DeepSee MDX リファレンス
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
リファレンスA: 
 
  • 識別子 — このセクションでは、DeepSee MDX の識別子について説明します。
  • コメント — このセクションでは、DeepSee MDX クエリのコメント、およびモデル定義内で使用される独立した MDX 式のコメントについて説明します。
  • リファレンスB: 
     
  • 数値式 — このセクションでは、DeepSee MDX で数値式を作成し、使用する方法について説明します。
  • 文字列式 — このセクションでは、DeepSee MDX で文字列式を作成し、使用する方法について説明します。
  • 論理式 — このセクションでは、DeepSee MDX で論理式を作成し、使用する方法について説明します。
  • タプル式 — このセクションでは、DeepSee MDX でタプル式を作成し、使用する方法について説明します。
  • メンバ式 — このセクションでは、DeepSee MDX でメンバ式を作成し、使用する方法について説明します。
  • レベル式 — このセクションでは、DeepSee MDX でレベル式を作成し、使用する方法について説明します。
  • 階層式 — このセクションでは、DeepSee MDX で階層式を作成し、使用する方法について説明します。
  • セット式 — このセクションでは、DeepSee MDX でセット式を作成し、使用する方法について説明します。
  • メジャー検索式 — このセクションでは、メジャー検索式を作成して使用する方法について説明します。この式を使用すると、ファクト自体 (つまり、集約レベルではなく最下位レベル) のメジャーの値に基づいて、ファクト・テーブルから行にアクセスできます。これらの式は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • 品質メジャー式 — このセクションでは、品質メジャー式を作成および使用する方法について説明します。品質メジャー式を使用すると、品質メジャーの値にアクセスできます。これらの式は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • リファレンスC: 
     
  • %FILTER 節 — SELECT 文にフィルタを適用します。SELECT 文の結果をスライスする方法について説明します。この節は WHERE に似ていますが、1 つの文に複数の %FILTER 節を含めることができる点が異なります。%FILTER は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • CREATE MEMBER 文 — 現在のセッション内で使用できる計算メンバを作成します。
  • CREATE SET 文 — 現在のセッション内で使用できる名前付きセットを作成します。
  • DRILLFACTS 文 — キューブによって定義されているファクトおよびディメンジョン・テーブルを使用して、指定された SELECT 文の結果の最初のセルに関連付けられている最下位レベルのデータを表示します。
  • DRILLTHROUGH 文 — 指定された SELECT 文の結果の最初のセルに関連付けられた最下位レベルのデータを表示します。
  • DROP MEMBER 文 — 現在のセッションでこれまでに定義された計算メンバを削除します。
  • DROP SET 文 — 現在のセッションでこれまでに定義された名前付きセットを削除します。
  • FORMAT_STRING 節 — 計算メンバの定義に使用します。この節では、データの表示形式を指定します。
  • SELECT 文 — クエリを実行し、その結果を返します。このセクションでは、基本的な構文について説明します。
  • SET 文 — 開発用に現在のセッションで使用するピボット変数を作成します。この文は MDX シェル内でのみ使用できます。
  • SOLVE_ORDER 節 — 計算メンバの定義に使用します。この節では、この計算メンバの定義を適用する順序を、他の計算メンバに対して相対的に指定します。この節は、両方の軸についての計算メンバがクエリに含まれている場合にのみ関連します。
  • WHERE 節 — SELECT 文にフィルタを適用します。SELECT 文の結果をスライスする方法について説明します。
  • WITH 節 — SELECT 文で使用する 1 つ以上の計算メンバ、名前付きセット、またはパラメータを定義します。
  • リファレンスD: 
     
  • %ALL — メンバが属している階層を使用する ROW コンテキストおよび COLUMN コンテキストを無視しながら、このメンバを使用できるようにします。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %CELL — ピボット・テーブルの別のセルの値を、位置別に返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %CELLZERO — ピボット・テーブルの別のセルの値が返されるか、セルに値がない場合は 0 が返されます。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %FIRST — セットのうち、空でない最初のメンバについて評価された、指定されたメジャー (または他の数値式) の値が返されます。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %KPI — KPI、プラグイン、またはワークシートから値を返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %LABEL — MDX 式が指定されると、同じ式を、行ヘッダまたは列ヘッダとして使用する異なるラベルを付けて返します。%LABEL では、行または列のフォーマットを指定することもできます。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %LAST — セットのうち、空でない最後のメンバについて評価された、指定されたメジャー (または他の数値式) の値が返されます。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %LIST — 値のセットが指定されると、コンマで区切られた値のリストを返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能で、KPI での使用を目的にしています。
  • %LOOKUP — 条件リストから値を 1 つ返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %MDX — 現在のクエリのコンテキストの外側で MDX クエリを実行し、単一の結果を返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %NOT — 特定のレベルの単一のメンバを除外できます。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %OR — 効率を上げるため、またカウントの重複を回避するために、複数メンバを単一のメンバに結合できます。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %SEARCH — WHERE 節および %FILTER 節で使用できるメジャー検索式を返します。
  • %SPACE — ラベルのない空白の行または列を挿入します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %TERMLIST — 条件リストに基づいてメンバのセットを作成できるようにします。%OR 関数で %TERMLIST をフィルタ処理に使用すると、特に有効です。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %TIMERANGE — 時間メンバの範囲 (範囲の片側を省略可能) を定義できるようにします。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • %TIMEWINDOW — 時刻ディメンジョンのメンバのうち、指定された範囲テンプレートと一致するメンバのセットを返します。
  • %TOPMEMBERS — 指定された階層にある最初のレベルのすべてのメンバのセットを返します。または、レベルを指定すると、そのレベルのすべてのメンバのセットを返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • AGGREGATE — メジャーの集約ロジックに従い、セットのすべての要素にわたって、指定されたメジャー (または現在のメジャー) の集約値を返します。
  • ALLMEMBERS — 指定されたレベルまたは階層のすべてのメンバのセットを返します。または、ディメンジョンの最初の階層のすべてのメンバのセットを返します。いずれの場合も、計算メンバがあればそれも返されます。
  • ANCESTOR — 指定されたレベル内で指定されたメンバの祖先を返します。
  • AVG — セットのうち、指定された式に対して値が NULL でないすべての要素にわたって、この式 (または現在のメジャー) の平均値を返します。
  • BOTTOMCOUNT — 目的の要素数を指定すると、セットを並べ替え、その値の低い方からサブセットを返します。
  • BOTTOMPERCENT — メンバ全体の合計に適用される切り捨てパーセンテージを指定すると、セットを並べ替え、その値の低い方からサブセットを返します。
  • BOTTOMSUM — 要素全体の合計に適用される切り捨て値を指定すると、セットを並べ替え、その値の低い方からサブセットを返します。
  • CHILDREN — 指定されたメンバに子があれば、それを含むセットを返します。
  • CLOSINGPERIOD — 指定されたメンバと同じレベルで、指定されたレベルの最後の子孫メンバを返します。この関数は主に、時間レベルで使用するためのものです。
  • COUNT — 指定されたセット内の要素数を返します。
  • COUSIN — 参照メンバ、および同じ階層内でのより高いレベルのメンバを指定すると、この関数は、そのより高いレベルで参照メンバの祖先を検索し、その祖先に対する参照メンバの相対位置を判別し、相対位置が同じである、より高いメンバの子孫を返します。この関数は主に、時間レベルで使用するためのものです。
  • CROSSJOIN — 指定されたセットのクロス積で形成されたタプルのセットを返します。
  • CURRENTMEMBER — 階層のメンバの繰り返し内で、プログラムでメンバを参照できるようにします。
  • DESCENDANTS — 指定したレベル内で指定したメンバの子孫であるメンバを返します。
  • DISTINCT — セットを検証し、重複している要素を削除し、残りの要素のセットを返します。
  • EXCEPT — 2 つのセットを検証し、最初のセットの要素で構成されるセットを返します。ただし、2 番目のセットにもある要素があれば除外します。この関数は、オプションで、そのセット内にある重複を削除します。
  • FILTER — セットを検証し、指定された式が要素ごとに True となるサブセットを返します。セットの順序は変わりません。
  • FIRSTCHILD — 指定されたメンバの最初の子を返します。
  • FIRSTSIBLING — 指定されたメンバの最初の兄弟を返します。
  • HEAD — セットの現在の順序を使用して、セットの先頭からサブセットを返します。
  • HIERARCHISE — HIERARCHIZE の同義語です。
  • HIERARCHIZE — セットを指定すると、階層順に (階層で指定された順序で) セットを返します。
  • IIF — 指定された論理式の値に応じて、2 つの値のいずれかを返します。
  • INTERSECT — 指定された 2 つのセットの両方にある要素で構成されたセットを返します。オプションで、そのセットにある重複を除外します。
  • ISNULL — スカラ MDX 式を評価し、その値または代替値 (式の値が NULL の場合) のどちらかを返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • LAG — レベル・メンバおよび負でない整数を指定すると、この関数は、レベル内で逆方向にカウントして前のメンバを返します。詳細は、時間ディメンジョンとデータ・ディメンジョンで異なります。
  • LASTCHILD — 指定されたメンバの最後の子を返します。
  • LASTSIBLING — 指定されたメンバの最後の兄弟を返します。
  • LEAD — レベル・メンバおよび負でない整数を指定すると、この関数は、レベル内で順方向にカウントして後のメンバを返します。詳細は、時間ディメンジョンとデータ・ディメンジョンで異なります。
  • LOG — 指定された数値の常用対数を返します。
  • LOOKUP — 指定されたキーを条件リストで検索し、代替文字列を返します。この関数によって、クエリ内で文字列置換を実行することが可能になります。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • MAX — セットのすべての要素にわたって、指定された式 (または現在のメジャー) の最大値を返します。
  • MEDIAN — セットのうち、指定された式に対して値が NULL でないすべての要素にわたって、この式 (または現在のメジャー) の中央値に最も近い値を返します。
  • MEMBERS — 指定されたレベルまたは階層のすべてのメンバ (計算メンバは除く) のセットを返します。
  • MIN — セットのすべての要素にわたって、指定された式 (または現在のメジャー) の NULL でない最小値を返します。
  • NEXTMEMBER — 指定されたメンバが属するレベルの次のメンバを返します。詳細は、時間ディメンジョンとデータ・ディメンジョンで異なります。
  • NONEMPTYCROSSJOIN — 指定されたセットのクロス積で構成されるセットを返します。NULL のタプルがあれば除外します。
  • OPENINGPERIOD — 指定されたメンバと同じレベルで、指定されたレベルの最初の子孫メンバを返します。この関数は主に、時間レベルで使用するためのものです。
  • ORDER — 指定どおりに整列されたセットを返します。
  • PARALLELPERIOD — 参照メンバ、そのメンバの親レベル、および整数を指定すると、この関数は、親レベルで逆方向にカウントし、そのレベル内で前のメンバを見つけ、参照メンバと同じ位置にあるその子を返します。
  • PARENT — 指定されたメンバの親であるメンバを返します。
  • PERCENTILE — セットのすべての要素にわたって、指定された式 (または現在のメジャー) を評価し、指定された百分位数レベルの値を返します。
  • PERCENTILERANK — 数値を指定した場合、この関数は、セットのすべての要素にわたって、指定された式 (または現在のメジャー) を評価し、その式の百分位数ランク (指定された値以下のパーセント) を返します。
  • PERIODSTODATE — 指定されたレベルの子メンバまたは子孫メンバのセットを返します (指定されたメンバまで)。この関数は主に、時間レベルで使用するためのものです。
  • POWER — 指定された数値を、2 番目の引数のべき乗に累乗して返します。
  • PREVMEMBER — 指定されたメンバが属するレベルの前のメンバを返します。詳細は、時間ディメンジョンとデータ・ディメンジョンで異なります。
  • PROPERTIES — 指定されたメンバに対して、指定されたプロパティの値を返します。
  • RANK — 指定されたセット内で、指定されたメンバのランクを示す整数を返します。
  • ROUND — 数値 MDX 式を評価して、丸めた値を返します。この関数は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  • SIBLINGS — 指定されたメンバおよびそのすべての兄弟を含むセットを返します。
  • SQRT — 指定された数値の平方根を返します。
  • STDDEV — セットのすべての要素にわたって、指定された式 (または現在のメジャー) の標準偏差を返します。
  • STDDEVP — セットのすべての要素にわたって、指定された式の母標準偏差を返します。
  • STDEV — STDDEV の同義語です。
  • STDEVP — STDDEVP の同義語です。
  • SUBSET — 位置に基づいて、指定されたセットから要素のセットを返します。最初のメンバは、位置 0 にあります。
  • SUM — セットのすべての要素にわたって、指定された式 (または現在のメジャー) の合計を返します。
  • TAIL — セットの現在の順序を使用して、セットの末尾からサブセットを返します。
  • TOPCOUNT — 目的の要素数を指定すると、セットを並べ替え、その値の高い方からサブセットを返します。
  • TOPPERCENT — 全体の合計に適用される切り捨て値を指定すると、セットを並べ替え、その値の高い方からサブセットを返します。
  • TOPSUM — 要素全体の合計に適用される切り捨て値を指定すると、セットを並べ替え、その値の高い方からサブセットを返します。
  • UNION — 指定された 2 つのセットの要素で構成されたセットを返します。オプションで重複を除外します。
  • VAR — セットのすべての要素にわたって、指定された式 (または現在のメジャー) の分散を返します。
  • VARIANCE — VAR の同義語です。
  • VARIANCEP — VARP の同義語です。
  • VARP — セットのすべての要素にわたって、指定された式の母分散を返します。
  • VISUALTOTALS — 階層順にメンバのセットを指定すると、その表示部分の合計と共にセットを返します。表示部分の合計では、任意の上位レベルのメンバの実際の値は、クエリに含まれている子の値の合計値に置き換えられます。
  • リファレンスE: 
     
  • 内部プロパティ — このセクションでは、DeepSee キューブにあるレベルの内部プロパティをリストします。
  • キー値 — このセクションでは、DeepSee でレベル・メンバの KEY 値がどのように生成されるかについて説明します。
  • リファレンスF: 
     
  • NOW メンバ — このセクションでは、日付/時間レベルの NOW メンバについて説明します。この構文は、MDX に対する DeepSee 拡張機能です。
  •  
    付録A: