Caché 専用のシステム/ツールおよびユーティリティ
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 カスタマイズ
1.2 システムのリモート管理
1.3 移行と変換
Chapter 2: 
  2.1 各国言語サポートのシステム・クラスの使用法
2.1.1 %SYS.NLS のクラス
2.1.2 %SYS.NLS の使用例
2.1.3 Config.NLS クラス
2.1.4 Config.NLS の使用の例
2.1.5 %Library.GlobalEdit の使用によるグローバルの照合の設定
2.2 ^%ZSTART ルーチンと ^%ZSTOP ルーチンによる開始動作と停止動作のカスタマイズ
2.2.1 設計に関する考慮事項
2.2.2 %ZSTART および %ZSTOP を有効にする
2.2.3 ^%ZSTART および ^%ZSTOP のデバッグ
2.2.4 ^%ZSTART および ^%ZSTOP の削除
2.2.5 例
2.3 ^%ZLANG ルーチンによる言語の拡張
2.3.1 メモ
2.3.2 例
Chapter 3: 
  3.1 グローバルの高速コピーのための ^GBLOCKCOPY の使用法
3.1.1 ^GBLOCKCOPY の使用
3.1.2 ^GBLOCKCOPY の実行
3.2 スイッチの使用法
3.2.1 現在定義されているスイッチ
3.2.2 スイッチの操作法
3.2.3 失敗モード
3.3 Windows クライアントからの Caché の制御
3.3.1 CctrlGetDirs
3.3.2 CctrlConfigStatus
3.3.3 CctrlControl
3.3.4 CctrlRun
3.3.5 CctrlRunIO
3.4 文字ベースの管理ルーチン
3.4.1 ^SHADOW
3.4.2 ^LEGACYNETWORK
Chapter 4: 
  4.1 バッチ・モード
4.2 優先度
4.2.1 SetPrio() メソッド
4.2.2 ^%PRIO ユーティリティ
4.2.3 ジョブ起動プロセスの優先度
Chapter 5: 
  5.1 cvendian を使用したビッグ・エンディアン・システムとリトル・エンディアン・システム間の変換
5.1.1 ユーティリティの場所
5.1.2 変換プロセス
5.1.3 ユーティリティの構文
5.2 cdbmerge を使用して複数のデータベース・エクステントを 1 つのファイルにまとめる方法
5.3 FileMan ファイルから Caché クラスへの変換
5.3.1 FileMan マッピング・ユーティリティの概要
5.3.2 FileMan ウィザードへのアクセス
5.3.3 既定の設定の指定
5.3.4 FileMan ファイルのマッピング
5.3.5 プログラムによるアクセス
5.3.6 次の手順
5.3.7 メモ
5.3.8 高度なクエリ
5.4 CSP に変換される WebLink Developer タグ