Caché Jalapeño での Java の使用法
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 インストールと前提条件
  • 1.2 アーキテクチャ
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 Jalapeño プロジェクトの作成
  • 2.1.1 永続性マネージャの作成
  • 2.1.2 プロジェクトへの POJO クラスの追加
  • 2.1.3 永続性マネージャの使用法
  • 2.1.4 完全な TinyPojo プログラム
  • 2.2 永続オブジェクトの操作
  • 2.2.1 オブジェクトの作成または更新
  • 2.2.2 ID によるオブジェクトのアクセス
  • 2.2.3 主キーによるオブジェクトのアクセス
  • 2.2.4 クエリによるオブジェクトのオープン
  • 2.3 トランザクションの実行
  • 2.4 ObjectManager.utilities を使用した XML シリアル化
  • 2.4.1 XML 文字列の記述
  • 2.4.2 XML ドキュメントの作成
  • 2.4.3 シリアル化されたオブジェクトの読み取り
  • 2.5 ObjectManager.extentManager を使用したデータベースのメンテナンス
  • 2.5.1 テスト・データの削除
  • 2.5.2 テスト・データの作成
  • 2.5.3 Java アプリケーションからの PopulateUtils の呼び出し
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 アノテーションの機能
  • 3.2 インデックスの追加
  • 3.3 リレーションシップの追加
  • 3.4 スーパークラスの追加
  • 3.4.1 @Extends の使用
  • 3.4.2 @Embeddable の使用
  • 3.4.3 @CacheClass populatable の使用
  • 3.4.4 @CacheClass xmlSerializable の使用
  • 3.4.5 @Implements の使用
  • 3.5 クラス・パラメータおよびプロパティ・パラメータの追加
  • 3.5.1 クラス・パラメータの追加
  • 3.5.2 プロパティ・パラメータの追加
  • 3.6 プロパティ・タイプのオーバーライド
  • 3.7 スキーマ生成の制御
  • 3.7.1 クラスまたはプロパティの永続化の回避
  • 3.7.2 アクセス・レベルによる永続化プロパティの制限
  • 3.7.3 アクセス・タイプによる永続化プロパティの制限
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 SchemaBuilder での Caché クラスの生成
  • 4.1.1 コマンド行からの SchemaBuilder の実行
  • 4.1.2 SchemaBuilder プロパティの定義
  • 4.2 コマンド行からの KillExtent の呼び出し
  • 4.3 SchemaBuilder プロパティのリファレンス
  • 4.3.1 接続プロパティ
  • 4.3.2 SchemaBuilder イントロスペクション・プロパティ
  • 4.3.3 SchemaBuilder ファイル・プロパティ
  • 4.3.4 SchemaBuilder プロジェクション・プロパティ
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 アノテーション
  • 5.1.1 @Access
  • 5.1.2 @CacheClass
  • 5.1.3 @CacheProperty
  • 5.1.4 @ClassParameter
  • 5.1.5 @ClassParameters
  • 5.1.6 @Collection
  • 5.1.7 @Embeddable
  • 5.1.8 @Extends
  • 5.1.9 @ID
  • 5.1.10 @Implements
  • 5.1.11 @Index
  • 5.1.12 @Indices
  • 5.1.13 @Lob
  • 5.1.14 @ManyToOne
  • 5.1.15 @OneToMany
  • 5.1.16 @PropertyParameter
  • 5.1.17 @PropertyParameters
  • 5.1.18 @Relationship
  • 5.1.19 @Transient (クラス・レベル)
  • 5.1.20 @Transient (プロパティ・レベル)
  • 5.1.21 @Version
  • 5.2 列挙型
  • 5.2.1 AccessLevel
  • 5.2.2 AccessType
  • 5.2.3 CollectionType
  • 5.2.4 IDType
  • 5.2.5 LobType
  • 5.2.6 FetchType
  • 5.2.7 RelationshipType
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 ApplicationContext クラス
  • 6.1.1 close()
  • 6.1.2 createObjectManager()
  • 6.1.3 defaultSettings()
  • 6.1.4 isOpen()
  • 6.1.5 setConnectionOptions()
  • 6.1.6 setDataSource()
  • 6.1.7 setProperties()
  • 6.2 ObjectManager Interface
  • 6.2.1 accepts()
  • 6.2.2 attach()
  • 6.2.3 close()
  • 6.2.4 commit()
  • 6.2.5 detach()
  • 6.2.6 extentManager()
  • 6.2.7 flush()
  • 6.2.8 getId()
  • 6.2.9 getPrimaryKey()
  • 6.2.10 insert()
  • 6.2.11 isInTransaction()
  • 6.2.12 isOpen()
  • 6.2.13 openById()
  • 6.2.14 openByPrimaryKey()
  • 6.2.15 openByQuery()
  • 6.2.16 purgeEverything()
  • 6.2.17 purgeFromMemory()
  • 6.2.18 refresh()
  • 6.2.19 removeFromDatabase()
  • 6.2.20 removeFromDatabaseByPrimaryKey()
  • 6.2.21 rollback()
  • 6.2.22 save()
  • 6.2.23 settings()
  • 6.2.24 startTransaction()
  • 6.2.25 swizzle()
  • 6.2.26 update()
  • 6.2.27 utilities()
  • 6.3 Settings クラス
  • 6.3.1 clone()
  • 6.3.2 getClassLoader()
  • 6.3.3 setClassLoader()
  • 6.3.4 getClientCacheType()
  • 6.3.5 setClientCacheType()
  • 6.3.6 getFetchPolicy()
  • 6.3.7 setFetchPolicy()
  • 6.4 Utilities インタフェース
  • 6.4.1 addToXMLDocument()
  • 6.4.2 closeXMLDocument()
  • 6.4.3 readFromXML()
  • 6.4.4 serializeToXML()
  • 6.4.5 startXMLDocument()
  • 6.5 ExtentManager インタフェース
  • 6.5.1 deleteClassDefinition()
  • 6.5.2 getNumberOfInstances()
  • 6.5.3 killExtent()
  • 6.5.4 populate()
  • 6.5.5 rebuildIndices()