Caché での .NET および ADO.NET Managed Provider の使用法
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 インストールと構成
  • 1.1.1 要件
  • 1.1.2 インストール
  • 1.1.3 Visual Studio の構成
  • 1.2 Caché .NET バインディング・アーキテクチャ
  • 1.3 Caché .NET ヘルプ・ファイル
  • 1.4 Caché .NET サンプル・プログラム
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 接続の作成
  • 2.2 接続プーリング
  • 2.2.1 CachePoolManager クラスの使用法
  • 2.3 Caché サーバ構成
  • 2.4 接続パラメータ
  • 2.4.1 必須パラメータ
  • 2.4.2 接続プーリング・パラメータ
  • 2.4.3 その他の接続パラメータ
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 プロキシ・オブジェクトの概要
  • 3.2 Caché プロキシ・クラスの生成
  • 3.2.1 Caché オブジェクト・バインディング・ウィザードの使用法
  • 3.2.2 コマンド行からのプロキシ・ジェネレータの実行
  • 3.2.3 プログラムによるプロキシ・ファイルの生成
  • 3.2.4 プロジェクトへのプロキシ・コードの追加
  • 3.2.5 Caché システム・クラスから継承されるメソッド
  • 3.3 プロキシ・オブジェクトの使用法
  • 3.3.1 オブジェクトのオープンと読み取り
  • 3.3.2 オブジェクトの作成と保存
  • 3.3.3 プロキシ・オブジェクトのクローズ
  • 3.3.4 データベースからの永続オブジェクトの削除
  • 3.4 Caché クエリの使用法
  • 3.5 コレクションとリストの使用法
  • 3.6 リレーションシップの使用法
  • 3.7 入出力リダイレクトの使用法
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 ADO.NET Managed Provider クラスの概要
  • 4.2 CacheCommand と CacheDataReader の使用法
  • 4.3 CacheParameter を使用した SQL クエリの使用法
  • 4.4 CacheDataAdapter と CacheCommandBuilder の使用法
  • 4.5 トランザクションの使用法
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 ダイナミック・オブジェクトの使用法
  • 5.1.1 メソッド・シグニチャ・オブジェクトの使用法
  • 5.1.2 メソッドの呼び出し
  • 5.1.3 プロパティへのアクセス
  • 5.2 例 : Sample.Person へのアクセス
  • 5.3 CacheMethodSignature メソッドとプロパティ
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 Caché Entity Framework Provider の設定
  • 6.1.1 システム要件
  • 6.1.2 設定の実行および変数の設定
  • 6.1.3 Visual Studio へのファイルのコピー
  • 6.1.4 Caché サーバへの Visual Studio の接続
  • 6.1.5 Caché Nuget ローカル・リポジトリの構成
  • 6.2 Entity Framework の開始
  • 6.2.1 Code First
  • 6.2.2 サンプル・データベースの設定
  • 6.2.3 Database First
  • 6.2.4 Model First