.NET 用 Caché ゲートウェイの使用法
目次
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

序文: 
 
 
チャプター1: 
  1.1 プロキシ・クラスの使用法
1.2 .NET API を使用したラッパ・クラスの使用法
1.3 ゲートウェイ・サーバの作成および実行
1.4 プロキシ・クラスのインポート
1.5 .NET ゲートウェイ API
チャプター2: 
  2.1 新規オブジェクト・ゲートウェイ・フォームの使用法
2.2 プログラムによるサーバ・プロパティの定義
2.3 ゲートウェイ・サーバのバージョン
チャプター3: 
  3.1 サーバの起動
3.1.1 コマンド・プロンプトからのサーバの起動
3.2 サーバ・スレッドへの接続
3.2.1 Gateway.%Connect() メソッド
3.3 サーバの切断と停止
3.4 ゲートウェイの監視およびデバッグ
3.4.1 エラーのチェック
3.4.2 トラブルシューティング
チャプター4: 
  4.1 スタジオの .NET ゲートウェイ・ウィザードの使用法
4.2 プログラムによるプロキシ・クラスの生成
4.2.1 %Import() メソッド
4.2.2 %GetAllClasses() メソッド
4.2.3 %ExpressImport() メソッド
チャプター5: 
  5.1 .NET テスト・プロジェクトのコンパイルおよび実行
5.1.1 .NET アセンブリのコンパイル
5.1.2 サーバの作成および実行
5.1.3 Caché プロキシ・クラスの生成
5.1.4 Caché DotNet.Test の例の実行
5.2 テスト・クラスのソース・コード
5.2.1 Test() メソッド
5.2.2 TestArrays() メソッド
チャプター6: 
  6.1 アセンブリ名とクラス名
6.2 プリミティブ
6.3 プロパティ
6.4 メソッド
6.4.1 オーバーロードされたメソッド
6.4.2 メソッド名
6.4.3 静的メソッド
6.5 コンストラクタ
6.6 定数
6.7 OUT パラメータと REF パラメータ
6.8 .NET の配列
6.9 再キャスト
6.10 .NET 標準出力のリダイレクト
6.11 制限条件