Caché コールアウト・ゲートウェイの使用法
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 コールアウト・ゲートウェイの概念および用語
  • 1.2 $ZF 関数の概要
  • 1.3 互換性のある言語とコンパイラ
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 $ZF(-1) を使用したシステム・コマンドの発行
  • 2.1.1 OpenVMS デバイス・パラメータの使用
  • 2.2 ZF(-2) を使用した同時子プロセスの作成
  • 2.3 %System_Callout:USE 特権の追加
  • 2.3.1 ユーザへのロールの割り当て
  • 2.3.2 新規ロールの作成
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 コールアウト・ライブラリの概要
  • 3.1.1 ZFEntry テーブルの作成
  • 3.2 ZFEntry リンク・オプション
  • 3.2.1 リンクの概要
  • 3.2.2 数値リンクの使用
  • 3.2.3 NULL で終了する文字列を C リンク・タイプで渡す
  • 3.2.4 計算文字列を B リンク・タイプで渡す
  • 3.2.5 Caché の長い文字列を J リンク・タイプで渡す
  • 3.2.6 $ZF ヒープの構成
  • 3.3 コールアウト・ライブラリの Runup 関数と Rundown 関数
  • 3.4 トラブルシューティング
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 コールアウト・ライブラリのインタフェース
  • 4.2 単純なライブラリ関数呼び出しでの $ZF(-3) の使用
  • 4.3 システム ID によるライブラリへのアクセスでの $ZF(-5) の使用
  • 4.4 ユーザ・インデックスによるライブラリへのアクセスでの $ZF(-6) の使用
  • 4.4.1 ライブラリ関数のカプセル化での $ZF(-6) インタフェースの使用
  • 4.4.2 テストでのプロセス・インデックスの使用
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 静的にリンクされたコールアウト関数の呼び出し
  • 5.2 Windows でのカスタム CACHE.EXE ファイルの作成
  • 5.3 UNIX®、Linux、または OS-X でのカスタム CACHE.EXE ファイルの作成
  • 5.4 OpenVMS でのカスタム CZF.EXE ファイルの作成
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 その他のコールアウト・シグナル処理
  • Chapter 7: 
     
  • 7.1 CZF.M64 の使用
  • 7.2 特権レベルを上げる ZFPRIV の使用
  • 7.3 71 システム・サービスでの V リンクの使用
  • 7.4 DSM に代わる $ZF 関数呼び出し
  • 7.4.1 $ZF 内部関数
  • Chapter 8: 
     
  • 8.1 静的にリンクされた関数の使用
  • 8.2 プログラムまたはシステム・コマンドの実行
  • 8.3 $ZF(-3) および $ZF(-5) : 名前でのライブラリへのアクセス
  • 8.4 $ZF(-6) : ユーザ・インデックスによるライブラリへのアクセス