JDBC での Caché の使用法
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 インストールと構成
  • 1.1.1 Java クライアント要件
  • 1.1.2 Caché サーバ構成
  • 1.2 Caché Java クラス・パッケージ
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 接続のための CacheDataSource の使用法
  • 2.2 接続のための DriverManager の使用法
  • 2.3 JDBC 接続 URL の定義
  • 2.3.1 必須パラメータ
  • 2.3.2 [オプションパラメータ]
  • 2.3.3 コマンド行でのポート・パラメータの設定
  • 2.3.4 代替ユーザ名およびパスワード・パラメータ
  • 2.4 接続プールの使用法
  • 2.5 Caché JDBC 接続プロパティ
  • 2.5.1 接続プロパティのリスト
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 簡単な JDBC アプリケーション
  • 3.2 ステートメントの使用方法
  • 3.2.1 SELECT を実行する文の使用方法
  • 3.2.2 作成済み文の実行
  • 3.2.3 ストアド・プロシージャを実行する呼び出し可能な文の使用方法
  • 3.2.4 複数の結果セットを返す
  • 3.2.5 文のプーリング
  • 3.3 データの挿入および更新
  • 3.3.1 データの挿入および生成されるキーの取得
  • 3.3.2 結果セットのスクロール
  • 3.3.3 スクロール可能な結果セットの更新
  • 3.3.4 トランザクションの使用法
  • 3.4 JDBC アプリケーションのログ
  • 3.4.1 JDBC のログの有効化
  • 3.4.2 JDBC SQL ゲートウェイのログの有効化
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 外部ソースへの JDBC SQL ゲートウェイ接続の作成
  • 4.1.1 JDBC SQL ゲートウェイ接続の作成
  • 4.1.2 SQL ゲートウェイ経由での Caché への JDBC 接続の作成
  • 4.1.3 実装固有のオプション
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 要件
  • 5.2 インストールと構成
  • 5.2.1 ディレクトリ
  • 5.2.2 システムの設定
  • 5.2.3 Hibernate 構成
  • 5.3 サポートされている機能
  • 5.3.1 SQL での Hibernate の使用法
  • 5.3.2 シーケンスのサポート
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 JDBC 4.1 インタフェースおよびクラス
  • 6.2 JDBC の主要な API (java.sql)
  • 6.2.1 java.sql Interfaces
  • 6.2.2 java.sql Classes
  • 6.2.3 java.sql Exceptions
  • 6.3 JDBC のオプションのパッケージ API (javax.sql)
  • 6.3.1 javax.sql Interfaces
  • 6.3.2 javax.sql Classes
  • 6.4 サポートされないオプションのメソッドを含むインタフェース
  • 6.4.1 CallableStatement — サポートされないメソッド
  • 6.4.2 Connection — サポートされないまたは制限のあるメソッド
  • 6.4.3 DatabaseMetaData — 各種メソッド
  • 6.4.4 Driver — サポートされないメソッド
  • 6.4.5 PreparedStatement — サポートされないメソッド
  • 6.4.6 ResultSet — サポートされないまたは制限のあるメソッド
  • 6.4.7 Statement — サポートされないまたは制限のあるメソッド
  • 6.5 Caché JDBC の追加と拡張
  • 6.5.1 CallableStatement の追加メソッド
  • 6.5.2 CacheConnectionPoolDataSource
  • 6.5.3 CacheDataSource