Ensemble リリース・ノート
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 XML のパフォーマンス向上
1.2 DICOM の拡張機能
1.3 BPL の XSLT2 アクティビティ
1.4 Ensemble が Caché グローバル削除の無効化に対応
1.5 マイナーな拡張機能
1.6 Caché 2017.2 の機能
Chapter 2: 
  2.1 ブラウザのポップアップ・ブロッカによるポータル機能の妨げ
2.2 EnsLib.HL7.Segment の GetValueAt() における 32KB 制限
2.3 Internet Explorer 9 の制約
2.4 古いバージョンの Internet Explorer によるエンタープライズ・メッセージ・ビューワの表示の問題
2.5 以前のバージョンからエクスポートされたインポート・ルールのスタジオ・プロジェクトへの追加の失敗
2.6 TimeCreated プロパティを使用したメッセージ・ブラウザの検索
2.7 ビジネス・ルールのエクスポートとインポート
2.8 HL7 スキーマ・エラー
2.9 ループ内の BPL スコープの制限
2.10 デフォルトでは有効化されない DeepSee ダッシュボード・ページへのアクセス
2.11 オペレーティング・システムのエフェメラル・ポートと競合する可能性のある受信ポート
2.12 コピー元とコピー先のタイプが異なる場合に実行不可になる再帰的なコピー
2.13 ユーザに報告されないエラー保存の認証情報
2.14 プロダクションとネームスペース
2.15 ルールで使用されるカスタム関数のコンパイル順序
2.16 EnsLib.REST.Service の一部の %CSP.REST 機能が使用不可
Chapter 3: 
  3.1 メッセージ・リスナとして JMS ゲートウェイを使用しない
3.2 フィックスを取得するには、カスタム RecordMap バッチ・クラスの変更が必要な場合がある
3.3 BPL xslt アクティビティではエラー・メッセージでより多くの情報が提供される
3.4 ビジネス・サービスの待機時間の変更
3.5 Ensemble インクルード・ファイルに %sySystem の定義が含まれる
3.6 PassthroughService サブクラスで変更が必要な場合がある