Zen アプリケーションの開発
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 CSP クラスとしての Zen クラス
1.2 Zen アプリケーションの構成
1.3 Zen アプリケーション・クラス
1.4 開発プロジェクトの例
Chapter 2: 
  2.1 Zen ページのコンテンツ
2.1.1 XML を使用したページ・コンテンツの静的な定義
2.1.2 表示前のページ・コンテンツの変更
2.1.3 表示後のページ・コンテンツの変更
2.2 クライアントおよびサーバの Zen メソッド
2.2.1 同期メソッドと非同期メソッド
2.2.2 メソッド引数および返りタイプとしてのコレクション
2.2.3 埋め込み HTML および JavaScript
2.2.4 サーバ側メソッドの自動データ型変換
2.3 サーバ側メソッド
2.3.1 ページ用のサーバ側コールバック・メソッド
2.3.2 ページ用のサーバ側メソッド
2.3.3 サーバでのバックグラウンド・タスクの実行
2.3.4 コンポーネントおよびページ用のサーバ側コールバック・メソッド
2.4 クライアント側メソッド
2.4.1 ページ用のクライアント側コールバック・メソッド
2.4.2 サーバ側メソッド実行時のクライアントへの通知
2.4.3 ページ用のクライアント側メソッド
2.4.4 コンポーネントおよびページ用のクライアント側コールバック・メソッド
2.4.5 コンポーネントおよびページ用のクライアント側メソッド
2.5 クライアントおよびサーバの Zen プロパティ
2.6 Zen ページ・クラスのパラメータ
2.7 Zen の特殊変数
2.7.1 %application
2.7.2 %page および zenPage
2.7.3 %this、this、および zenThis
2.7.4 %zenContext
2.8 クライアント側の関数、変数、およびオブジェクト
2.8.1 zen
2.8.2 zenEvent
2.8.3 zenGetProp
2.8.4 zenIndex
2.8.5 zenInvokeCallbackMethod
2.8.6 zenLaunchPopupWindow
2.8.7 zenLink
2.8.8 zenPage
2.8.9 zenSetProp
2.8.10 zenSynchronousMode
2.8.11 zenText
2.8.12 zenThis
2.9 Zen 実行時式
2.9.1 XML に記述する実行時式
2.9.2 実行時式と特殊変数
2.9.3 サーバ側メソッドに記述する実行時式
2.10 Zen プロキシ・オブジェクト
2.10.1 クライアントのプロキシ・オブジェクト
2.10.2 サーバへのプロキシ・オブジェクトの受け渡し
2.10.3 サーバのプロキシ・オブジェクト
2.10.4 クライアントへの値の受け渡し
2.10.5 プロキシ・オブジェクトの例
2.11 Zen の JSON コンポーネント
2.11.1 概要
2.11.2 JSON Provider のプロパティ
2.11.3 JSON Provider のメソッド
2.11.4 altJSONSQLProvider
2.12 Zen ページのイベント処理
2.13 Zen ページの URI パラメータ
2.14 Zen のレイアウト・ハンドラ
2.15 Zen ユーティリティ・メソッド
Chapter 3: 
  3.1 アプリケーションへのアクセスの制御
3.2 ページへのアクセスの制御
3.3 コンポーネントへのアクセスの制御
3.4 従来のアプリケーションのアクセス
Chapter 4: 
  4.1 CSP のローカライズ
4.1.1 ローカライズの実際
4.1.2 メッセージ・ディクショナリ
4.1.3 $$$Text マクロ
4.2 Zen のローカライズ
4.2.1 Zen コンポーネントのローカライズ
4.2.2 カスタム・コンポーネントのローカライズ
4.2.3 クライアント側のテキストのローカライズ
4.2.4 zenText を使用したローカライズ
Chapter 5: 
  5.1 複合コンポーネント
5.1.1 composite プロパティ
5.1.2 複合コンポーネントとペイン
5.2 コンポーネント・スタイルのオーバーライド
5.3 カスタム・コンポーネントの作成
5.3.1 カスタム・コンポーネント・クラスのパッケージ
5.3.2 カスタム・コンポーネント・クラスの XML ネームスペース
5.3.3 カスタム・コンポーネント・クラスのコンパイル順序
5.3.4 Zen コンポーネント・ウィザード
5.3.5 コンポーネントのベース・クラス
5.3.6 コンポーネントのクラス・パラメータ
5.4 カスタム・スタイル
5.4.1 XData SVGStyle
5.4.2 XData SVGDef
5.4.3 Zen のカラー定義
5.5 カスタム・プロパティ
5.5.1 名前付け規約
5.5.2 XML プロジェクション
5.5.3 setProperty メソッド
5.5.4 データ型のパラメータ
5.5.5 データ型クラス
5.6 %DrawHTML メソッド
5.6.1 %DrawHTML のヘルパー・メソッド
5.6.2 HTML 要素の識別
5.6.3 HTML 要素の検索
5.6.4 HTML 属性値の設定
5.6.5 HTML 要素へのイベント・ハンドラのアタッチ
5.6.6 動的なコンポーネントの HTML
5.7 カスタム・メソッド
5.7.1 %OnDrawEnclosingDiv
5.7.2 %OnDrawTitleOptions
5.7.3 データのドラッグ・アンド・ドロップ・メソッド
5.8 サンプル・コード
5.9 カスタム・メータの作成
Chapter 6: 
  6.1 アクティブ・グループを使用したレイアウトの管理
6.1.1 縦方向および横方向のアクティブ・グループ
6.1.2 均等にサイズを変更するアクティブ・グループ
6.1.3 3 分割の割合の計算
6.2 オブジェクトの動的な追加
6.3 <activeHGroup> および <activeVGroup>
6.4 <corkboard>
6.5 <desktop>
6.5.1 <desktop> 行スタイル
6.5.2 <desktop> 列スタイル
6.6 <snapGrid>
6.6.1 動的レイアウトと静的レイアウト
6.6.2 表示方向固有のレイアウト
6.7 <dragGroup>
Chapter 7: 
  7.1 クライアント側メニューの構築
7.1.1 ドロップダウン・メニュー
7.1.2 メニューの選択肢
7.1.3 ポップアップ・メニューまたはコンテキスト・メニュー
7.1.4 階層式メニュー
7.1.5 ボタン・バー
7.1.6 アイコン
7.2 <csMenuBar>
7.3 <csMenuBarItem>
7.4 <contextMenu>
7.5 <csMenuItem>
7.6 <csMenuSeparator>
7.7 <buttonBar>
7.8 <buttonBarItem>
Chapter 8: 
  8.1 カスタム・ドラッグ・アンド・ドロップ・メソッドの記述
8.1.1 ZLM.getDragData
8.1.2 ZLM.getDragDestination
8.1.3 ZLM.getDragInnerSource
8.1.4 ZLM.getDragInnerDestination
8.1.5 ZLM.getDragSource
8.1.6 ZLM.setDragAvatar
8.1.7 ZLM.setDragCaption
8.2 クライアント側コードのデバッグ
8.2.1 ZLM.showMsgConsole
8.2.2 ZLM.cerr
8.2.3 ZLM.dumpObj
8.2.4 ZLM.dumpDOMTreeGeometry
8.2.5 ZLM.dumpElementStyle