Java ゲートウェイの使用法
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 前提条件
  • 1.2 ゲートウェイの開始と停止
  • 1.3 接続と切断
  • 1.4 Java ゲートウェイのモード
  • 1.4.1 プロキシ・オブジェクト・モード
  • 1.4.2 ステートレス・サービス・モード
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 Java ゲートウェイのビジネス・サービスの追加
  • 2.2 Java ゲートウェイのビジネス・サービスの設定
  • 2.3 ビジネス・サービス・メソッドの呼び出し
  • 2.3.1 StartGateway() メソッド
  • 2.3.2 ConnectGateway() メソッド
  • 2.3.3 StopGateway() メソッド
  • 2.4 ビジネス・オペレーションの作成
  • 2.5 API メソッドの呼び出し
  • 2.5.1 %Connect() メソッド
  • 2.5.2 %Disconnect() メソッド
  • 2.5.3 %Shutdown() メソッド
  • 2.5.4 %Import() メソッド
  • 2.5.5 %ExpressImport() メソッド
  • 2.5.6 %ClassForName() メソッド
  • 2.5.7 %GetAllClasses() メソッド
  • 2.6 コマンド・プロンプトの使用法
  • 2.7 Java ゲートウェイ・ウィザードの使用法
  • 2.8 エラーのチェック
  • 2.9 トラブルシューティング
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 Java ゲートウェイのサンプルの設定
  • 3.2 プレーン Java サンプルの実行
  • 3.3 JDBC サンプルの実行
  • 3.4 EJB ゲートウェイ・サンプルの実行
  • 3.5 JMS ゲートウェイ・サンプルの実行
  • 3.5.1 JMS ポイントツーポイント (P2P) のサンプル
  • 3.5.2 JMS Publish/Subscribe (Pub/Sub) のサンプル
  • 3.5.3 Java 命名規則とディレクトリ・インタフェース (JNDI) のサンプル
  • 3.6 ステートレス・サービス・モードの例
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 パッケージ名とクラス名
  • 4.2 プリミティブ
  • 4.3 日付と時刻
  • 4.4 プロパティ
  • 4.5 メソッド
  • 4.5.1 オーバーロードされたメソッド
  • 4.5.2 メソッド名
  • 4.5.3 静的メソッド
  • 4.6 コンストラクタ
  • 4.7 定数
  • 4.8 Java クラス
  • 4.8.1 Java オブジェクト・スーパークラス (java.lang.Object)
  • 4.8.2 Java の配列
  • 4.8.3 Java Collections フレームワーク
  • 4.8.4 再キャスト
  • 4.8.5 Java 標準出力のリダイレクト
  • 4.9 制限事項