Caché Basic の使用法
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
Chapter 2: 
 
  • 2.1 大文字と小文字の区別
  • 2.2 空白と行の継続
  • 2.3 コメント
  • 2.4 リテラル
  • 2.5 識別子と変数
  • 2.6 ラベル
  • 2.7 予約語
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 数値
  • 3.2 文字列
  • 3.3 永続多次元配列 (グローバル)
  • 3.4 NULL
  • 3.5 未定義
  • 3.6 日付
  • 3.7 オブジェクト
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 変数名
  • 4.2 変数タイプの決定
  • 4.3 変数の宣言
  • 4.4 変数の有効範囲
  • 4.5 既定の変数値
  • 4.6 変数の最大数
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 式
  • 5.2 演算子
  • 5.2.1 演算子の優先順位
  • 5.3 比較演算子
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 数式文
  • 6.2 呼び出し
  • 6.3 If
  • 6.4 ElseIf
  • 6.5 For
  • 6.5.1 For...Next
  • 6.5.2 For Each...Next
  • 6.6 While
  • 6.7 Do...While
  • 6.8 Select ...Case
  • 6.9 Dim
  • 6.10 Enter
  • Chapter 7: 
     
  • 7.1 Basic メソッド
  • 7.1.1 ##super
  • 7.1.2 メソッドの呼び出し
  • 7.2 Basic ルーチンと関数
  • 7.3 Caché ObjectScript 関数の呼び出し
  • 7.3.1 ObjectScript 外部関数
  • 7.3.2 ObjectScript 内部関数
  • Chapter 8: 
     
  • 8.1 配列の定義
  • 8.1.1 存在の有無のテスト
  • 8.1.2 配列の削除
  • 8.2 配列の探索
  • 8.2.1 For...Next Loop での探索
  • 8.2.2 For Each...Next Loop での探索
  • 8.2.3 Traverse 関数
  • Chapter 9: 
     
  • 9.1 クラス定義
  • 9.2 オブジェクト・インスタンスの生成
  • 9.2.1 New コマンド
  • 9.2.2 OpenId コマンド
  • 9.2.3 オブジェクトのライフ・サイクル
  • 9.3 プロシージャ、メソッド、およびその他のメンバ
  • 9.3.1 プロパティの使用法
  • 9.3.2 インスタンス・メソッドの呼び出し
  • 9.3.3 クラス・メソッドの呼び出し
  • 9.3.4 With 文
  • 9.3.5 Me.%GetParameter("Parameter") 構文
  • Chapter 10: 
     
  • 10.1 On Error Goto
  • 10.2 Err オブジェクト
  • 10.3 システム状態オブジェクト
  • Chapter 11: