Caché インターネット・ユーティリティの使用法
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 HTTP 要求の概要
  • 1.2 HTTP 要求のプロパティの指定
  • 1.2.1 Location プロパティ
  • 1.2.2 インターネット・メディア・タイプと文字エンコードの指定
  • 1.2.3 プロキシ・サーバの使用法
  • 1.2.4 ログイン資格情報の提供
  • 1.2.5 SSL を使用した接続
  • 1.2.6 HTTPVersion、Timeout、WriteTimeout、および FollowRedirect プロパティ
  • 1.3 HTTP ヘッダの設定と取得
  • 1.4 キープ・アライブ動作の管理
  • 1.5 HTTP 要求のパラメータの処理
  • 1.6 要求の本文を含める
  • 1.6.1 チャンクされた要求の送信
  • 1.7 フォーム・データの送信
  • 1.7.1 例 1
  • 1.7.2 例 2
  • 1.8 Cookie の挿入、リスト、および削除
  • 1.9 HTTP 要求の送信
  • 1.10 マルチパート POST 要求の作成と送信
  • 1.11 HTTP 応答へのアクセス
  • 1.11.1 応答のデータへのアクセス
  • 1.11.2 名前による HTTP ヘッダの取得
  • 1.11.3 応答に関するその他の情報へのアクセス
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 サポートされている電子メール・プロトコル
  • 2.2 Caché で MIME 電子メール・メッセージを表す方法
  • 2.3 シングルパートの電子メール・メッセージの作成
  • 2.3.1 例 1 : CreateTextMessage()
  • 2.3.2 例 2 : SimpleMessage()
  • 2.4 マルチパートの電子メール・メッセージの作成
  • 2.5 電子メール・メッセージ・ヘッダの指定
  • 2.5.1 基本的な電子メール・ヘッダの指定
  • 2.5.2 Content-Type ヘッダ
  • 2.5.3 Content-Transfer-Encoding ヘッダ
  • 2.5.4 カスタム・ヘッダ
  • 2.6 メッセージへの添付の追加
  • 2.6.1 例 : MessageWithAttachment()
  • 2.7 SMTP サーバを使用した電子メールの送信
  • 2.7.1 例 1 : HotPOPAsSMTP() および SendSimpleMessage()
  • 2.7.2 例 2 : YPOPsAsSMTP()
  • 2.7.3 例 3 : SendMessage()
  • 2.7.4 %Net.SMTP のその他のプロパティ
  • 2.8 POP3 サーバからの電子メールのフェッチ
  • 2.8.1 POP3 サーバとの通信
  • 2.8.2 メールボックスに関する情報の取得
  • 2.8.3 メールボックスからのメッセージのフェッチ
  • 2.8.4 ファイルとしての添付の保存
  • 2.8.5 添付された電子メール・メッセージの取得
  • 2.8.6 その他のメッセージ取得メソッド
  • 2.8.7 メッセージの削除
  • 2.9 受信電子メール・メッセージでの作業
  • 2.9.1 メッセージの基本
  • 2.9.2 メッセージ・ヘッダ
  • 2.9.3 メッセージ・コンテンツ
  • 2.9.4 その他のメッセージ情報
  • 2.9.5 例 1 : ShowMsgInfo()
  • 2.9.6 例 2 : ShowMsgPartInfo()
  • 2.9.7 例 3 : ShowMsgHeaders()
  • 2.10 自動エンコードと文字変換
  • 2.10.1 送信メール
  • 2.10.2 受信メール
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 MIME メッセージの概要
  • 3.2 MIME パートの作成
  • 3.2.1 MIME パート・ヘッダの設定と取得
  • 3.2.2 オプションのメッセージ範囲の値を指定
  • 3.3 MIME メッセージの記述
  • 3.3.1 例 : WriteMIMEMessage()
  • 3.4 MIME メッセージの読み取り
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 FTP セッションの確立
  • 4.1.1 コマンド用のテーブルの変換
  • 4.2 FTP ファイルおよびシステム・メソッド
  • 4.3 リンクされたストリームの使用による大きなファイルのアップロード
  • 4.4 FTP サーバが発行するコールバックのカスタマイズ
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 IBM WebSphere MQ への Caché インタフェースの使用
  • 5.1.1 エラー・コードの取得
  • 5.2 Connection オブジェクトの生成
  • 5.2.1 %Init() メソッドの使用法
  • 5.2.2 %Connect() メソッドの使用法
  • 5.3 文字セット (CCSID) の指定
  • 5.4 その他のメッセージ・オプションの指定
  • 5.5 メッセージの送信
  • 5.5.1 例 1 : SendString()
  • 5.5.2 例 2 : SendCharacterStream()
  • 5.5.3 例 3 : Caché ターミナルからのメッセージの送信
  • 5.6 メッセージの取得
  • 5.6.1 例 1 : ReceiveString()
  • 5.6.2 例 2 : ReceiveCharacterStream()
  • 5.7 メッセージ情報の更新
  • 5.8 トラブルシューティング
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 SSH セッションの作成
  • 6.2 例 : SFTP 経由のファイルの転送
  • 6.3 その他の例
  • Chapter 7: