REST を使用した Caché ソース・コード・ファイルへのアクセス
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
チャプター2: 
 
  • 2.1 API の基礎
  • 2.2 Caché サーバに関する情報の取得
  • 2.3 ネームスペース内で定義されたソース・コード・ファイルの取得
  • 2.4 ネームスペース内の新規ファイルの作成または既存ファイルの更新
  • 2.5 ファイルのコンパイル
  • 2.6 ファイルの削除
  • 2.7 SQL クエリの実行
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 GetServer
  • 3.1.1 URL
  • 3.1.2 JSON メッセージ
  • 3.1.3 HTTP 返りコード
  • 3.2 HeadServer メソッド
  • 3.2.1 URL
  • 3.2.2 JSON メッセージ
  • 3.2.3 HTTP 返りコード
  • 3.3 GetJobs
  • 3.3.1 URL
  • 3.3.2 JSON メッセージ
  • 3.3.3 HTTP 返りコード
  • 3.4 GetMetaData
  • 3.4.1 URL
  • 3.4.2 HTTP 返りコード
  • 3.5 GetCSPApps
  • 3.5.1 URL
  • 3.5.2 URL パラメータ
  • 3.5.3 JSON メッセージ
  • 3.5.4 HTTP 返りコード
  • 3.6 GetNamespace
  • 3.6.1 URL
  • 3.6.2 JSON メッセージ
  • 3.6.3 HTTP 返りコード
  • 3.7 GetDocNames
  • 3.7.1 URL
  • 3.7.2 URL パラメータ
  • 3.7.3 JSON メッセージ
  • 3.7.4 HTTP 返りコード
  • 3.8 GetModifiedDocNames
  • 3.8.1 URL
  • 3.8.2 JSON メッセージ
  • 3.8.3 HTTP 返りコード
  • 3.9 PutDoc
  • 3.9.1 URL
  • 3.9.2 URL パラメータ
  • 3.9.3 JSON メッセージ
  • 3.9.4 HTTP 返りコード
  • 3.10 GetDoc
  • 3.10.1 URL
  • 3.10.2 URL パラメータ
  • 3.10.3 HTTP ヘッダ
  • 3.10.4 JSON メッセージ
  • 3.10.5 HTTP 返りコード
  • 3.11 DeleteDoc
  • 3.11.1 URL
  • 3.11.2 JSON メッセージ
  • 3.11.3 HTTP 返りコード
  • 3.12 HeadDoc
  • 3.12.1 URL
  • 3.12.2 HTTP 返りコード
  • 3.13 GetDocs
  • 3.13.1 URL
  • 3.13.2 JSON メッセージ
  • 3.13.3 HTTP 返りコード
  • 3.14 DeleteDocs
  • 3.14.1 URL
  • 3.14.2 JSON メッセージ
  • 3.14.3 HTTP 返りコード
  • 3.15 Compile
  • 3.15.1 URL
  • 3.15.2 URL パラメータ
  • 3.15.3 JSON メッセージ
  • 3.15.4 HTTP 返りコード
  • 3.16 Index
  • 3.16.1 URL
  • 3.16.2 JSON メッセージ
  • 3.16.3 HTTP 返りコード
  • 3.17 Query
  • 3.17.1 URL
  • 3.17.2 JSON メッセージ
  • 3.17.3 HTTP 返りコード
  • 3.18 GetEnsClassType
  • 3.18.1 URL
  • 3.18.2 JSON メッセージ
  • 3.18.3 HTTP 返りコード
  • 3.19 GetAdpInputOutputClass
  • 3.19.1 URL
  • 3.19.2 JSON メッセージ
  • 3.19.3 HTTP 返りコード