Java ゲートウェイの使用法
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 前提条件
1.2 ゲートウェイの開始と停止
1.3 接続と切断
1.4 Java ゲートウェイのモード
1.4.1 プロキシ・オブジェクト・モード
1.4.2 ステートレス・サービス・モード
Chapter 2: 
  2.1 Java ゲートウェイのビジネス・サービスの追加
2.2 Java ゲートウェイのビジネス・サービスの設定
2.3 ビジネス・サービス・メソッドの呼び出し
2.3.1 StartGateway() メソッド
2.3.2 ConnectGateway() メソッド
2.3.3 StopGateway() メソッド
2.4 ビジネス・オペレーションの作成
2.5 API メソッドの呼び出し
2.5.1 %Connect() メソッド
2.5.2 %Disconnect() メソッド
2.5.3 %Shutdown() メソッド
2.5.4 %Import() メソッド
2.5.5 %ExpressImport() メソッド
2.5.6 %ClassForName() メソッド
2.5.7 %GetAllClasses() メソッド
2.6 コマンド・プロンプトの使用法
2.7 Java ゲートウェイ・ウィザードの使用法
2.8 エラーのチェック
2.9 トラブルシューティング
Chapter 3: 
  3.1 Java ゲートウェイのサンプルの設定
3.2 プレーン Java サンプルの実行
3.3 JDBC サンプルの実行
3.4 EJB ゲートウェイ・サンプルの実行
3.5 JMS ゲートウェイ・サンプルの実行
3.5.1 JMS ポイントツーポイント (P2P) のサンプル
3.5.2 JMS Publish/Subscribe (Pub/Sub) のサンプル
3.5.3 Java 命名規則とディレクトリ・インタフェース (JNDI) のサンプル
3.6 ステートレス・サービス・モードの例
Chapter 4: 
  4.1 パッケージ名とクラス名
4.2 プリミティブ
4.3 日付と時刻
4.4 プロパティ
4.5 メソッド
4.5.1 オーバーロードされたメソッド
4.5.2 メソッド名
4.5.3 静的メソッド
4.6 コンストラクタ
4.7 定数
4.8 Java クラス
4.8.1 Java オブジェクト・スーパークラス (java.lang.Object)
4.8.2 Java の配列
4.8.3 Java Collections フレームワーク
4.8.4 再キャスト
4.8.5 Java 標準出力のリダイレクト
4.9 制限事項