Caché での Perl の使用法
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 Perl バインディング・アーキテクチャ
1.2 クイックスタート
1.3 インストールと構成
1.3.1 Perl クライアント要件
1.3.2 UNIX® インストール
1.3.3 Windows 環境でのインストール
1.3.4 Caché サーバ構成
1.4 サンプル・プログラム
Chapter 2: 
  2.1 Perl バインディングの基礎
2.1.1 Caché データベースへの接続
2.1.2 Caché Database メソッドの使用法
2.1.3 Caché Object メソッドの使用法
2.2 タイ変数の使用法
2.3 コレクションとリストの使用法
2.3.1 %Collection オブジェクト
2.3.2 %List 変数
2.4 リレーションシップの使用法
2.5 クエリの使用法
2.6 %Binary データの使用法
2.7 例外処理
2.7.1 %Status 返り値の処理
2.7.2 エラー・レポート
2.8 Perl バインディングの制約と制限
Chapter 3: 
  3.1 データ型
3.2 接続
3.2.1 接続情報
3.3 データベース
3.4 オブジェクト
3.5 クエリ
3.5.1 クエリの作成
3.5.2 パラメータの設定
3.5.3 クエリの実行
3.5.4 結果の取得
3.6 時刻と日付
3.6.1 %TIME
3.6.2 %DATE
3.6.3 %TIMESTAMP
3.7 ロケールとクライアント・バージョン