CSP ゲートウェイ構成ガイド
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 このドキュメントの対象読者
  • 1.2 CSP ドキュメント
  • 1.3 このドキュメントで使用する規則
  • 1.3.1 ゲートウェイ・コンポーネントと物理的なインストール・パス
  • 1.4 サポート対象の Web サーバ
  • 1.5 Web サーバと CSP ゲートウェイの構成
  • 1.5.1 Ensemble のための CSP ゲートウェイの構成
  • 1.5.2 ゲートウェイ管理モジュールの構成
  • 1.5.3 CSP で処理されるファイルの種類
  • 1.5.4 Caché からの静的ファイルの提供
  • 1.5.5 マルチ・プロセス/マルチスレッドのハイブリッド型 Web サーバ・アーキテクチャ
  • 1.5.6 ゲートウェイ・レジストリ
  • 1.5.7 高可用性ソリューションのハードウェア・ロード・バランサでのスティッキー・セッションの有効化
  • 1.5.8 ゲートウェイ構成を再起動するスクリプトの有効化
  • 1.6 プライベート Web サーバおよび Caché 管理ポータル
  • 1.6.1 プライベート Web サーバの構築
  • 1.6.2 プライベート Web サーバの管理
  • 1.6.3 プライベート Web サーバの制限
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 Microsoft IIS の全バージョン
  • 2.1.1 構成の概要
  • 2.1.2 ゲートウェイ・コンポーネントに対する許可の設定
  • 2.1.3 CSP アプリケーション・パスの構成
  • 2.1.4 /bin を含む URLの有効化
  • 2.1.5 IIS の再起動
  • 2.1.6 トラブルシューティング
  • 2.2 Microsoft IIS 7 以降
  • 2.2.1 IIS 7 のインストール場所
  • 2.2.2 推奨オプション : ネイティブ・モジュールの使用 (CSPms*.dll)
  • 2.2.3 SOAP フォルトの詳細を返すための IIS の構成
  • 2.3 Microsoft IIS 6 以前
  • 2.3.1 IIS 6 のインストール場所
  • 2.3.2 推奨オプション : IIS および ISAPI モジュール (CSPms.dll)
  • 2.4 Apache サーバ
  • 2.4.1 Apache サーバでのインストール場所 (すべてのオプション)
  • 2.4.2 推奨オプション : Apache API モジュール (CSPa24.dll)
  • 2.5 Nginx サーバ
  • 2.5.1 インストール
  • 2.5.2 CSP のための Nginx Web サーバの構築
  • 2.5.3 ユニバーサル CSP ゲートウェイ・モジュール (CSPx*.dll) の使用
  • 2.5.4 CSP NSD コンポーネントを使用する Nginx の構築
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 Apache サーバ
  • 3.1.1 UNIX®、Linux、Mac OS の Apache インストール場所 (推奨オプション)
  • 3.1.2 推奨オプション : NSD を使用しない Apache API モジュール (CSPa24.so)
  • 3.2 Sun の Web サーバ
  • 3.2.1 Sun Web サーバのインストール場所 (推奨オプション)
  • 3.2.2 推奨オプション : NSAPI モジュール (CSPn3.so)
  • 3.3 Nginx Web サーバ
  • 3.3.1 インストール
  • 3.3.2 CSP のための Nginx Web サーバの構築
  • 3.3.3 ユニバーサル CSP ゲートウェイ・モジュール (CSPx*.so) の使用
  • 3.3.4 CSP NSD コンポーネントを使用する Nginx の構築
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 OpenVMS でのインストール (すべての接続オプション)
  • 4.2 推奨オプション : NSD を使用した OpenVMS および Apache API モジュール (MOD_CSP.EXE)
  • 4.2.1 CSP へのファイルの種類の追加登録
  • 4.2.2 OpenVMS API および NSD を使用したゲートウェイの運用および管理
  • 4.3 OpenVMS 向けにロック・ダウンした Apache 環境
  • 4.3.1 推奨オプションの構成 : NSD を使用した動的 Apache API モジュール (mod_csp.exe)
  • 4.3.2 代替オプション 1 の構成 : NSD を使用した CGI モジュール (nph-CSPcgi.exe)
  • 4.4 NSD (Network Service Daemon) の操作
  • 4.4.1 代替 TCP ポートでの NSD の開始
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 CSP ウェブゲートウェイ管理ページ
  • 5.1.1 CSP ウェブゲートウェイ管理ページのローカライズ
  • 5.1.2 CSP ウェブゲートウェイ管理ページでのセキュリティの考慮事項
  • 5.1.3 システム・ステータスの確認
  • 5.1.4 手動による接続の切断
  • 5.1.5 サーバ接続のテスト
  • 5.1.6 イベント・ログの参照
  • 5.1.7 HTTP トレース機能の使用法
  • 5.1.8 既定のパラメータの構成
  • 5.1.9 サーバ・アクセスの構成
  • 5.1.10 アプリケーション・アクセスの構成
  • 5.1.11 [CSPゲートウェイについて] ページ
  • 5.2 CSP ゲートウェイとセキュリティ
  • 5.2.1 ゲートウェイのセキュリティ・パラメータ
  • 5.2.2 最小の接続セキュリティ
  • 5.2.3 ユーザ名ベースおよびパスワード・ベースの単純な認証
  • 5.2.4 Kerberos ベース認証とデータ保護
  • 5.2.5 SSL ベース認証とデータ保護
  • 5.3 CGI 環境変数
  • 5.4 HTTP 応答ヘッダ
  • 5.5 Web サーバのホームページとしての CSP ページの設定
  • 5.5.1 Internet Information Services
  • 5.5.2 Sun の Web サーバ
  • 5.5.3 Apache サーバ
  • 5.6 CSP フォームの要求に対する応答の圧縮 (GZIP/ZLIB)
  • 5.6.1 GZIP/ZLIB ライブラリのインストール
  • 5.6.2 GZIP/ZLIB ライブラリの使用法
  • 5.6.3 ページごとの圧縮の指定
  • 5.6.4 アプリケーション・パス内のすべてのページに対する圧縮の指定
  • 5.6.5 監視
  • 5.7 CSP ページの出力キャッシュ機能
  • 5.7.1 %response.Expires プロパティ
  • 5.7.2 %response.VaryByParam プロパティ
  • 5.7.3 キャッシュしたページに対するユーザのセッション ID の保存
  • 5.8 Microsoft Active Server Pages (ASP) および VBScript を使用した CSP
  • 5.8.1 CSP でのクライアント側 VBScript
  • 5.8.2 CSP でのサーバ側 VB-Script (CSP による ASP コンテンツの処理)
  • 5.9 CSP アプリケーションで使用できるように HTTP 認証を実装する
  • 5.9.1 Apache での標準 HTTP 認証 (mod_auth)
  • 5.9.2 要求の処理と同時に CSP で行われる認証
  • 5.9.3 要求の処理前に CSP で行われる認証
  • 5.10 ミラー構成、フェイルオーバー、および負荷分散
  • 5.10.1 複数の Web サーバ間の負荷分散とフェイルオーバー
  • 5.10.2 複数の Caché サーバ・インスタス間の負荷分散とフェイルオーバー
  • 5.10.3 ミラー構成
  • 5.11 プロセス親和性とステート認識モード (保持モード 1)
  • 5.11.1 ステート認識モードの起動
  • 5.11.2 ステート認識モードの維持とエラーへの応答
  • 5.11.3 ステート認識モードの終了
  • 5.12 Caché のゲートウェイ・レジストリ
  • 5.12.1 構成を再ロードするようゲートウェイを強制する
  • 5.13 WebSockets の使用 (RFC 6455)
  • 5.13.1 WebSocket プロトコル
  • 5.13.2 WebSocket のクライアント・コード (JavaScript)
  • 5.13.3 WebSocket のサーバ・コード (CSP)
  • 5.13.4 WebSocket サーバの例
  • 5.13.5 WebSockets サーバの非同期動作
  •  
    Appendix A: 
     
  • A.1 NSD (Network Service Daemon) の使用
  • A.1.1 NSD を使用する場合
  • A.1.2 NSD モジュールのインストール場所
  • A.1.3 NSD の操作
  • A.2 IIS7 以降の代替オプション
  • A.2.1 ISAPI サービスおよび CGI サービスのインストール
  • A.2.2 代替オプション 1 : ISAPI モジュールの使用 (CSPms*.dll)
  • A.2.3 代替オプション 2 : NSD を使用したネイティブ・モジュールの使用 (CSPcms.dll)
  • A.2.4 代替オプション 3 : NSD を使用した ISAPI モジュールの使用 (CSPcms.dll)
  • A.2.5 代替オプション 4 :NSD を使用した CGI モジュールの使用 (nph-CSPcgi*.exe)
  • A.3 IIS6 以前の代替オプション
  • A.3.1 ISAPI フィルタ (CSPmsf1.dll) の使用法
  • A.3.2 代替オプション 1 : NSD を使用した IIS および ISAPI モジュール (CSPcms.dll)
  • A.3.3 代替オプション 2 : NSD を使用した IIS および CGI モジュール (nph-CSPcgi.exe)
  • A.4 Windows Apache の代替オプション
  • A.4.1 インストール場所
  • A.4.2 代替オプション 1 : NSD を使用した Apache および CGI モジュール (nph-CSPcgi.exe)
  • A.4.3 代替オプション 2 : NSD を使用した Apache API モジュール (mod_csp.dll)
  • A.4.4 代替オプション 3 : Apache および ISAPI モジュール (CSPms.dll)
  • A.4.5 Microsoft Windows 向けにロック・ダウンした Apache 環境
  • Appendix B: 
     
  • B.1 UNIX®、Linux、および Mac OS X での NSD の使用法
  • B.1.1 NSD を使用する場合
  • B.1.2 NSD モジュールのインストール場所
  • B.1.3 NSD の操作
  • B.2 UNIX®、Linux、Mac OS 用 Apache の特殊オプション
  • B.2.1 UNIX®、Linux、Mac OS の Apache インストール場所 (すべての代替オプション)
  • B.2.2 特殊オプション 1 : NSD を使用した Apache API モジュール (mod_csp24.so)
  • B.2.3 代替オプション 2 : NSD を使用した CGI モジュール (nph-CSPcgi)
  • B.2.4 代替オプション 3 : NSD を使用した組み込み Apache API モジュール (mod_csp.c)
  • B.3 UNIX®、Linux、および Mac OS X 向けにロック・ダウンした Apache 環境
  • B.3.1 推奨オプション : Apache API モジュール (CSPa24.so)
  • B.3.2 特殊オプション 1 : NSD を使用した Apache API モジュール (mod_csp.so)
  • B.3.3 特殊オプション 2 : NSD を使用した CGI モジュール (nph-CSPcgi)
  • B.3.4 特殊オプション 3 : NSD を使用した組み込み Apache API モジュール (mod_csp.c)
  • B.4 Sun Web サーバの代替オプション
  • B.4.1 Sun のインストール場所 (代替オプション)
  • B.4.2 代替オプション 1 : NSD を使用した NSAPI モジュール (CSPcn3.so)
  • B.5 トラブルシューティング
  • Appendix C: 
     
  • C.1 代替オプション 1 : NSD を使用した OpenVMS および CGI モジュール (CSPCGI.EXE)
  • C.1.1 CSP へのファイルの種類の追加登録
  • C.1.2 OpenVMS CGI および NSD を使用したゲートウェイの運用および管理
  • Appendix D: 
     
  • D.1 Apache プロセス管理および処理能力の計画
  • D.1.1 Apache Prefork MPM
  • D.1.2 Apache Worker MPM
  • D.1.3 Apache MPM とゲートウェイ DSO
  • D.2 ステート認識セッション (保持モード 1)
  • Appendix E: 
     
    Appendix F: 
     
    Appendix G: 
     
  • G.1 IIS アプリケーション・プールおよび Web ガーデン
  • G.1.1 アプリケーション・プール
  • G.1.2 Web ガーデン
  • G.1.3 アプリケーション・プール、Web ガーデン、および CSP
  • G.1.4 ワーカ・プロセスのアイドル・タイムアウト
  • G.1.5 ワーカ・プロセスのリサイクル
  • G.2 ビットネス — Windows の 64 ビット・サーバ上での 32 ビット・アプリケーション
  • Appendix H: 
     
  • H.1 Web サーバと CSP ゲートウェイの構成
  • H.1.1 Web サーバ・マシンへの Cach ゲートウェイのインストール
  • H.1.2 CSP ゲートウェイの構成
  • H.1.3 Web サーバから静的ファイルを提供する場合
  • H.1.4 Web サーバ・パスの構成
  • H.2 複数の Caché サーバでの CSP へのアクセス
  • H.3 Apache 仮想ホストの構成
  • H.3.1 仮想ホストの概要