Caché での Java の使用法
目次
 
   
サーバ:docs1
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 Java バインディング・アーキテクチャ
  • 1.2 インストールと構成
  • 1.2.1 Java クライアント要件
  • 1.3 Caché Java クラス・パッケージ
  • 1.4 チュートリアルと他のドキュメント
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 Java プロキシ・クラスの生成
  • 2.1.1 Caché クラスからの Java クラスの生成
  • 2.2 オブジェクトの使用法
  • 2.2.1 Connection オブジェクトの生成
  • 2.2.2 プロキシ・オブジェクトの作成とオープン
  • 2.2.3 メソッドとプロパティの使用法
  • 2.2.4 保存とクローズ
  • 2.2.5 Java バインディング・アプリケーションのサンプル
  • 2.3 ストリームの使用法
  • 2.4 クエリの使用法
  • 2.4.1 クラス・クエリ
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 クラス
  • 3.1.1 エンティティ名
  • 3.1.2 メソッド
  • 3.1.3 プロパティ
  • 3.2 基本データ型