DTL 変換の開発
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 背景
  • 1.2 データ変換ビルダ・ページの概要
  • 1.3 DTL ダイアグラムの概要
  • 1.4 表示の制御
  • 1.5 データ変換リスト・ページの概要
  • 1.6 その他のツール
  • 1.7 データ変換の使用法
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 変換の作成
  • 2.2 既存の変換のオープン
  • 2.3 変換詳細の指定
  • 2.3.1 [作成] の [既存] オプションの使用法
  • 2.4 変換アクションの編集
  • 2.4.1 アクションの追加
  • 2.4.2 アクションの編集
  • 2.5 アクションの再配置
  • 2.6 変更の取り消し
  • 2.7 変換の保存
  • 2.8 変換のコンパイル
  • 2.9 変換の削除
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 メッセージ・プロパティへの参照
  • 3.2 リテラル値
  • 3.2.1 XML 予約文字
  • 3.2.2 仮想ドキュメント内のセパレータ文字
  • 3.2.3 XML 予約文字がセパレータでもある場合
  • 3.2.4 数字のコード
  • 3.3 有効な式
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 概要
  • 4.1.1 オブジェクトとオブジェクト参照
  • 4.2 ソース・メッセージのコピー
  • 4.3 ソース・プロパティからターゲット・プロパティへの値のコピー
  • 4.4 すべてのサブプロパティの値のコピー
  • 4.5 ターゲット・プロパティへのリテラル値の割り当て
  • 4.6 ターゲット・プロパティの値に対する式の使用
  • 4.6.1 データ変換関数ウィザードの使用法
  • 4.7 コレクション項目への値の割り当て
  • 4.8 リスト項目の挿入
  • 4.9 リスト項目の追加
  • 4.10 コレクション項目の削除
  • 4.11 コレクション・プロパティの消去
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 If アクションの追加
  • 5.2 For Each アクションの追加
  • 5.2.1 For Each アクションのショートカット
  • 5.2.2 ラージ・メッセージでの <STORE> エラーの回避
  • 5.3 Subtransform アクションの追加
  • 5.3.1 例
  • 5.4 Trace アクションの追加
  • 5.5 Code アクションの追加
  • 5.5.1 DTL 内でカスタム・コードを使用する場合のガイドライン
  • 5.6 SQL アクションの追加
  • 5.6.1 DTL 内で SQL を使用する場合のガイドライン
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 変換テスト・ページの使用法
  • 6.2 プログラムによる変換のテスト