DeepSee アナライザの使用法
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 はじめに
  • 1.2 アナライザへのアクセス
  • 1.2.1 ミニ・アナライザへのアクセス
  • 1.3 アナライザとミニ・アナライザの案内
  • 1.3.1 [モデル・コンテンツ] ペイン
  • 1.3.2 ピボット・ビルダ領域
  • 1.3.3 ピボット・プレビュー領域
  • 1.3.4 ミニ・アナライザの相違点
  • 1.4 ピボット・テーブルの表示
  • 1.5 アナライザまたはミニ・アナライザの終了
  • 1.6 ピボット・テーブルの定義の場所
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 自動保存機能の概要
  • 2.2 サブジェクト領域の選択
  • 2.3 サブジェクト領域入門
  • 2.3.1 メジャー
  • 2.3.2 ディメンジョン
  • 2.3.3 ピボット変数
  • 2.3.4 プラグイン
  • 2.3.5 名前付きセット
  • 2.3.6 名前付きフィルタ
  • 2.3.7 計算メンバ
  • 2.3.8 ピボット・テーブル
  • 2.3.9 品質メジャー
  • 2.3.10 詳細リスト
  • 2.4 ピボット・テーブルの作成
  • 2.5 ピボット・テーブルの行の指定
  • 2.5.1 [行] ボックスで使用できる項目
  • 2.5.2 行の指定
  • 2.6 ピボット・テーブルの列の指定
  • 2.7 ピボット・テーブルでのメジャーの表示
  • 2.7.1 メジャーが 1 つのピボット・テーブル
  • 2.7.2 メジャーが複数のピボット・テーブル
  • 2.7.3 メジャーの見出し表示の制御
  • 2.8 ピボット・テーブルでのプロパティの表示
  • 2.8.1 プロパティとメジャーの両方の表示
  • 2.9 ピボット・テーブルの転置
  • 2.10 項目の順序の変更
  • 2.11 項目のコピーと貼り付け
  • 2.12 集計行または集計列の追加
  • 2.12.1 ピボットのオプションとしての集計行または集計列の追加
  • 2.12.2 集計行または集計列としての All メンバの追加
  • 2.12.3 カスタム集約としての集計行または集計列の追加
  • 2.13 80/20 抑制の適用
  • 2.14 ピボット・テーブルの自動保存状態のクリア
  • 2.15 ピボット・テーブルの保存
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 フィルタについて
  • 3.2 フィルタ項目のドラッグ・アンド・ドロップ
  • 3.3 ドロップダウン・メニューの作成と使用
  • 3.4 高度なフィルタの追加
  • 3.5 メジャー値によるベース・レコードのフィルタ処理
  • 3.6 名前付きフィルタの定義
  • 3.7 名前付きフィルタの再定義
  • 3.8 ピボット変数の削除
  • 3.9 名前付きフィルタの使用
  • 3.10 フィルタの無効化または削除
  • 3.11 DeepSee でフィルタを組み合わせる方法
  • 3.12 メンバのキーの検索
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 概要
  • 4.2 計算メジャーの定義
  • 4.2.1 メジャー式
  • 4.2.2 順序の解決
  • 4.3 メジャーでない計算メンバの定義
  • 4.4 計算メンバの再定義
  • 4.5 計算メンバの削除
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 概要
  • 5.2 ピボット変数の定義
  • 5.3 式ピボット変数の定義と使用
  • 5.3.1 式ピボット変数の定義
  • 5.3.2 式ピボット変数の値
  • 5.3.3 式ピボット変数の使用
  • 5.3.4 例
  • 5.4 リテラル・ピボット変数
  • 5.4.1 リテラル・ピボット変数の定義
  • 5.4.2 リテラル・ピボット変数の値
  • 5.4.3 リテラル・ピボット変数の使用
  • 5.4.4 例
  • 5.5 ピボット変数の再定義
  • 5.6 ピボット変数の削除
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 ピボットのオプションの指定
  • 6.2 ピボット・テーブルの項目のカスタマイズ
  • 6.3 定数の行または列の表示
  • 6.4 スペースの行または列の指定
  • 6.5 行または列の別のセットの表示
  • 6.6 新しいキャプションの指定
  • 6.7 形式文字列の指定
  • 6.7.1 [形式文字列] フィールド
  • 6.7.2 色の部分
  • 6.8 セルおよびヘッダのスタイルの指定
  • 6.9 メンバの並べ替えとフィルタ処理
  • 6.10 メジャーの別の集約メソッドの指定
  • 6.11 ダブルクリック・ドリルダウンのカスタマイズ
  • 6.12 条件付き書式の適用
  • 6.12.1 全体的な色の適用
  • 6.12.2 ルールの追加
  • 6.13 印刷設定の指定
  • 6.14 MDX クエリの手動指定
  • 6.14.1 80/20 抑制オプションの詳細の変更
  • チャプター7: 
     
  • 7.1 保存されているピボット・テーブルを開く
  • 7.2 自動実行の無効化および有効化
  • 7.3 実行中のクエリのキャンセル
  • 7.4 Microsoft Excel へのデータのエクスポート
  • 7.5 ピボット・テーブルの印刷
  • 7.5.1 印刷の要件
  • 7.6 電子メールの送信
  • 7.7 グラフとしてのピボット・テーブルの表示
  • 7.8 ピボット・テーブルの削除
  • チャプター8: 
     
  • 8.1 詳細リストの表示
  • 8.1.1 既定の詳細リストの表示
  • 8.1.2 別の詳細リストの表示
  • 8.1.3 カスタム・リストの作成
  • 8.1.4 リストの並べ替え
  • 8.1.5 リストの終了
  • 8.2 ダブルクリックによるドリルダウン
  • 8.2.1 階層のドリルダウン
  • 8.2.2 カスタムのダブルクリック・ドリルダウン
  • 8.2.3 ドリルダウンの保存
  • 8.2.4 ドリルダウンのクリア
  • 8.3 任意のドリルダウンの実行
  • 8.4 [ピボット分析] ウィンドウの概要