Caché XML ツールの使用法
目次
 
   
サーバ:docs1
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 XML でのオブジェクト・データの表現
  • 1.2 任意の XML の作成
  • 1.3 データへのアクセス
  • 1.4 XML の変更
  • 1.5 SAX パーサ
  • 1.6 追加の XML ツール
  • 1.7 XML ツールを使用する場合の検討事項
  • 1.7.1 入出力の文字エンコード
  • 1.7.2 ドキュメント形式の選択
  • 1.7.3 パーサの動作
  • 1.8 Caché でサポートされる規格
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 XML ライターの作成の概要
  • 2.2 出力メソッドの作成
  • 2.2.1 メソッドの全体的な構造
  • 2.2.2 エラーのチェック
  • 2.2.3 コメント行の挿入
  • 2.2.4 例 1
  • 2.2.5 例 2
  • 2.2.6 インデント・オプションに関する詳細
  • 2.3 出力の文字セットの指定
  • 2.4 プロローグの記述
  • 2.4.1 プロローグに影響するプロパティ
  • 2.4.2 ドキュメント・タイプの定義の生成
  • 2.4.3 処理命令の記述
  • 2.5 既定のネームスペースの指定
  • 2.5.1 例
  • 2.6 ネームスペース宣言の追加
  • 2.6.1 既定の動作
  • 2.6.2 宣言の手動追加
  • 2.7 ルート要素の記述
  • 2.8 XML 要素の生成
  • 2.8.1 要素としてのオブジェクトの生成
  • 2.8.2 要素の手動作成
  • 2.8.3 %XML.Element の使用
  • 2.9 ネームスペース使用の制御
  • 2.9.1 ネームスペースの既定の処理
  • 2.9.2 ローカル要素が修飾されるかどうかの制御
  • 2.9.3 要素が親に対してローカルかどうかの制御
  • 2.9.4 属性が修飾されるかどうかの制御
  • 2.9.5 ネームスペースの割り当ての概要
  • 2.10 ネームスペース割り当ての外観の制御
  • 2.10.1 ネームスペースの割り当てを明示的と暗黙的のいずれで行うか
  • 2.10.2 ネームスペースのカスタム接頭語の指定
  • 2.11 空文字列 ("") のエクスポート方法の制御
  • 2.11.1 例 : RuntimeIgnoreNull が 0 (既定)
  • 2.11.2 例 : RuntimeIgnoreNull が 1
  • 2.12 タイプ情報のエクスポート
  • 2.13 SOAP でエンコードされた XML の生成
  • 2.13.1 インライン参照の作成
  • 2.14 エクスポート後のアンスウィズルの制御
  • 2.15 要素を閉じる形式の制御
  • 2.16 ライターのその他のオプション
  • 2.16.1 Canonicalize() メソッド
  • 2.16.2 Shallow プロパティ
  • 2.16.3 Summary プロパティ
  • 2.16.4 Base64LineBreaks プロパティ
  • 2.16.5 CycleCheck プロパティ
  • 2.17 その他の例 : 設定に選択肢があるライター
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 XML のエクスポートの概要
  • 3.2 単純な Caché XML サーバの作成
  • 3.2.1 この例の動作
  • 3.2.2 新規クラス・ウィザードで例を作成する
  • 3.3 CSP から XML としてオブジェクトを提供する
  • 3.3.1 XML サーバ・クラスの変更
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 XML リーダの作成の概要
  • 4.2 インポート・メソッドの作成
  • 4.2.1 メソッドの全体的な構造
  • 4.2.2 エラーのチェック
  • 4.2.3 基本的なインポートの例
  • 4.2.4 HTTPS URL のドキュメントへのアクセス
  • 4.3 必要な要素および属性のチェック
  • 4.4 予期しない要素および属性の処理
  • 4.5 空の要素および属性のインポート方法の制御
  • 4.5.1 例 : IgnoreNull が 0 (既定)
  • 4.5.2 例 : IgnoreNull が 1
  • 4.6 入力ドキュメントの前の部分のスキップ
  • 4.7 その他の便利なメソッド
  • 4.8 リーダ・プロパティ
  • 4.9 相互に関連付けられたオブジェクトをリーダが処理する方法の再定義
  • 4.9.1 %XML.Reader が XMLNew() を呼び出すとき
  • 4.9.2 例 1 : XML 対応クラス内の XMLNew() の変更
  • 4.9.3 例 2 : カスタム XML アダプタ内の XMLNew() の変更
  • 4.10 その他の例
  • 4.10.1 柔軟なリーダ・クラス
  • 4.10.2 文字列の読み取り
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 DOM として XML ドキュメントを開く
  • 5.1.1 例 1 : ファイルの DOM への変換
  • 5.1.2 例 2 : オブジェクトの DOM への変換
  • 5.2 DOM のネームスペースの取得
  • 5.3 DOM のノードのナビゲート
  • 5.3.1 子ノードまたは兄弟ノードへの移動
  • 5.3.2 親ノードへの移動
  • 5.3.3 特定のノードへの移動
  • 5.3.4 id 属性の使用
  • 5.4 DOM ノード・タイプ
  • 5.5 現在のノードについての情報の取得
  • 5.5.1 例
  • 5.6 属性の検証のための基本的なメソッド
  • 5.7 属性の検証のためのその他のメソッド
  • 5.7.1 属性名のみを使用するメソッド
  • 5.7.2 属性名とネームスペースを使用するメソッド
  • 5.8 DOM の作成または編集
  • 5.9 DOM からの XML 出力の記述
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 暗号化された XML ドキュメントについて
  • 6.2 暗号化された XML ドキュメントの作成
  • 6.2.1 暗号化の前提条件
  • 6.2.2 コンテナ・クラスの要件
  • 6.2.3 暗号化された XML ドキュメントの生成
  • 6.3 暗号化された XML ファイルの解読
  • 6.3.1 解読の前提条件
  • 6.3.2 ドキュメントの解読
  • チャプター7: 
     
  • 7.1 デジタル署名が行われたドキュメントについて
  • 7.2 デジタル署名が行われた XML ドキュメントの作成
  • 7.2.1 署名の前提条件
  • 7.2.2 XML 対応クラスの要件
  • 7.2.3 シグニチャの生成と追加
  • 7.3 デジタル・シグニチャの検証
  • 7.3.1 シグニチャの検証の前提条件
  • 7.3.2 シグニチャの検証
  • 7.4 バリエーション :ID を参照するデジタル・シグニチャ
  • チャプター8: 
     
  • 8.1 テキスト・リーダ・メソッドの作成
  • 8.1.1 全体構造
  • 8.1.2 例 1
  • 8.1.3 例 2
  • 8.2 ノード・タイプ
  • 8.3 ノード・プロパティ
  • 8.4 解析メソッドの引数リスト
  • 8.5 ドキュメントのナビゲート
  • 8.5.1 次のノードへの移動
  • 8.5.2 特定の要素の最初の出現箇所への移動
  • 8.5.3 属性への移動
  • 8.5.4 コンテンツを含む次のノードへの移動
  • 8.5.5 巻き戻し
  • 8.6 検証の実行
  • 8.7 例 : ネームスペースのレポート
  • チャプター9: 
     
  • 9.1 Caché における XPath 式の評価の概要
  • 9.2 XPATH ドキュメント作成時の引数リスト
  • 9.2.1 既定のネームスペースの接頭語のマッピングの追加
  • 9.3 XPath 式の評価
  • 9.4 XPath の結果の使用法
  • 9.4.1 XML サブツリーの検証
  • 9.4.2 スカラ結果の検証
  • 9.4.3 一般的なアプローチ
  • 9.5 例
  • 9.5.1 サブツリー結果を持つ XPath 式の評価
  • 9.5.2 スカラ結果を持つ XPath 式の評価
  • チャプター10: 
     
  • 10.1 Caché における XSLT 変換の実行の概要
  • 10.2 XSLT 2.0 ゲートウェイの構成、起動、および停止
  • 10.3 コンパイル済みスタイル・シートの作成
  • 10.4 XSLT 変換の実行
  • 10.5 例
  • 10.5.1 例 1 : 単純な置換
  • 10.5.2 例 2 : コンテンツの抽出
  • 10.5.3 その他の例
  • 10.6 エラー処理のカスタマイズ
  • 10.7 スタイル・シートで使用するためのパラメータの指定
  • 10.8 XSLT 拡張関数の追加と使用
  • 10.8.1 evaluate メソッドの実装
  • 10.8.2 スタイル・シートでの evaluate の使用
  • 10.9 XSL 変換ウィザードの使用
  • チャプター11: 
     
  • 11.1 Caché SAX パーサについて
  • 11.2 使用可能なパーサ・オプション
  • 11.3 パーサ・オプションの指定
  • 11.4 パーサ・フラグの設定
  • 11.5 イベント・マスクの指定
  • 11.5.1 基本的なフラグ
  • 11.5.2 便利な組み合わせフラグ
  • 11.5.3 1 つのマスクへのフラグの組み合わせ
  • 11.6 スキーマ・ドキュメントの指定
  • 11.7 エンティティの解析の無効化
  • 11.8 カスタム・エンティティの解析実行
  • 11.8.1 例 1
  • 11.8.2 例 2
  • 11.9 カスタム・コンテンツ・ハンドラの作成
  • 11.9.1 カスタム・コンテンツ・ハンドラの作成の概要
  • 11.9.2 カスタマイズ可能な SAX コンテンツ・ハンドラのメソッド
  • 11.9.3 SAX 解析メソッドの引数リスト
  • 11.9.4 SAX ハンドラの例
  • 11.10 HTTPS の使用
  • チャプター12: 
     
  • 12.1 ウィザードの使用法
  • 12.2 プログラムによるクラスの生成
  • 12.3 各 XSD タイプの既定の Caché データ型
  • 12.4 生成されたプロパティのプロパティ・キーワード
  • 12.5 生成されたプロパティのパラメータ
  • 12.6 生成されたクラスを長い文字列に合わせて調整する方法
  • チャプター13: 
     
  • 13.1 概要
  • 13.2 複数のクラスからのスキーマの構築
  • 13.3 スキーマの出力の生成
  • 13.4 例
  • 13.4.1 簡単な例
  • 13.4.2 より複雑なスキーマの例
  • チャプター14: 
     
     
    付録A: