Caché 分散データ管理ガイド
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
ECP
  1.1 ECP の特徴
1.2 ECP の使用
1.3 ECP のアーキテクチャ
1.3.1 データベースとネームスペース
1.3.2 ECP アプリケーション・サーバとデータ・サーバ
1.3.3 ECP 接続とリカバリ
Chapter 2: 
  2.1 ECP のクライアント/サーバの互換性
2.2 ECP データ・サーバの構成
2.2.1 ECP アプリケーション・サーバへのアクセスの制限
2.2.2 ECP 特権およびロールの指定
2.3 ECP 特権の管理
2.4 ECP アプリケーション・サーバの構成
2.5 ECP リモート・データ・アクセスの構成
2.6 ECP のセキュリティに関するメモ
Chapter 3: 
  3.1 ECP 接続情報
3.1.1 ECP データ・サーバ接続
3.1.2 ECP アプリケーション・サーバ接続
3.2 ECP 接続の状態
3.2.1 アプリケーション・サーバの接続状態
3.2.2 データ・サーバの接続状態
3.3 ECP 接続処理
Chapter 4: 
  4.1 ECP リカバリ
4.2 切断の強制
4.3 パフォーマンスとプログラミングに関する考慮点
4.3.1 複数のデータ・サーバにわたるトランザクションの回避
4.3.2 ZSync コマンドの機能不全
4.3.3 大規模な ECP システムにおけるメモリの使用量
4.3.4 一時グローバル
4.3.5 複数の ECP チャネル
4.3.6 負荷分散アプリケーション・サーバ
4.3.7 未定義のグローバルに対する繰り返し参照
4.3.8 $Increment 関数とアプリケーション・カウンタ
4.4 ECP 関連エラー
4.4.1 <NETWORK> エラー
4.4.2 Rollback Only 条件
 
Appendix A: 
  A.1 ECP リカバリ保証
A.1.1 更新順の保証
A.1.2 ECP ロックの保証
A.1.3 クラスタ・ロックの保証
A.1.4 ロールバックの保証
A.1.5 コミットの保証
A.1.6 トランザクションとロックの保証
A.1.7 ECP Rollback Only の保証
A.1.8 ECP トランザクション・リカバリの保証
A.1.9 ECP ロック・リカバリの保証
A.1.10 $Increment 順序の保証
A.1.11 ECP Sync メソッドの保証
A.2 ECP リカバリの制限
A.2.1 ECP とクラスタの $Increment 制限
A.2.2 ECP Cache の最新性の制限
A.2.3 ECP ルーチンの再検証の制限
A.2.4 非ロック状態の変更により競合が発生した場合のロールバック
A.2.5 ジャーナルが中断した場合のロールバック
A.2.6 ECP のリカバリ後に検出されないエラー
A.2.7 部分的 Set または Kill によるジャーナルの不一致
A.2.8 クラスタのフェイルオーバーまたはリストア時の緩やかな順序
A.2.9 クラスタ・スレーブのクラッシュ時のダーティ・データの読み取り
A.2.10 ECP でのロックしないダーティ・データの読み取り
A.2.11 非同期のエラーが TCommit で検出された場合のロールバック