REST を使用した Caché ソース・コード・ファイルへのアクセス
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
Chapter 2: 
  2.1 API の基礎
2.2 Caché サーバに関する情報の取得
2.3 ネームスペース内で定義されたソース・コード・ファイルの取得
2.4 ネームスペース内の新規ファイルの作成または既存ファイルの更新
2.5 ファイルのコンパイル
2.6 ファイルの削除
2.7 SQL クエリの実行
Chapter 3: 
  3.1 GetServer
3.1.1 URL
3.1.2 JSON メッセージ
3.1.3 HTTP 返りコード
3.2 HeadServer メソッド
3.2.1 URL
3.2.2 JSON メッセージ
3.2.3 HTTP 返りコード
3.3 GetJobs
3.3.1 URL
3.3.2 JSON メッセージ
3.3.3 HTTP 返りコード
3.4 GetMetaData
3.4.1 URL
3.4.2 HTTP 返りコード
3.5 GetCSPApps
3.5.1 URL
3.5.2 URL パラメータ
3.5.3 JSON メッセージ
3.5.4 HTTP 返りコード
3.6 GetNamespace
3.6.1 URL
3.6.2 JSON メッセージ
3.6.3 HTTP 返りコード
3.7 GetDocNames
3.7.1 URL
3.7.2 URL パラメータ
3.7.3 JSON メッセージ
3.7.4 HTTP 返りコード
3.8 GetModifiedDocNames
3.8.1 URL
3.8.2 JSON メッセージ
3.8.3 HTTP 返りコード
3.9 PutDoc
3.9.1 URL と入力 JSON メッセージ
3.9.2 URL パラメータ
3.9.3 HTTP ヘッダ
3.9.4 JSON メッセージ
3.9.5 HTTP 返りコード
3.10 GetDoc
3.10.1 URL
3.10.2 URL パラメータ
3.10.3 HTTP ヘッダ
3.10.4 JSON メッセージ
3.10.5 HTTP 返りコード
3.11 DeleteDoc
3.11.1 URL
3.11.2 JSON メッセージ
3.11.3 HTTP 返りコード
3.12 HeadDoc
3.12.1 URL
3.12.2 HTTP 返りコード
3.13 GetDocs
3.13.1 URL
3.13.2 JSON メッセージ
3.13.3 HTTP 返りコード
3.14 DeleteDocs
3.14.1 URL
3.14.2 JSON メッセージ
3.14.3 HTTP 返りコード
3.15 Compile
3.15.1 URL
3.15.2 URL パラメータ
3.15.3 JSON メッセージ
3.15.4 HTTP 返りコード
3.16 Index
3.16.1 URL
3.16.2 JSON メッセージ
3.16.3 HTTP 返りコード
3.17 Query
3.17.1 URL
3.17.2 JSON メッセージ
3.17.3 HTTP 返りコード
3.18 Search
3.18.1 URL
3.18.2 URL パラメータ
3.18.3 JSON メッセージ
3.18.4 HTTP 返りコード
3.19 GetEnsClassType
3.19.1 URL
3.19.2 JSON メッセージ
3.19.3 HTTP 返りコード
3.20 GetAdpInputOutputClass
3.20.1 URL
3.20.2 JSON メッセージ
3.20.3 HTTP 返りコード