Caché ObjectScript の使用法
目次
 
   
サーバ:docs1
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 機能
  • 1.2 言語の概要
  • 1.3 コマンドと関数の呼び出し
  • 1.3.1 文とコマンド
  • 1.3.2 関数
  • 1.3.3 式
  • 1.3.4 変数
  • 1.3.5 演算子
  • 1.4 ISO 標準の M 言語とのリレーションシップ
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 大文字と小文字の区別
  • 2.1.1 識別子
  • 2.1.2 キーワード名
  • 2.1.3 クラス名
  • 2.1.4 ネームスペース名
  • 2.2 Unicode
  • 2.3 空白
  • 2.4 コメント
  • 2.4.1 INT コードのルーチンおよびメソッドに使用するコメント
  • 2.4.2 MAC コードのルーチンおよびメソッドに使用するコメント
  • 2.4.3 メソッド・コードの外部のクラス定義に使用するコメント
  • 2.5 リテラル
  • 2.5.1 文字列リテラル
  • 2.5.2 数値リテラル
  • 2.6 識別子
  • 2.6.1 識別子の句読点文字
  • 2.7 ラベル
  • 2.7.1 ラベルの使用法
  • 2.7.2 ラベル付けされたコード・セクションの終了
  • 2.8 ネームスペース
  • 2.8.1 拡張参照
  • 2.9 予約語
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 文字列
  • 3.1.1 引用符のエスケープ
  • 3.1.2 連結文字列
  • 3.1.3 文字列比較
  • 3.1.4 長い文字列
  • 3.1.5 ビット文字列
  • 3.2 数値
  • 3.2.1 数値の基本
  • 3.2.2 数値のキャノニック形式
  • 3.2.3 数値としての文字列
  • 3.2.4 数字の連結
  • 3.2.5 小数
  • 3.2.6 科学的記数法
  • 3.2.7 極端に大きな数字
  • 3.3 オブジェクト
  • 3.4 永続多次元配列 (グローバル)
  • 3.5 未定義の値
  • 3.6 ブーリアン値
  • 3.7 日付
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 変数のカテゴリ
  • 4.1.1 ローカル変数
  • 4.1.2 プロセス・プライベート・グローバル
  • 4.1.3 グローバル
  • 4.1.4 添え字付き変数
  • 4.1.5 配列変数
  • 4.1.6 特殊変数
  • 4.1.7 オブジェクト・プロパティ
  • 4.2 変数のタイプと変換
  • 4.2.1 オブジェクト値
  • 4.3 変数の宣言と範囲
  • 4.3.1 #Dim の使用法
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 演算子と式の概要
  • 5.1.1 演算子記号の表
  • 5.1.2 演算子の優先順位
  • 5.1.3 式
  • 5.1.4 代入
  • 5.2 文字列から数値への変換
  • 5.2.1 数値文字列
  • 5.2.2 非数値文字列
  • 5.3 算術演算子
  • 5.3.1 単項プラス演算子 (+)
  • 5.3.2 単項マイナス演算子 (-)
  • 5.3.3 加算演算子 (+)
  • 5.3.4 減算演算子 (-)
  • 5.3.5 乗算演算子 (*)
  • 5.3.6 除算演算子 (/)
  • 5.3.7 指数演算子 (**)
  • 5.3.8 整数除算演算子 ( \ )
  • 5.3.9 モジュロ演算子 (#)
  • 5.4 論理比較演算子
  • 5.4.1 単項否定演算子
  • 5.4.2 論理演算子の優先順位
  • 5.4.3 二項論理積演算子
  • 5.4.4 二項論理和演算子
  • 5.5 文字列連結演算子
  • 5.5.1 連結エンコード文字列
  • 5.6 数値関係演算子
  • 5.6.1 二項より小さい関係演算子
  • 5.6.2 二項より大きい関係演算子
  • 5.6.3 以上関係演算子
  • 5.6.4 以下関係演算子
  • 5.7 文字列関係演算子
  • 5.7.1 二項等値演算子
  • 5.7.2 二項包含関係演算子
  • 5.7.3 二項後続関係演算子
  • 5.7.4 二項前後関係演算子
  • 5.8 パターン・マッチング
  • 5.8.1 パターンの発生回数の指定
  • 5.8.2 複数パターンの指定
  • 5.8.3 組み合わせパターンの指定
  • 5.8.4 不確定パターンの指定
  • 5.8.5 交互パターンの指定 (論理 OR)
  • 5.8.6 不完全パターンの使用法
  • 5.8.7 パターンの複数解釈
  • 5.8.8 非マッチ演算
  • 5.8.9 パターンの複雑さ
  • 5.9 間接演算
  • 5.9.1 名前間接演算
  • 5.9.2 パターン間接演算
  • 5.9.3 引数間接演算
  • 5.9.4 添え字間接演算
  • 5.9.5 $TEXT 引数間接指定
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 ワイルドカードと修飾子
  • 6.2 リテラルと文字の範囲
  • 6.3 文字タイプ・メタ文字
  • 6.3.1 単一文字タイプ
  • 6.3.2 Unicode プロパティ文字タイプ
  • 6.3.3 POSIX 文字タイプ
  • 6.4 グループ化構文
  • 6.5 アンカー・メタ文字
  • 6.5.1 文字列の先頭または最後
  • 6.5.2 単語境界
  • 6.6 論理演算子
  • 6.7 文字表現メタ文字
  • 6.7.1 16 進、8 進、および Unicode の表現
  • 6.7.2 制御文字表現
  • 6.7.3 記号名表現
  • 6.8 モード
  • 6.8.1 正規表現シーケンスのモード
  • 6.8.2 リテラルのモード
  • 6.9 コメント
  • 6.9.1 埋め込みコメント
  • 6.9.2 行末コメント
  • 6.10 エラー・メッセージ
  • チャプター7: 
     
  • 7.1 コマンド・キーワード
  • 7.2 コマンド引数
  • 7.2.1 複数の引数
  • 7.2.2 パラメータおよび後置条件付きの引数
  • 7.2.3 引数なしコマンド
  • 7.3 コマンド後置条件式
  • 7.3.1 後置条件構文
  • 7.3.2 後置条件の評価
  • 7.4 単一行での複数コマンド
  • 7.5 変数割り当てコマンド
  • 7.5.1 SET
  • 7.5.2 KILL
  • 7.5.3 NEW
  • 7.6 コード実行コンテキスト・コマンド
  • 7.7 コードの呼び出し
  • 7.7.1 DO
  • 7.7.2 JOB
  • 7.7.3 XECUTE
  • 7.7.4 QUIT および RETURN
  • 7.8 フロー制御コマンド
  • 7.8.1 条件付きの実行
  • 7.8.2 FOR
  • 7.8.3 WHILE と DO WHILE
  • 7.9 入出力コマンド
  • 7.9.1 Write コマンド
  • 7.9.2 READ
  • 7.9.3 OPEN、USE、および CLOSE
  • チャプター8: 
     
  • 8.1 プロシージャ、ルーチン、サブルーチン、関数、メソッドの概要
  • 8.1.1 ルーチン
  • 8.1.2 サブルーチン
  • 8.1.3 関数
  • 8.2 プロシージャの定義
  • 8.2.1 プロシージャの呼び出し
  • 8.2.2 プロシージャの構文
  • 8.2.3 プロシージャ変数
  • 8.2.4 パブリック・プロシージャとプライベート・プロシージャ
  • 8.3 パラメータ渡し
  • 8.3.1 値渡し
  • 8.3.2 参照渡し
  • 8.3.3 可変個数のパラメータ
  • 8.4 プロシージャ・コード
  • 8.5 プロシージャ範囲内の間接指定、XECUTE コマンド、および JOB コマンド
  • 8.6 プロシージャ内でのエラー・トラップ
  • 8.7 従来のユーザ定義コード
  • 8.7.1 サブルーチン
  • 8.7.2 関数
  • チャプター9: 
     
  • 9.1 マクロの使用
  • 9.1.1 カスタム・マクロの作成
  • 9.1.2 カスタム・マクロの保存
  • 9.1.3 マクロの呼び出し
  • 9.1.4 外部マクロ (インクルード・ファイル) の参照
  • 9.2 システム・プリプロセッサ・コマンド・リファレンス
  • 9.2.1 #;
  • 9.2.2 #Def1Arg
  • 9.2.3 #Define
  • 9.2.4 #Dim
  • 9.2.5 #Else
  • 9.2.6 #ElseIf
  • 9.2.7 #EndIf
  • 9.2.8 #Execute
  • 9.2.9 #If
  • 9.2.10 #IfDef
  • 9.2.11 #IfNDef
  • 9.2.12 #Import
  • 9.2.13 #Include
  • 9.2.14 #NoShow
  • 9.2.15 #Show
  • 9.2.16 #SQLCompile Mode
  • 9.2.17 #SQLCompile Path
  • 9.2.18 #SQLCompile Select
  • 9.2.19 #UnDef
  • 9.2.20 ##;
  • 9.2.21 ##Continue
  • 9.2.22 ##Expression
  • 9.2.23 ##Function
  • 9.2.24 ##Lit
  • 9.2.25 ##Quote
  • 9.2.26 ##SQL
  • 9.2.27 ##Unique
  • 9.3 システムにより提供されるマクロの使用
  • 9.3.1 システムにより提供されるマクロをアクセス可能にする方法
  • 9.3.2 システムにより提供されるマクロのリファレンス
  • チャプター10: 
     
  • 10.1 埋め込み HTML
  • 10.1.1 &html のマーカ構文
  • 10.2 埋め込み JavaScript
  • 10.3 埋め込み SQL
  • チャプター11: 
     
  • 11.1 多次元配列の概要
  • 11.1.1 多次元ツリー構造
  • 11.1.2 スパース多次元ストレージ
  • 11.1.3 多次元配列の設定
  • 11.2 多次元配列の操作
  • 11.3 詳細
  • チャプター12: 
     
  • 12.1 基本的な文字列演算と関数
  • 12.1.1 $EXTRACT の高度な機能
  • 12.2 区切り文字列演算
  • 12.2.1 高度な $PIECE 関数
  • 12.3 リスト構造文字列演算
  • 12.3.1 スパース・リストおよびサブリスト
  • 12.4 リストと区切り文字列の比較
  • 12.4.1 リストの利点
  • 12.4.2 区切り文字列の利点
  • チャプター13: 
     
  • 13.1 システム全体での現在のロックの管理
  • 13.1.1 ロック・テーブルを使用したロックの表示
  • 13.1.2 ロック・テーブルを使用したロックの削除
  • 13.2 ^LOCKTAB ユーティリティ
  • 13.3 待機ロック要求
  • 13.3.1 配列ノードに対するロック要求のキュー
  • 13.3.2 ECP ローカルおよびリモート・ロック要求
  • 13.4 デッドロックの回避
  • チャプター14: 
     
  • 14.1 アプリケーションでのトランザクション管理
  • 14.1.1 トランザクション・コマンド
  • 14.1.2 トランザクションでの LOCK の使用
  • 14.1.3 トランザクションでの $INCREMENT と $SEQUENCE の使用法
  • 14.1.4 アプリケーション内でのトランザクション・ロールバック
  • 14.1.5 アプリケーション内のトランザクション処理の例
  • 14.2 自動トランザクション・ロールバック
  • 14.3 トランザクション処理に関するシステム全体の問題
  • 14.3.1 トランザクション処理でのバックアップとジャーナリング
  • 14.3.2 非同期エラーの通知
  • チャプター15: 
     
  • 15.1 TRY-CATCH メカニズム
  • 15.1.1 TRY-CATCH と一緒に THROW を使用する
  • 15.1.2 $$$ThrowOnError および $$$ThrowStatus マクロの使用法
  • 15.1.3 %Exception.SystemException と %Exception.AbstractException クラスの使用
  • 15.1.4 TRY-CATCH を使用する際の他の考慮事項
  • 15.2 %Status エラー処理
  • 15.2.1 %Status エラーの作成
  • 15.2.2 %SYSTEM.Error
  • 15.3 従来のエラー処理
  • 15.3.1 従来のエラー処理の概要
  • 15.3.2 $ZTRAP でのエラー処理
  • 15.3.3 $ETRAP でのエラー処理
  • 15.3.4 エラー・ハンドラによるエラー処理
  • 15.3.5 強制エラー
  • 15.3.6 プログラマ・モードのエラー処理
  • チャプター16: 
     
  • 16.1 Caché デバッガによるデバッグ
  • 16.1.1 ブレークポイントとウォッチポイントの使用法
  • 16.1.2 ブレークポイントとウォッチポイントの設定
  • 16.1.3 ブレークポイントとウォッチポイントを無効にする
  • 16.1.4 ブレークポイントとウォッチポイントの実行を遅らせる
  • 16.1.5 ブレークポイントとウォッチポイントの削除
  • 16.1.6 シングル・ステップ・ブレークポイントの動作
  • 16.1.7 実行のトレース
  • 16.1.8 割り込みキーと Break コマンド
  • 16.1.9 現在のデバッグ環境情報の表示
  • 16.1.10 デバッグ・デバイスの使用法
  • 16.1.11 Caché デバッガの例
  • 16.1.12 Caché デバッガ・エラーの理解
  • 16.2 BREAK コマンドによるデバッグ
  • 16.2.1 ルーチンの実行を中断する引数なし BREAK の使用法
  • 16.2.2 ルーチンの実行を中断する引数付き BREAK の使用法
  • 16.2.3 プログラマ・プロンプトのプログラム・スタック情報表示
  • 16.2.4 BREAK あるいはエラー後の実行の再開
  • 16.2.5 プログラマ・モードでの NEW コマンド
  • 16.2.6 プログラマ・モードでの QUIT コマンド
  • 16.2.7 Caché エラー・メッセージ
  • 16.3 スタックを表示する %STACK の使用法
  • 16.3.1 %STACK の実行
  • 16.3.2 プロセス実行スタックの表示
  • 16.3.3 スタックの表示の理解
  • 16.4 その他のデバッグ・ツール
  • 16.4.1 $SYSTEM.OBJ.ShowReferences によるオブジェクトへの参照の表示
  • 16.4.2 エラー・トラップ・ユーティリティ
  • チャプター17: 
     
  • 17.1 言語モードの表示と切り替え
  • 17.2 DSM-11言語互換性
  • 17.2.1 ルーチン・インタロック・デバイスの使用法
  • 17.2.2 ルーチン・インタロック・デバイスへの入出力の発行
  • 17.2.3 DSM-11 モード・ルーチンの実行
  • 17.2.4 DSM-11 システムからのグローバルの転送
  • 17.2.5 DSM-11 互換モードでの入出力プログラミング
  • 17.2.6 VIEW コマンドと $VIEW 関数
  • 17.2.7 ZAllocate と ZDeallocate
  • 17.2.8 DSM-11 モードの拡張関数
  • 17.2.9 サポート対象外の DSM-11 関数
  • 17.2.10 DSM-11 モードの拡張特殊変数
  • 17.2.11 DSM-11 互換モードの拡張コマンド
  • 17.2.12 DSM-11 互換モードのエラー処理
  • 17.2.13 $TEXT コメント行
  • 17.3 DSM 言語互換性
  • 17.3.1 DSM から Caché へのルーチンの移植
  • 17.3.2 DSM 言語モードでのプログラミング
  • 17.3.3 デバイス制御ニーモニック・スペースとデバイス制御ニーモニック
  • 17.3.4 互換モードで実行される他の DSM 言語機能
  • 17.3.5 VIEW コマンドと $VIEW 関数
  • 17.3.6 データベース変換
  • 17.4 DSM-J 言語互換性
  • 17.5 DTM 言語互換性
  • 17.5.1 DTM 互換モードのプログラミング
  • 17.5.2 コマンド、関数、および特殊変数
  • 17.5.3 データベース変換
  • 17.6 MSM 言語互換性
  • 17.6.1 コマンド、関数、および特殊変数
  • 17.6.2 データベース変換