Caché での Node.js の使用法
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 背景
1.2 インストール
1.2.1 UNIX および関連オペレーティング・システム
1.2.2 Windows
Chapter 2: 
  2.1 グローバルと JSON オブジェクトの比較
2.2 cache.node メソッド: (同期および非同期)
2.3 Caché データベースを開くおよび閉じる
2.3.1 Caché API を使用した接続
2.3.2 ネットワークを使用した Caché への接続
2.3.3 Caché 接続の複数インスタンス
2.3.4 Caché データベースへのアクセスのクローズ
2.4 オプションの open() 設定
2.4.1 文字エンコードの指定
2.4.2 Caché シリアル化ロックの無効化
2.4.3 デバッグ・モードの有効化
2.4.4 割り込みシグナル・ハンドラの指定
2.5 ユーティリティ関数
2.5.1 Node.js 処理の一時停止: sleep()
2.5.2 バージョン情報の取得: version() および about()
2.5.3 Caché 関数の呼び出し: function()
Chapter 3: 
  3.1 グローバル・ノードの保存: set()
3.2 グローバル・ノードの取得: get()
3.3 グローバル・ノードの削除: kill()
3.4 グローバル・ノードの存在のテスト: data()
3.5 次のグローバル添え字の取得: next()
3.6 前のグローバル添え字の取得: previous()
3.7 次のグローバル・ノードの取得: next_node()
3.8 前のグローバル・ノードの取得: previous_node()
3.9 グローバル・ノードに格納された次の整数値の取得: increment()
3.10 グローバルのコピー: merge()
3.11 ディレクトリ内のグローバルのリストの取得: global_directory()
3.12 グローバル・ノードのロックとロック解除: lock() および unlock()
Chapter 4: 
  4.1 グローバル・ノードのリストの取得: retrieve("list")
4.2 グローバル・ノードのリストの再帰的取得: retrieve("array")
4.3 グローバル・ノードのリストの保存: update("array")
4.4 構造化されたデータ・オブジェクトの取得: retrieve("object")
4.5 構造化されたデータ・オブジェクトの保存: update("object")
4.6 取得処理によって返されるデータ量の制御
Chapter 5: 
  5.1 NoSQL ベースのオブジェクト指向開発手法
5.2 クラス・メソッドの呼び出し: invoke_classmethod()
5.3 新しい Caché オブジェクトの作成: create_instance()
5.4 既存の Caché オブジェクトのオープン: open_instance()
5.5 プロパティ値の設定: set_property()
5.6 プロパティ値の取得: get_property()
5.7 インスタンス・メソッドの呼び出し: invoke_method()
5.8 Caché オブジェクトの保存: save_instance()
5.9 Caché オブジェクトのクローズ: close_instance()
5.10 まとめ