Caché 監視ガイド
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 システム・ダッシュボードのインジケータの監視
  • 1.2 システム・パフォーマンスの監視
  • 1.2.1 システム使用テーブル
  • 1.2.2 一般 (共有) メモリ・ヒープ使用状況
  • 1.3 ロックの監視
  • 1.4 ログ・ファイルの監視
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 診断レポートのタスクの実行
  • 2.2 診断レポートの設定の構成
  • 2.3 診断レポートの内容
  • 2.3.1 基本情報
  • 2.3.2 詳細情報
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 Caché システム監視ツール
  • 3.2 Caché モニタの概要
  • 3.3 ^MONMGR ユーティリティの使用
  • 3.3.1 Start/Stop/Update Monitor
  • 3.3.2 Manage Monitor Options
  • 3.3.3 Manage Email Options
  • 3.4 Caché モニタのエラーおよびトラップ
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 Caché システム・モニタ
  • 4.1.1 システム・モニタ・プロセス
  • 4.1.2 システム・モニタ通知の追跡
  • 4.1.3 システム・モニタのステータスおよびリソース・メトリック
  • 4.1.4 システム・モニタのヘルス状態
  • 4.1.5 システム・モニタの既定値
  • 4.1.6 ^%SYSMONMGR ユーティリティの使用
  • 4.1.7 システム・モニタのコンポーネントの定義
  • 4.2 Caché ヘルス・モニタ
  • 4.2.1 Caché ヘルス・モニタの概要
  • 4.2.2 ^%SYSMONMGR を使用したヘルス・モニタの管理
  • 4.3 Caché アプリケーション・モニタ
  • 4.3.1 アプリケーション・モニタの概要
  • 4.3.2 ^%SYSMONMGR を使用したアプリケーション・モニタの管理
  • 4.3.3 アプリケーション・モニタのメトリック
  • 4.3.4 ユーザ定義アプリケーション・モニタ・クラスの記述
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 ^GLOSTAT の実行
  • 5.2 ^GLOSTAT 統計の概要
  • 5.3 ^GLOSTAT の出力例
  • 5.3.1 例 A
  • 5.3.2 例 B
  • 5.3.3 例 C
  • 5.3.4 例 D
  • 5.3.5 例 E
  • 5.3.6 例 F
  • 5.3.7 例 G
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 ^PERFMON の使用
  • 6.1.1 Start
  • 6.1.2 Stop
  • 6.1.3 Pause
  • 6.1.4 Resume
  • 6.1.5 Sample Counters
  • 6.1.6 Clear
  • 6.1.7 Report
  • 6.1.8 Collect
  • 6.2 レポートの例
  • Chapter 7: 
     
  • 7.1 ^PROFILE の使用法
  • 7.2 ^PROFILE の例
  • Chapter 8: 
     
  • 8.1 行単位の監視ルーチンの呼び出し
  • 8.1.1 監視の開始
  • 8.1.2 メモリ要件の予測計算
  • 8.2 行単位の監視オプション
  • 8.2.1 行単位の統計レポート
  • 8.3 行単位の監視レポートのサンプル
  • 8.3.1 行単位の詳細レポート
  • 8.3.2 行単位の要約レポート
  • 8.3.3 行単位の区切り出力レポート
  • 8.3.4 行単位のプロシージャ・レベル・レポート
  • 8.4 行単位の監視プログラミング・インタフェース
  • Chapter 9: 
     
  • 9.1 ^BLKCOL の使用法
  • 9.2 ^BLKCOL の出力
  • Chapter 10: 
     
  • 10.1 ^pButtons ユーティリティの実行
  • 10.1.1 ^pButtons の中止
  • 10.1.2 プログラムによる ^pButtons の実行
  • 10.2 ^pButtons パフォーマンス・レポートの生成
  • 10.3 タスク・マネージャを使用した ^pButtons ユーティリティのスケジュール
  • 10.4 ^pButtons ユーティリティのカスタマイズ
  • 10.4.1 出力ディレクトリの変更
  • 10.4.2 バージョン情報の取得
  • 10.4.3 プロファイルの操作
  • 10.5 ^pButtons ユーティリティで作成されるパフォーマンス・レポート
  • Chapter 11: 
     
  • 11.1 Seize、ASeize、および NSeize に関する注意事項
  • Chapter 12: 
     
  • 12.1 基本メトリック
  • 12.2 データの収集
  • 12.3 集計
  • 12.4 データへのアクセス
  • 12.5 ユーザ定義メトリックの追加
  •  
    Appendix A: 
     
  • A.1 Caché での PATROL の実行
  • A.1.1 PATROL 設定の構成
  • A.1.2 Caché PATROL ルーチン
  • A.2 Caché PATROL ナレッジ・モジュール
  • A.2.1 Caché モジュールを PATROL に追加
  • A.3 BMC PATROL で使用される Caché メトリック
  • Appendix B: 
     
  • B.1 Caché での SNMP の使用法
  • B.2 サブエージェントとしての Caché
  • B.3 Caché での SNMP の管理
  • B.4 SNMP のトラブルシューティング
  • B.5 Caché MIB 構造
  • B.5.1 Ensemble MIB 構造
  • B.5.2 Caché MIB の拡張
  • B.5.3 Caché SNMP トラップ
  • B.6 サンプル・ユーザ定義 SNMP モニタ・クラス
  • Appendix C: 
     
  • C.1 Caché における WMI の構成
  • C.1.1 監視と WMI を有効にする
  • C.1.2 WMI クラスをコンパイルする
  • C.2 Caché での WMI の使用法
  • C.2.1 Ensemble での WMI の使用法
  • C.3 WMI ドキュメント・テキスト・ファイルの生成
  • Appendix D: 
     
  • D.1 Caché での WS-Monitoring のサポートの概要
  • D.2 サポートの詳細
  • D.3 モニタリング Web サービスの URL
  • D.4 モニタリング Web サービスの Web メソッド
  • D.5 Web クライアントの監視
  • D.6 イベントの処理
  • D.6.1 サンプル・イベント・シンク Web サービスの使用
  • D.6.2 独自のイベント・シンク・Web サービスの作成
  • Appendix E: 
     
  • E.1 cstat 実行の基礎
  • E.1.1 Windows での cstat の実行
  • E.1.2 UNIX® での cstat の実行
  • E.1.3 OpenVMS での cstat の実行
  • E.2 オプションを使用した cstat の実行
  • E.3 cstat 出力の表示
  • E.3.1 cstat テキスト・ファイル
  • E.3.2 診断レポート・タスク
  • E.3.3 CacheHung スクリプト
  • E.3.4 ^pButtons ユーティリティ