オブジェクトの XML への投影
目次
 
   
サーバ:docs1
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 基礎編
  • 1.2 動作内容
  • 1.3 プロジェクション・オプション
  • 1.4 Caché における関連ツール
  • 1.5 XML ドキュメントに対して考えられるアプリケーション
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 Caché オブジェクトの XML への投影
  • 2.1.1 Web メソッドで使用されるオブジェクトの例外
  • 2.2 プロパティに XML へのプロジェクションがあることの確認
  • 2.2.1 配列のリストで定義されるプロパティ
  • 2.2.2 %ListOfDataTypes または %ArrayOfDataTypes のプロパティ
  • 2.2.3 %ListOfObjects タイプまたは %ArrayOfObjects タイプのプロパティ
  • 2.2.4 例外
  • 2.3 既定のプロジェクションの概要
  • 2.4 XML プロジェクションの例
  • 2.4.1 XML 対応クラスの例
  • 2.4.2 XML ドキュメントの例
  • 2.4.3 スキーマの例
  • 2.5 投影された XML ドキュメントのフォーマット・オプションの指定
  • 2.6 単純なプロパティのプロジェクションが持つ形式の制御
  • 2.6.1 XMLPROJECTION の基本的なバリエーション
  • 2.6.2 コンテンツとしてのプロパティの投影
  • 2.7 オブジェクト値プロパティのプロジェクションが持つ形式の制御
  • 2.7.1 オブジェクト値プロパティのプロジェクションが持つ形式の指定
  • 2.7.2 XMLSUMMARY の指定
  • 2.7.3 オブジェクト識別子のみの投影
  • 2.8 コレクション・プロパティのプロジェクションが持つ形式の制御
  • 2.8.1 リスト・プロパティのプロジェクションが持つ形式の指定
  • 2.8.2 配列プロパティのプロジェクションが持つ形式の指定
  • 2.9 リレーションシップのプロジェクションが持つ形式の制御
  • 2.9.1 リレーションシップの既定のプロジェクション
  • 2.9.2 代わりにリレーションシップの相手側を投影
  • 2.10 ストリーム・プロパティのプロジェクションが持つ形式の制御
  • 2.11 投影されるプロパティの可用性の制御
  • 2.12 プロジェクションの無効化
  • 2.13 %XML.Adaptor のメソッド
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 はじめに
  • 3.2 XML 特殊文字の処理
  • 3.2.1 例
  • 3.2.2 別のエスケープ回避方法
  • 3.3 UTC タイム・ゾーン・インジケータの処理
  • 3.4 DISPLAYLIST での値の投影
  • 3.5 インポートされたストリーム・プロパティの行末の制御
  • 3.6 既定の日付/時刻値の指定
  • 3.7 XML への印字不能文字の投影
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 空文字列および NULL 値の既定のプロジェクション
  • 4.2 値のエクスポート
  • 4.2.1 空要素の形式の制御
  • 4.2.2 XMLIGNORENULL、XMLNIL、および XMLUSEEMPTYELEMENT の詳細
  • 4.3 値のインポート
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 既定の XML タグ名
  • 5.2 最上位レベル要素として投影されたオブジェクトのタグの制御
  • 5.3 単純なプロパティのタグの制御
  • 5.4 リスト型プロパティのタグの制御
  • 5.5 配列型プロパティのタグの制御
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 概要
  • 6.1.1 ネームスペース更新処理
  • 6.1.2 XML のネームスペースとクラス
  • 6.1.3 ネームスペースとコンテキスト
  • 6.2 グローバル要素として扱われるオブジェクトのネームスペースの指定
  • 6.3 要素として投影されるプロパティのネームスペースの指定
  • 6.3.1 ケース 1 : プロパティがローカル要素として扱われる場合
  • 6.3.2 ケース 2 : プロパティがグローバル要素として扱われる場合
  • 6.4 属性として投影されるプロパティのネームスペースの指定
  • 6.5 ネームスペースのカスタム接頭語の指定
  • 6.6 推奨事項
  • チャプター7: 
     
  • 7.1 XML 対応クラスのスキーマの表示
  • 7.1.1 例
  • 7.2 データ型の XML タイプへの投影
  • 7.2.1 Caché データ型クラスの既定の XSD タイプ
  • 7.2.2 スキーマに影響するコンパイラ・キーワード
  • 7.2.3 XML スキーマに影響するパラメータ
  • 7.3 ストリーム・クラスの XML タイプへの投影
  • 7.4 コレクション・プロパティの XML タイプへの投影
  • 7.4.1 データ型のコレクションに対する要素タイプの指定
  • 7.4.2 オブジェクトのコレクションに対する要素タイプの指定
  • 7.5 その他の XML 対応クラスの XML タイプへの投影
  • 7.6 タイプのネームスペースの指定
  • 7.7 QName タイプのネームスペース接頭辞の抑制
  • チャプター8: 
     
  • 8.1 サブクラスのタイプの自動作成
  • 8.2 サブタイプの選択リストの作成
  • 8.2.1 選択リストでのサブクラスの制限
  • 8.2.2 明示的リストを含む選択リストの例
  • 8.2.3 XMLINCLUDEINGROUP=0 を含む選択リストの例
  • 8.3 サブタイプの置換グループの作成
  • 8.3.1 置換グループでのサブクラスの制限
  • 8.4 スーパークラスをタイプとして表示する方法
  • 8.5 複数の XML 対応スーパークラスに基づいたクラス
  • チャプター9: 
     
  • 9.1 要素を閉じる形式の制御
  • 9.2 複数の同名のタグを含む XML ドキュメントの処理
  • 9.3 エクスポート後のアンスウィズルの制御
  • 9.4 エクスポートでの Caché ID の投影
  • 9.5 エクスポート時のネームスペース接頭語の制御
  • 9.6 インポート時の予期しない要素および属性の処理
  •  
    付録A: