Caché 入出力デバイス・ガイド
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 デバイス制御ユーティリティ
1.2 既定デバイス
1.2.1 デバイス
1.2.2 デバイス・サブタイプ
1.2.3 磁気テープ・デバイス
1.3 デバイスの識別
1.3.1 デバイス・ニーモニック
1.3.2 デバイス ID
1.3.3 デバイス・エイリアス
1.3.4 既定のデバイス ID およびニーモニック
1.3.5 デバイス・タイプ
1.4 デバイスの定義
1.5 磁気テープ・デバイスの管理
1.5.1 磁気テープ・デバイスの定義
1.5.2 古い割り当ての削除
1.6 デバイスへのアクセス
1.6.1 %IS ユーティリティでユーザがデバイスを選択できるようにする
1.6.2 OPEN コマンドによるデバイスへのアクセス
1.6.3 デバイスとの相互運用レベル
1.7 既定のニーモニック空間の定義
1.7.1 事前定義のニーモニック空間
Chapter 2: 
  2.1 入出力コマンドの概要
2.1.1 一般的な入出力構文
2.1.2 OPEN コマンド
2.1.3 USE コマンド
2.1.4 READ コマンド
2.1.5 WRITE コマンド
2.1.6 CLOSE コマンド
2.2 入出力デバイスの指定
2.3 ユーザによるデバイスの指定
2.3.1 %IS の動作
2.3.2 %IS ニーモニック
2.3.3 ^%IS グローバルの構造
2.4 入出力コマンドでのデバイスの指定
2.4.1 デバイス名によるターミナルとプリンタの指定
2.4.2 Caché ID によるデバイスの指定
2.4.3 ディスクでファイルの指定
2.5 プロセスとデバイス
2.5.1 主デバイスと現在のデバイス
2.5.2 NULL デバイス
2.5.3 プロセスによるデバイスの所有
2.6 アプリケーション開発に関する入出力コマンド
2.7 デバイス特殊変数
2.8 ニーモニック空間によるデバイス制御
2.8.1 事前定義のニーモニック空間
2.8.2 ニーモニック空間の生成
2.8.3 ニーモニック空間の選択
Chapter 3: 
  3.1 ターミナル入出力機能の概要
3.1.1 主デバイスとなるログイン・ターミナルとコンソール
3.2 入出力状態を表示する特殊変数
3.2.1 $X と $Y とカーソル位置
3.2.2 タイムアウト付き処理結果を示す $TEST
3.2.3 READ のステータスを示す $ZA
3.2.4 READ の終了原因を示す $ZB
3.3 OPEN コマンドと USE コマンド
3.3.1 OPEN コマンド
3.3.2 USE コマンド
3.3.3 OPEN コマンドと USE コマンドの位置パラメータ
3.3.4 OPEN コマンドと USE コマンドのキーワード・パラメータ
3.3.5 OPEN コマンド実行の検証
3.3.6 OPEN と USE の文字コード・プロトコル
3.3.7 プロトコル・ターミネータ文字
3.3.8 明示的ターミネータ文字
3.3.9 Read 操作でのプロトコルとターミネータの概要
3.4 READ コマンド
3.4.1 構文
3.4.2 例
3.4.3 行呼び出し
3.4.4 ターミナル入出力に影響する特殊なプロトコル文字
3.4.5 READ コマンドによる入力の処理
3.5 WRITE コマンド
3.5.1 構文
3.5.2 例
3.6 CLOSE コマンド
3.6.1 構文
3.7 ターミナルの事前定義ニーモニック空間
3.7.1 X3.64 のニーモニック空間
3.7.2 DTM PC コンソール用ニーモニック空間
3.7.3 DTM の例
3.8 PRINT コマンドと ZPRINT コマンド
3.8.1 構文
3.9 ターミナルのプログラミング
3.9.1 Caché を使用したフォーマット済み CRT 画面のプログラム
3.9.2 エスケープ・シーケンスのプログラミング
3.9.3 例
3.9.4 全二重および半二重ターミナルとエコーのサポート
3.9.5 Caché がサポートするコンピュータ間リンクと特殊デバイス
Chapter 4: 
  4.1 パイプを使用したプロセス通信
4.1.1 Caché ユーティリティへのパイプの使用
4.1.2 パイプとコマンド・パイプ
4.1.3 プロセス間通信の OPEN コマンド
4.1.4 プロセス間通信の READ コマンド
4.1.5 プロセス間通信の CLOSE コマンド
4.1.6 名前付きパイプを使用した Visual Basic との通信
4.2 Caché プロセス間通信
4.2.1 インタジョブ・コミュニケーション・デバイスへのメモリ・バッファの指定
4.2.2 IJC デバイス番号
4.2.3 IJC デバイスへの入出力コマンド
Chapter 5: 
  5.1 TCP 接続の概要
5.2 TCP デバイスの OPEN コマンド
5.2.1 OPEN コマンドの使用法
5.2.2 サーバ側の OPEN コマンド
5.2.3 クライアント側の OPEN コマンド
5.2.4 TCP デバイスの OPEN コマンド・キーワードと USE コマンド・キーワード
5.2.5 TCP デバイスの OPEN コマンドのみのキーワード
5.3 現在の TCP デバイス
5.4 TCP デバイスの USE コマンド
5.5 TCP デバイスの READ コマンド
5.5.1 READ による $ZA および $ZB の変更
5.6 TCP デバイスの WRITE コマンド
5.6.1 WRITE の動作
5.6.2 WRITE による $X および $Y の変更
5.6.3 WRITE コマンド・エラー
5.6.4 WRITE コントロール・コマンド
5.7 接続管理
5.7.1 TCP デバイスを使用した JOB コマンド
5.7.2 Job コマンドの例
5.8 レコードの連結
5.9 Caché TCP デバイスの多重化
5.10 接続の切断
5.10.1 CLOSE コマンドによる切断
5.10.2 サーバでの WRITE *-2 コマンドによる切断
5.10.3 自動切断
5.10.4 切断の影響
Chapter 6: 
  6.1 UDP ソケットの確立
6.2 ホスト・アドレス
6.2.1 IPv4 と IPv6
Chapter 7: 
  7.1 シーケンシャル・ファイルの使用法
7.1.1 OPEN コマンド
7.1.2 USE コマンド
7.1.3 READ コマンドと WRITE コマンド
7.1.4 CLOSE コマンド
Chapter 8: 
  8.1 スプール・デバイスのオープンと使用
8.1.1 スプーリング・デバイスへの OPEN コマンドと USE コマンド
8.2 スプーリングと特殊変数
8.3 スプール・デバイスのクローズ
8.3.1 ネームスペースの変更
8.3.2 ジョブの中止処理
8.4 ^SPOOL グローバルの表示
8.5 %IS ユーティリティを使用するスプーラのオープン
8.6 %SPOOL を使用するスプールされたドキュメントの管理
8.6.1 %SPOOL を使用した印刷
8.6.2 スプールされたドキュメントのリスト
8.6.3 スプールされたドキュメントの削除
Chapter 9: 
  9.1 プリンタの概要
9.2 プリンタの指定
9.2.1 プリンタのオープン
9.2.2 Windows でのプリンタの指定
9.2.3 UNIX® でのプリンタの指定
9.3 プリンタへの出力先指定
9.3.1 %IS プリンタ設定変数
9.4 代替デバイスとしてのプリンタ
Chapter 10: 
  10.1 Caché 磁気テープ・ハンドラの使用法
10.1.1 OPEN コマンド
10.1.2 USE コマンド
10.1.3 READ コマンド
10.1.4 WRITE コマンド
10.1.5 CLOSE コマンド
10.2 ANSI と EBCDIC のラベル付きテープの読み取りと書き込み
10.2.1 DOS ラベル
10.2.2 レコード構造
10.2.3 ファイル構造
10.2.4 ラベル付きテープでのファイル生成
10.3 入出力状態を表示する特殊変数
10.3.1 磁気テープのステータスを保持する $ZA
10.3.2 ドライバ・バッファの情報を保持する $ZB
10.4 WRITE /mnemonic 用磁気テープ・ニーモニック空間