BPL プロセスの開発
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 ビジネス・プロセス・ウィザードの使用
1.2 ビジネス・プロセス・リスト
1.3 BPL 機能
1.4 ビジネス・プロセスのコンポーネントとしての使用法
1.5 ビジネス・プロセスの実行コンテキスト
1.5.1 context オブジェクト
1.5.2 request オブジェクト
1.5.3 response オブジェクト
1.5.4 callrequest オブジェクト
1.5.5 callresponse オブジェクト
1.5.6 syncresponses コレクション
1.5.7 synctimedout 値
1.5.8 status 値
1.5.9 process オブジェクト
1.6 BPL ビジネス・プロセスの例
Chapter 2: 
  2.1 BPL デザイナ・ツールバー
2.2 BPL ダイアグラム
2.2.1 BPL ダイアグラムのシェイプ
2.2.2 BPL ダイアグラムでの接続
2.2.3 BPL ダイアグラムのレイアウト
2.2.4 BPL ダイアグラムのドリル・ダウン
2.3 BPL ダイアグラムへのアクティビティの追加
2.3.1 コール・アクティビティの追加
2.4 BPL デザイナのプロパティ・タブ
2.4.1 BPL ビジネス・プロセスの一般プロパティーの設定
2.4.2 context オブジェクトの定義
2.4.3 BPL ダイアグラムのプリファレンスの設定
2.5 スタジオでの BPL 作成に関する注意事項
Chapter 3: 
  3.1 メッセージ・プロパティへの参照
3.2 リテラル値
3.2.1 XML 予約文字
3.2.2 仮想ドキュメント内のセパレータ文字
3.2.3 XML 予約文字がセパレータでもある場合
3.2.4 数字のコード
3.3 有効な式
3.4 間接指定
Chapter 4: 
  4.1 ビジネス・プロセス
4.2 実行コンテキスト
4.3 制御フロー
4.4 メッセージング
4.5 スケジューリング
4.6 ルールおよび決定事項
4.7 データ操作
4.8 ユーザ記述コード
4.9 ロギング
4.10 エラー処理
Chapter 5: 
  5.1 システム・エラー - エラー処理なし
5.1.1 イベント・ログ・エントリ
5.1.2 この BPL 用の XData
5.2 システム・エラー - Catchall で対応
5.2.1 イベント・ログ・エントリ
5.2.2 この BPL 用の XData
5.3 フォールトをスロー - Catchall で対応
5.3.1 イベント・ログ・エントリ
5.3.2 この BPL 用の XData
5.4 フォールトをスロー - Catch で対応
5.4.1 イベント・ログ・エントリ
5.4.2 この BPL 用の XData
5.5 ネスト構造のスコープ - 内側のフォールト・ハンドラに Catchall を配置
5.5.1 イベント・ログ・エントリ
5.5.2 この BPL 用の XData
5.6 ネスト構造のスコープ - 外側のフォールト・ハンドラに Catchall を配置
5.6.1 イベント・ログ・エントリ
5.6.2 この BPL 用の XData
5.7 ネスト構造のスコープ - どのスコープでも一致しない場合
5.7.1 イベント・ログ・エントリ
5.7.2 この BPL 用の XData
5.8 ネスト構造のスコープ - 外側のフォールト・ハンドラに Catch を配置
5.8.1 イベント・ログ・エントリ
5.8.2 この BPL 用の XData
5.9 フォールトをスロー - 補償ハンドラで対応
5.9.1 イベント・ログ・エントリ
5.9.2 この BPL 用の XData