セット内の列数を返します。
getCubeName()
getCubeName()
現在使用されているキューブの名前を返します。
getErrorMessage()
getErrorMessage()
このメソッドは、応答オブジェクトに含まれているエラー・メッセージ (ある場合) のテキストを返します。
getOrdinalLabel()
getOrdinalLabel(axis, position)
以下はその説明です。
指定された軸上の指定された位置のラベルに対応する、文字列の配列を返します。
getOrdinalValue()
getOrdinalValue(rowNo,colNo,formatted)
以下はその説明です。
指定されたセルの値を返します。
getQueryStatus()
getQueryStatus()
クエリが完了したかどうかを示す数値を返します。 クエリが完了している場合は、この値は 100 です。そうでない場合は、この値は 100 未満です。
getRowCount()
getRowCount()
結果セット内の行数を返します。
isError()
isError()
エラーが発生したことが応答オブジェクトによって示されている場合は、このメソッドは true を返します。そうでない場合は、false を返します。
runMDXQuery()
runMDXQuery(mdx,finalCallback,pendingCallback,filters)
以下はその説明です。
このメソッドは、指定された MDX クエリを実行します。クエリが保留中のときや完了したときは、DeepSee は指定されたコールバック関数を呼び出します。
このメソッドには戻り値はありません。
runMDXDrillQuery()
runMDXDrillQuery(mdx,finalCallback,pendingCallback,listing,fieldList,filters)
以下はその説明です。
このメソッドは、指定されたドリルスルー・クエリを実行します。クエリが保留中のときや完了したときは、DeepSee は指定されたコールバック関数を呼び出します。
このメソッドには戻り値はありません。
runPivot()
runPivot(pivot,finalCallback,pendingCallback,filters)
以下はその説明です。
このメソッドは、指定されたピボット・テーブルで定義されている MDX クエリを実行します。クエリが保留中のときや完了したときは、DeepSee は指定されたコールバック関数を呼び出します。
このメソッドには戻り値はありません。