Caché Jalapeño での Java の使用法
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 インストールと前提条件
1.2 アーキテクチャ
Chapter 2: 
  2.1 Jalapeño プロジェクトの作成
2.1.1 永続性マネージャの作成
2.1.2 プロジェクトへの POJO クラスの追加
2.1.3 永続性マネージャの使用法
2.1.4 完全な TinyPojo プログラム
2.2 永続オブジェクトの操作
2.2.1 オブジェクトの作成または更新
2.2.2 ID によるオブジェクトのアクセス
2.2.3 主キーによるオブジェクトのアクセス
2.2.4 クエリによるオブジェクトのオープン
2.3 トランザクションの実行
2.4 ObjectManager.utilities を使用した XML シリアル化
2.4.1 XML 文字列の記述
2.4.2 XML ドキュメントの作成
2.4.3 シリアル化されたオブジェクトの読み取り
2.5 ObjectManager.extentManager を使用したデータベースのメンテナンス
2.5.1 テスト・データの削除
2.5.2 テスト・データの作成
2.5.3 Java アプリケーションからの PopulateUtils の呼び出し
Chapter 3: 
  3.1 アノテーションの機能
3.2 インデックスの追加
3.3 リレーションシップの追加
3.4 スーパークラスの追加
3.4.1 @Extends の使用
3.4.2 @Embeddable の使用
3.4.3 @CacheClass populatable の使用
3.4.4 @CacheClass xmlSerializable の使用
3.4.5 @Implements の使用
3.5 クラス・パラメータおよびプロパティ・パラメータの追加
3.5.1 クラス・パラメータの追加
3.5.2 プロパティ・パラメータの追加
3.6 プロパティ・タイプのオーバーライド
3.7 スキーマ生成の制御
3.7.1 クラスまたはプロパティの永続化の回避
3.7.2 アクセス・レベルによる永続化プロパティの制限
3.7.3 アクセス・タイプによる永続化プロパティの制限
Chapter 4: 
  4.1 SchemaBuilder での Caché クラスの生成
4.1.1 コマンド行からの SchemaBuilder の実行
4.1.2 SchemaBuilder プロパティの定義
4.2 コマンド行からの KillExtent の呼び出し
4.3 SchemaBuilder プロパティのリファレンス
4.3.1 接続プロパティ
4.3.2 SchemaBuilder イントロスペクション・プロパティ
4.3.3 SchemaBuilder ファイル・プロパティ
4.3.4 SchemaBuilder プロジェクション・プロパティ
Chapter 5: 
  5.1 アノテーション
5.1.1 @Access
5.1.2 @CacheClass
5.1.3 @CacheProperty
5.1.4 @ClassParameter
5.1.5 @ClassParameters
5.1.6 @Collection
5.1.7 @Embeddable
5.1.8 @Extends
5.1.9 @ID
5.1.10 @Implements
5.1.11 @Index
5.1.12 @Indices
5.1.13 @Lob
5.1.14 @ManyToOne
5.1.15 @OneToMany
5.1.16 @PropertyParameter
5.1.17 @PropertyParameters
5.1.18 @Relationship
5.1.19 @Transient (クラス・レベル)
5.1.20 @Transient (プロパティ・レベル)
5.1.21 @Version
5.2 列挙型
5.2.1 AccessLevel
5.2.2 AccessType
5.2.3 CollectionType
5.2.4 IDType
5.2.5 LobType
5.2.6 FetchType
5.2.7 RelationshipType
Chapter 6: 
  6.1 ApplicationContext クラス
6.1.1 close()
6.1.2 createObjectManager()
6.1.3 defaultSettings()
6.1.4 isOpen()
6.1.5 setConnectionOptions()
6.1.6 setDataSource()
6.1.7 setProperties()
6.2 ObjectManager Interface
6.2.1 accepts()
6.2.2 attach()
6.2.3 close()
6.2.4 commit()
6.2.5 detach()
6.2.6 extentManager()
6.2.7 flush()
6.2.8 getId()
6.2.9 getPrimaryKey()
6.2.10 insert()
6.2.11 isInTransaction()
6.2.12 isOpen()
6.2.13 openById()
6.2.14 openByPrimaryKey()
6.2.15 openByQuery()
6.2.16 purgeEverything()
6.2.17 purgeFromMemory()
6.2.18 refresh()
6.2.19 removeFromDatabase()
6.2.20 removeFromDatabaseByPrimaryKey()
6.2.21 rollback()
6.2.22 save()
6.2.23 settings()
6.2.24 startTransaction()
6.2.25 swizzle()
6.2.26 update()
6.2.27 utilities()
6.3 Settings クラス
6.3.1 clone()
6.3.2 getClassLoader()
6.3.3 setClassLoader()
6.3.4 getClientCacheType()
6.3.5 setClientCacheType()
6.3.6 getFetchPolicy()
6.3.7 setFetchPolicy()
6.4 Utilities インタフェース
6.4.1 addToXMLDocument()
6.4.2 closeXMLDocument()
6.4.3 readFromXML()
6.4.4 serializeToXML()
6.4.5 startXMLDocument()
6.5 ExtentManager インタフェース
6.5.1 deleteClassDefinition()
6.5.2 getNumberOfInstances()
6.5.3 killExtent()
6.5.4 populate()
6.5.5 rebuildIndices()