Caché Server Pages (CSP) の使用法
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 CSP および Zen
  • 1.2 はじめに
  • 1.2.1 プロダクション Web サーバおよび Caché 付属のプライベート Web サーバ
  • 1.2.2 Web サーバと CSP ゲートウェイの構成
  • 1.2.3 必要な事前知識
  • 1.2.4 CSP サンプル
  • 1.2.5 CSP ドキュメント
  • 1.3 初めての CSP ページの生成
  • 1.3.1 クラス・ベースの CSP ページの作成
  • 1.3.2 HTML タグを使用した CSP ページの作成
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 CSP コンポーネント : Web サーバ、CSP ゲートウェイ、CSP サーバ
  • 2.1.1 各コンポーネントの機能
  • 2.1.2 情報フロー
  • 2.1.3 静的ファイル
  • 2.2 URL の Web サーバ構成
  • 2.2.1 Microsoft IIS Web サーバでの新規 URL の構成
  • 2.3 CSP ゲートウェイ構成
  • 2.3.1 CSP ゲートウェイ・マネージャ
  • 2.3.2 サーバ・アクセスの定義
  • 2.3.3 アプリケーション・アクセスの定義
  • 2.3.4 CSP ゲートウェイ・パラメータ
  • 2.4 CSP アプリケーションの設定
  • 2.4.1 アプリケーションから %CSP ページへのアクセスの有効化
  • 2.4.2 Web アプリケーションの設定の編集
  • 2.4.3 新規アプリケーションの定義
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 CSP 実行時環境
  • 3.2 HTTP 要求の処理
  • 3.2.1 Web サーバと CSP ゲートウェイ
  • 3.2.2 CSP サーバ
  • 3.2.3 CSP サーバのイベント・フロー
  • 3.2.4 CSP サーバの URL とクラス名の解決
  • 3.3 %CSP.Page クラス
  • 3.3.1 Page メソッド
  • 3.3.2 %CSP.Page クラス・パラメータ
  • 3.3.3 CSP エラーの処理
  • 3.4 %CSP.Request オブジェクト
  • 3.4.1 URL プロパティ
  • 3.4.2 Data プロパティおよび URL パラメータ
  • 3.4.3 CgiEnvs プロパティおよび CGI 環境変数
  • 3.4.4 Cookies プロパティ
  • 3.4.5 MIME データ・プロパティ
  • 3.5 %CSP.Response オブジェクトおよび OnPreHTTP メソッド
  • 3.5.1 SetCookie メソッドによる Cookie の送信
  • 3.5.2 さまざまなコンテンツ・タイプの提供
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 CSP.Session を持つセッション
  • 4.1.1 セッションの生成
  • 4.1.2 セッション ID
  • 4.1.3 セッションの終了とクリーンアップ
  • 4.1.4 CSP の予約パラメータ
  • 4.2 %CSP.Session オブジェクト
  • 4.2.1 ユーザ・セッション・データ — Data プロパティ
  • 4.2.2 ユーザ・セッション・データの設定 — Set コマンド
  • 4.2.3 ユーザ・セッション・データの取得 — Write コマンド
  • 4.2.4 ユーザ・セッション・データの削除 — Kill コマンド
  • 4.2.5 セッション・タイムアウト
  • 4.2.6 タイムアウト通知 — OnTimeout メソッド
  • 4.3 ステート管理
  • 4.3.1 要求間のデータの追跡
  • 4.3.2 ページへのデータの格納
  • 4.3.3 Cookie へのデータの格納
  • 4.3.4 セッションへのデータの格納 — Data プロパティ
  • 4.3.5 データベースへのデータの格納
  • 4.3.6 サーバ・コンテキストの保存 — Preserve プロパティ
  • 4.4 認証と暗号化
  • 4.4.1 セッション・キー
  • 4.4.2 暗号化された URL と CSPToken
  • 4.4.3 プライベート・ページ
  • 4.4.4 コード化された URL パラメータ
  • 4.5 認証共有の方法
  • 4.5.1 認証方法
  • 4.5.2 認証アーキテクチャ
  • 4.5.3 方法を選択するときの考慮事項
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 CSP コンパイラ
  • 5.1.1 自動および手動によるページ・コンパイル
  • 5.2 CSP マークアップ言語
  • 5.2.1 CSP ページ言語
  • 5.2.2 テキスト
  • 5.2.3 コンパイル時の式とコード
  • 5.2.4 実行時式
  • 5.2.5 実行時コード
  • 5.2.6 実行時コード ObjectScript 単一行
  • 5.2.7 サーバ側メソッド
  • 5.2.8 SQL <script> タグ
  • 5.2.9 生成されたクラスの管理
  • 5.3 コントロール・フロー
  • 5.3.1 <csp:if> タグ
  • 5.3.2 <csp:while> タグ
  • 5.3.3 <csp:loop> タグ : 番号を割り当てたリストの例
  • 5.4 HTTP 出力のエスケープと引用
  • 5.4.1 EscapeHTML による HTML のエスケープ
  • 5.4.2 EscapeURL による URL パラメータのエスケープ
  • 5.4.3 QuoteJS による JavaScript のエスケープ
  • 5.5 サーバ側のメソッド
  • 5.5.1 Caché と AJAX
  • 5.5.2 HTTP 送信を経由したサーバ側メソッドの呼び出し
  • 5.5.3 ハイパーイベント #server および #call を使用したサーバ側メソッドの呼び出し
  • 5.5.4 サーバ側メソッドを使用するヒント
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 ページでのオブジェクトの使用
  • 6.1.1 テーブルにオブジェクト・データを表示
  • 6.1.2 フォームでのオブジェクト・データの表示
  • 6.1.3 フォームの送信要求処理
  • 6.1.4 <csp:object> タグ
  • 6.2 フォームへのデータの結合
  • 6.2.1 プロパティへの結合
  • 6.3 <csp:search> タグを持つ CSP 検索ページ
  • 6.4 ISCLOG でのログの有効化
  • 6.4.1 メッセージ形式
  • チャプター7: 
     
  • 7.1 メッセージ・ディクショナリ
  • 7.1.1 メッセージ・ディクショナリの格納
  • 7.1.2 メッセージ・ディクショナリへのエントリの追加
  • 7.2 XML メッセージ・ファイル
  • 7.2.1 <MsgFile> 要素
  • 7.2.2 <MsgDomain> 要素
  • 7.2.3 <Message> 要素
  • 7.3 タグを使用したファイルのローカライズ
  • 7.3.1 実行時のローカライズ・タグ
  • 7.3.2 コンパイル時のローカライズ・タグ
  • 7.4 クラス・コードからのローカライズ
  • 7.4.1 実行時のメッセージの取得
  • 7.4.2 コンパイル時および実行時の $$$Text マクロ
  • 7.5 メッセージ・ディクショナリの翻訳
  • 7.6 メッセージ・ディクショナリの管理
  • 7.6.1 XML メッセージ・ファイルのインポート
  • 7.6.2 XML メッセージ・ファイルのエクスポート
  • 7.6.3 メッセージの削除
  • 7.6.4 メッセージのリスト
  • 7.6.5 一致言語の検索
  • チャプター8: 
     
  • 8.1 ルールとアクション
  • 8.2 タグ・マッチング — match 属性
  • 8.3 ルール・アクション内のサーバ側の式とコード
  • 8.3.1 アクションの実行時式
  • 8.3.2 コンパイル時の式とアクション
  • 8.3.3 アクション内の <script> タグ
  • 8.4 サーバ・ドキュメント・オブジェクト・モデル
  • 8.4.1 ルール属性値へのアクセス
  • 8.5 アクション内での <csr> タグの使用
  • 8.5.1 <csr:default> タグ
  • 8.5.2 <csr:children> タグ
  • 8.5.3 <csr:section> タグ
  • 8.6 アクション外での <csr> タグの使用
  • 8.6.1 <csr:class> タグ
  • 8.6.2 <csr:property> タグ
  • 8.6.3 <csr:description> タグ
  • 8.6.4 <csr:attribute> タグ
  • 8.7 ルール・クラスの使用
  • 8.7.1 生成されたルール・クラスの構造
  • 8.7.2 RenderStartTag メソッド
  • 8.7.3 CompilerMethod[n]() メソッド
  • 8.7.4 RenderEndTag メソッド
  • 8.8 %CSP.Rule メソッドの使用
  • 8.8.1 GetAttribute メソッド
  • 8.8.2 QuoteAttribute メソッド
  • 8.8.3 GetAttributesOrdered メソッド
  • 8.8.4 IsDefined メソッド
  • 8.8.5 InnerText メソッド
  • 8.8.6 AddChildElement メソッド
  • 8.8.7 SetAttribute メソッド
  • 8.8.8 OnMatch メソッド
  • 8.9 <csr> %CSP.AbstractAtom Write メソッドの使用
  • 8.9.1 WriteText メソッド
  • 8.9.2 WriteCSPText メソッド
  • 8.9.3 WriteExpressionText メソッド
  • 8.9.4 WriteServer メソッド
  • 8.9.5 WriteCSPServer メソッド
  • 8.10 <csr> %cspQuote メソッドの使用
  • 8.10.1 Quote メソッド
  • 8.10.2 QuoteCSP メソッド
  • 8.11 テーブルを表示する <grid> タグの作成
  • 8.11.1 Grid ルール定義
  • 8.11.2 生成された Grid クラス
  • 8.11.3 グリッド・ルールの使用
  • 8.11.4 グリッド・ルール表示ページ
  •  
    付録A: 
     
    付録B: