Caché 専用のシステム/ツールおよびユーティリティ
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 カスタマイズ
  • 1.2 システムのリモート管理
  • 1.3 移行と変換
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 各国言語サポートのシステム・クラスの使用法
  • 2.1.1 %SYS.NLS のクラス
  • 2.1.2 %SYS.NLS の使用例
  • 2.1.3 Config.NLS クラス
  • 2.1.4 Config.NLS の使用の例
  • 2.1.5 %Library.GlobalEdit の使用によるグローバルの照合の設定
  • 2.2 ^%ZSTART ルーチンと ^%ZSTOP ルーチンによる開始動作と停止動作のカスタマイズ
  • 2.2.1 設計に関する考慮事項
  • 2.2.2 %ZSTART および %ZSTOP を有効にする
  • 2.2.3 ^%ZSTART および ^%ZSTOP のデバッグ
  • 2.2.4 ^%ZSTART および ^%ZSTOP の削除
  • 2.2.5 例
  • 2.3 ^%ZLANG ルーチンによる言語の拡張
  • 2.3.1 メモ
  • 2.3.2 例
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 グローバルの高速コピーのための ^GBLOCKCOPY の使用法
  • 3.1.1 ^GBLOCKCOPY の使用
  • 3.1.2 ^GBLOCKCOPY の実行
  • 3.2 スイッチの使用法
  • 3.2.1 現在定義されているスイッチ
  • 3.2.2 スイッチの操作法
  • 3.2.3 失敗モード
  • 3.3 Windows クライアントからの Caché の制御
  • 3.3.1 CctrlGetDirs
  • 3.3.2 CctrlConfigStatus
  • 3.3.3 CctrlControl
  • 3.3.4 CctrlRun
  • 3.3.5 CctrlRunIO
  • 3.4 文字ベースの管理ルーチン
  • 3.4.1 ^SHADOW
  • 3.4.2 ^LEGACYNETWORK
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 バッチ・モード
  • 4.1.1 バッチ・モードでのストリーム
  • 4.2 優先度
  • 4.2.1 SetPrio() メソッド
  • 4.2.2 ^%PRIO ユーティリティ
  • 4.2.3 ジョブ起動プロセスの優先度
  • 4.3 グローバル・バッファ・プール
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 cvendian を使用したビッグ・エンディアン・システムとリトル・エンディアン・システム間の変換
  • 5.1.1 ユーティリティのプラットフォームと場所
  • 5.1.2 変換プロセス
  • 5.1.3 ユーティリティの構文
  • 5.2 cdbmerge を使用して複数のデータベース・エクステントを 1 つのファイルにまとめる方法
  • 5.3 FileMan ファイルから Caché クラスへの変換
  • 5.3.1 FileMan マッピング・ユーティリティの概要
  • 5.3.2 FileMan ウィザードへのアクセス
  • 5.3.3 既定の設定の指定
  • 5.3.4 FileMan ファイルのマッピング
  • 5.3.5 プログラムによるアクセス
  • 5.3.6 次の手順
  • 5.3.7 メモ
  • 5.3.8 高度なクエリ
  • 5.4 CSP に変換される WebLink Developer タグ