Caché 監視ガイド
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 システム・ダッシュボードのインジケータの監視
1.2 システム・パフォーマンスの監視
1.2.1 システム使用テーブル
1.2.2 一般 (共有) メモリ・ヒープ使用状況
1.3 ロックの監視
1.4 Caché のログの監視
1.4.1 システム・マネージャ・ディレクトリのログ・ファイル
1.4.2 アプリケーション・エラー・ログと ODBC エラー・ログ
1.4.3 Caché システム・エラー・ログ
Chapter 2: 
  2.1 診断レポートのタスクの実行
2.2 診断レポートの設定の構成
2.3 診断レポートの内容
2.3.1 基本情報
2.3.2 詳細情報
Chapter 3: 
  3.1 Caché システム監視ツール
3.2 Caché モニタの概要
3.3 ^MONMGR ユーティリティの使用
3.3.1 Start/Stop/Update Monitor
3.3.2 Manage Monitor Options
3.3.3 Manage Email Options
3.4 Caché モニタのエラーおよびトラップ
Chapter 4: 
  4.1 Caché システム・モニタ
4.1.1 システム・モニタ・プロセス
4.1.2 システム・モニタ通知の追跡
4.1.3 システム・モニタのステータスおよびリソース・メトリック
4.1.4 システム・モニタのヘルス状態
4.1.5 システム・モニタの既定値
4.1.6 ^%SYSMONMGR ユーティリティの使用
4.1.7 システム・モニタのコンポーネントの定義
4.2 Caché ヘルス・モニタ
4.2.1 Caché ヘルス・モニタの概要
4.2.2 ^%SYSMONMGR を使用したヘルス・モニタの管理
4.3 Caché アプリケーション・モニタ
4.3.1 アプリケーション・モニタの概要
4.3.2 ^%SYSMONMGR を使用したアプリケーション・モニタの管理
4.3.3 アプリケーション・モニタのメトリック
4.3.4 ユーザ定義アプリケーション・モニタ・クラスの記述
Chapter 5: 
  5.1 ^GLOSTAT の実行
5.2 ^GLOSTAT 統計の概要
5.3 ^GLOSTAT の出力例
5.3.1 例 A
5.3.2 例 B
5.3.3 例 C
5.3.4 例 D
5.3.5 例 E
5.3.6 例 F
5.3.7 例 G
Chapter 6: 
  6.1 ^PERFMON の使用
6.1.1 Start
6.1.2 Stop
6.1.3 Pause
6.1.4 Resume
6.1.5 Sample Counters
6.1.6 Clear
6.1.7 Report
6.1.8 Collect
6.2 レポートの例
Chapter 7: 
  7.1 ^PROFILE の使用法
7.2 ^PROFILE の例
Chapter 8: 
  8.1 行単位の監視ルーチンの呼び出し
8.1.1 監視の開始
8.1.2 メモリ要件の予測計算
8.2 行単位の監視オプション
8.2.1 行単位の統計レポート
8.3 行単位の監視レポートのサンプル
8.3.1 行単位の詳細レポート
8.3.2 行単位の要約レポート
8.3.3 行単位の区切り出力レポート
8.3.4 行単位のプロシージャ・レベル・レポート
8.4 行単位の監視プログラミング・インタフェース
Chapter 9: 
  9.1 ^BLKCOL の使用法
9.2 ^BLKCOL の出力
Chapter 10: 
  10.1 ^pButtons ユーティリティの実行
10.1.1 ^pButtons の中止
10.1.2 プログラムによる ^pButtons の実行
10.2 ^pButtons パフォーマンス・レポートの生成
10.3 タスク・マネージャを使用した ^pButtons ユーティリティのスケジュール
10.4 ^pButtons ユーティリティのカスタマイズ
10.4.1 出力ディレクトリの変更
10.4.2 バージョン情報の取得
10.4.3 プロファイルの操作
10.5 ^pButtons ユーティリティで作成されるパフォーマンス・レポート
Chapter 11: 
  11.1 Seize、ASeize、および NSeize に関する注意事項
Chapter 12: 
  12.1 基本メトリック
12.2 データの収集
12.3 集計
12.4 データへのアクセス
12.5 ユーザ定義メトリックの追加
 
Appendix A: 
  A.1 Caché での PATROL の実行
A.1.1 PATROL 設定の構成
A.1.2 Caché PATROL ルーチン
A.2 Caché PATROL ナレッジ・モジュール
A.2.1 Caché モジュールを PATROL に追加
A.3 BMC PATROL で使用される Caché メトリック
Appendix B: 
  B.1 Caché での SNMP の使用法
B.2 サブエージェントとしての Caché
B.3 Caché での SNMP の管理
B.4 SNMP のトラブルシューティング
B.5 Caché MIB 構造
B.5.1 Ensemble MIB 構造
B.5.2 Caché MIB の拡張
B.5.3 Caché SNMP トラップ
B.6 サンプル・ユーザ定義 SNMP モニタ・クラス
Appendix C: 
  C.1 Caché における WMI の構成
C.1.1 監視と WMI を有効にする
C.1.2 WMI クラスをコンパイルする
C.2 Caché での WMI の使用法
C.2.1 Ensemble での WMI の使用法
C.3 WMI ドキュメント・テキスト・ファイルの生成
Appendix D: 
  D.1 Caché での WS-Monitoring のサポートの概要
D.2 サポートの詳細
D.3 モニタリング Web サービスの URL
D.4 モニタリング Web サービスの Web メソッド
D.5 Web クライアントの監視
D.6 イベントの処理
D.6.1 サンプル・イベント・シンク Web サービスの使用
D.6.2 独自のイベント・シンク・Web サービスの作成
Appendix E: 
  E.1 cstat 実行の基礎
E.1.1 Windows での cstat の実行
E.1.2 UNIX® での cstat の実行
E.2 オプションを使用した cstat の実行
E.3 cstat 出力の表示
E.3.1 cstat テキスト・ファイル
E.3.2 診断レポート・タスク
E.3.3 CacheHung スクリプト
E.3.4 ^pButtons ユーティリティ