Ensemble HL7 バージョン 2 開発ガイド
目次
 
   
サーバ:docs1
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 Ensemble による HL7 バージョン 2 のサポート
  • 1.2 HL7 バージョン 2 のルーティング・プロダクション
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 HL7 スキーマおよびメッセージの概要
  • 2.2 HL7 スキーマ構造ページの使用法
  • 2.2.1 ドキュメント・タイプのリストの表示
  • 2.2.2 メッセージ構造の表示
  • 2.2.3 セグメント構造の表示
  • 2.2.4 データ構造の表示
  • 2.2.5 コード・テーブルの表示
  • 2.2.6 異なるカテゴリの選択
  • 2.3 カスタム・スキーマ・エディタの使用法
  • 2.3.1 新規カスタム・スキーマの作成
  • 2.3.2 新規セグメントの定義
  • 2.3.3 新しいメッセージ・タイプと構造タイプの定義
  • 2.3.4 データ構造とコード・テーブルの編集
  • 2.4 HL7 メッセージ・ビューア・ページの使用法
  • 2.4.1 オプションの選択
  • 2.4.2 メッセージの解析
  • 2.4.3 変換のテスト
  • 2.5 バッチ・メッセージの表示
  • 2.6 HL7 クラス
  • 2.6.1 HL7 メッセージ・クラスの詳細
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 新しい HL7 ルーティング・プロダクションの作成
  • 3.2 HL7 ビジネス・サービスの追加
  • 3.2.1 HL7 ビジネス・サービスの作成
  • 3.2.2 HL7 ビジネス・サービスの統合と構成
  • 3.3 HL7 ルーティング・プロセスの追加
  • 3.3.1 HL7 ルーティング・プロセスの作成
  • 3.3.2 HL7 ルーティング・プロセスの統合と構成
  • 3.4 HL7 シーケンス・マネージャの追加
  • 3.4.1 HL7 シーケンス・マネージャの作成
  • 3.4.2 HL7 シーケンス・マネージャの統合と構成
  • 3.4.3 HL7 シーケンス・データへのプログラム処理によるアクセス
  • 3.5 HL7 ビジネス・オペレーションの追加
  • 3.5.1 HL7 ビジネス・オペレーションの作成
  • 3.5.2 HL7 ビジネス・オペレーションの統合と構成
  • 3.6 携帯電話および電子メールのアラート
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 HL7 のルーティング・ルール・セットの定義
  • 4.2 HL7 の DTL データ変換の定義
  • 4.2.1 NULL マッピング・コード
  • 4.3 HL7 検索テーブルの定義
  • 4.3.1 デフォルトでインデックスが付けられるプロパティ
  • 4.3.2 例
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 HL7 確認応答 (ACK) モード
  • 5.2 HL7 二重確認応答シーケンス
  • 5.2.1 受信メッセージの二重 ACK シーケンス
  • 5.2.2 送信メッセージの二重 ACK シーケンス
  • 5.2.3 二重 ACK シーケンスの構成
  • 5.3 HL7 バッチ・メッセージ
  • 5.3.1 サポートされるバッチ形式
  • 5.3.2 受信バッチ・ドキュメントの処理
  • 5.3.3 バッチ・メッセージの送信
  • 5.3.4 バッチ・モード
  • 5.3.5 カスタム送信バッチ処理
  •  
    リファレンスA: 
     
  • HL7 ビジネス・サービスの設定 — HL7 ビジネス・サービスの設定に関する参照情報を提供します。
  • HL7 ルーティング・プロセスの設定 — HL7 ルーティング・プロセスの設定に関する参照情報を提供します。
  • HL7 シーケンス・マネージャの設定 — HL7 シーケンス・マネージャの設定に関する参照情報を提供します。
  • HL7 ビジネス・オペレーションの設定 — HL7 ビジネス・オペレーションの設定に関する参照情報を提供します。
  • HL7 エスケープ・シーケンス — HL7 エスケープ・シーケンスの参照情報を提供します。