DeepSee モデルの定義
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 DeepSee の目的
1.2 DeepSee モデルの概要
1.3 モデル開発プロセスの概要
1.4 DeepSee アーキテクトの概要
1.4.1 クラス・ビューワ
1.4.2 モデル・ビューワ
1.4.3 詳細領域
Chapter 2: 
  2.1 キューブの概要
2.1.1 キューブのソース・クラス
2.2 ディメンジョン、階層およびレベル
2.2.1 レベルとメンバ
2.2.2 メンバ名とキー
2.2.3 ソース値
2.2.4 階層およびディメンジョン
2.2.5 All レベルと All メンバ
2.2.6 リスト・ベースのレベル
2.2.7 関連項目
2.3 プロパティ
2.4 メジャー
2.5 リスト
2.6 計算メンバ
2.6.1 計算メジャー
2.6.2 非メジャーの計算メンバ
2.6.3 関連項目
2.7 サブジェクト領域
2.8 フィルタ
2.8.1 フィルタ・メカニズム
2.8.2 フィルタの使用
2.9 DeepSee におけるファクト・テーブルの構築および使用方法
2.9.1 ファクト・テーブルの構造
2.9.2 ファクト・テーブルへのデータ入力
2.9.3 ファクト・テーブルの使用法
2.10 DeepSee におけるリストの生成方法
Chapter 3: 
  3.1 ピボット・テーブルで使用できる項目
3.1.1 レコードをグループ化またはフィルタ処理する項目
3.1.2 メジャーのように動作する項目
3.1.3 プロパティ
3.1.4 アナライザで直接アクセスできない項目
3.2 計算メンバおよび計算メジャーで使用できる項目
3.3 利用可能なウィジェット・データ・ソースの比較
3.4 オプションの大まかなまとめ
Chapter 4: 
  4.1 ベース・テーブルの選択
4.2 ベース・テーブルの形式の選択
4.3 多数のレベルおよびメジャーの回避
4.4 メジャーの適切な定義
4.4.1 親テーブルに基づくメジャー
4.4.2 子テーブルに基づくメジャー
4.5 時間レベルの理解
4.6 階層の適切な定義
4.6.1 階層反転の結果について
4.6.2 時間階層
4.7 メンバ・キーおよび名前の適切な定義
4.7.1 重複メンバ・キーが生成される状況
4.7.2 重複メンバ名が生成される状況
4.8 過度な粒度レベルの回避
4.9 リスト・ベースのレベルの使用に関する注意
4.10 NULL 値の適切な処理
4.10.1 メジャーにおける NULL 値
4.10.2 レベルにおける NULL 値
4.11 使いやすさに関する考慮事項
4.11.1 ディメンジョン、階層およびレベルの表示に関する考慮事項
4.11.2 All メンバの使用に関する考慮事項
4.12 複数キューブの考慮事項
4.13 推奨事項
Chapter 5: 
  5.1 キューブの定義
5.1.1 キューブ・クラスの生成
5.1.2 キューブのベース・クラスの変更
5.2 キューブに使用可能なソース・クラス
5.3 他のキューブ・オプション
5.4 キューブへの項目の追加
5.5 モデル要素の名前
5.6 その他の共通オプション
5.7 キューブのコンパイルとビルド
5.8 アナライザでキューブを開く
5.9 キューブの削除
Chapter 6: 
  6.1 リコンパイルおよび再構築のタイミング
6.2 キューブのコンパイル
6.3 キューブの構築
6.4 プログラムによるキューブのビルド
6.5 開発におけるキューブ・サイズの最小化
6.6 キューブの構築時の並行処理の使用法
6.6.1 エージェント数の指定
6.7 構築エラー
6.7.1 構築エラーの確認
6.7.2 ファクト数の確認
6.7.3 考えられる構築エラーの原因
6.7.4 構築エラーからの回復
6.8 DeepSee タスク・ログ
Chapter 7: 
  7.1 概要
7.2 新規ディメンジョン、階層およびレベルの作成
7.3 階層およびレベルの追加
7.4 レベルの追加
7.5 ディメンジョンまたはレベルのソース値の定義
7.5.1 データ・コネクタを使用する場合のソース値の指定
7.6 ソース式の詳細
7.6.1 条件リストの使用
7.6.2 Ensemble ビジネス・ルールの使用
7.7 キューブ内のディメンジョンの順序の変更
7.8 階層内のレベルの順序の変更
7.9 レベルの検証
Chapter 8: 
  8.1 メンバ・キーの一意性の保証
8.2 レベルに対するヌル置換文字列の指定
8.3 リスト・ベースのレベルの定義
8.3.1 ソース値が標準形式の場合のレベルの定義
8.3.2 ソース値が他の形式の場合のレベルの定義
8.3.3 例
8.4 時間レベルの定義
8.4.1 概要
8.4.2 時間レベルの定義
8.4.3 時間レベルおよび階層
8.4.4 日付オフセットがあるカレンダーの処理
8.4.5 例
8.5 カスタム時間レベルの定義
8.5.1 例
8.6 年齢レベルの定義
8.7 範囲式の指定
8.7.1 数値ビンの定義
8.7.2 文字列置換の定義
8.7.3 例
8.8 表示値を使用するためのレベルの構成
8.8.1 例
8.9 プロパティ値をメンバ名として使用する方法
8.9.1 例
8.10 メンバのツールのヒントの指定
8.11 メンバの並べ替え順序の指定
8.11.1 データ・レベルの場合
8.11.2 時間レベルの場合
8.12 メンバ名をローカライズ可能にする
8.13 異なる階層に含まれるレベル間での依存関係の定義
8.13.1 例
8.14 ファクト・テーブル内のフィールド名の指定
Chapter 9: 
  9.1 プロパティの追加
9.1.1 リスト・ベースのレベルのプロパティの定義
9.1.2 形式文字列の指定
9.2 実行時のプロパティの値の取得
9.3 レベル内のプロパティの順序の変更
9.4 ディメンジョン・テーブル内の列名の指定
9.5 プロパティの特殊な用途
Chapter 10: 
  10.1 メジャーの追加
10.2 メジャーのデータ型の指定
10.3 メジャー集約方法の指定
10.4 検索可能なメジャーの指定
10.5 形式文字列の指定
10.5.1 [形式文字列] フィールド
10.5.2 色の部分
10.6 日付メジャーの形式文字列の指定
10.7 キューブ内のメジャーの順序の変更
10.8 ファクト・テーブル内のフィールド名の指定
10.9 リストの追加フィルタの指定
10.9.1 例
Chapter 11: 
  11.1 リストの追加
11.2 単純なリストの定義
11.2.1 追加のオプション
11.3 データ・コネクタ・リストの定義
11.4 SQL カスタム・リストの定義
11.5 マップ・リスト (地理リスト) の定義
Chapter 12: 
  12.1 ユーザ定義のカスタム・リストについて
12.2 リスト・フィールドの作成
Chapter 13: 
  13.1 計算メジャーの定義
13.2 計算メジャーの MDX レシピ
13.2.1 他のメジャーに基づくメジャー
13.2.2 ピボット変数を乗数として使用するメジャー
13.2.3 集約値のパーセンテージ
13.2.4 個別のメンバ数
13.2.5 準加法メジャー
13.2.6 フィルタ処理メジャー
13.2.7 KPI またはプラグインを使用するメジャー
13.3 計算メンバ (メジャー以外) の定義
13.4 メジャー以外の計算メンバの MDX レシピ
13.4.1 年齢メンバの定義
13.4.2 メンバの集約
13.4.3 日付範囲の集約
13.4.4 条件リストにより定義されるメンバの集約の定義
13.4.5 複数のディメンジョンに対してフィルタ処理するメンバの定義
13.5 計算メジャーのリストの追加フィルタの指定
Chapter 14: 
 
Chapter 15: 
  15.1 アーキテクトのサブジェクト領域の概要
15.1.1 モデル・ビューワ
15.1.2 詳細領域
15.2 サブジェクト領域の定義
15.3 サブジェクト領域のフィルタ処理
15.3.1 アナライザでのフィルタの構築とモデルへのコピー
15.3.2 フィルタ式の作成
15.4 その他のサブジェクト領域オプションの指定
15.5 サブジェクト領域への項目の追加
15.6 メジャーのオーバーライドの定義
15.7 ディメンジョン、階層またはレベルのオーバーライドの定義
15.8 リストの再定義または新規リストの追加
15.9 サブジェクト領域のコンパイル
Chapter 16: 
  16.1 リスト・グループの概要
16.2 リスト・グループ・マネージャへのアクセス
16.3 リスト・グループの追加
16.3.1 リスト・グループの詳細情報の変更
16.4 リスト・グループの表示
16.5 リスト・グループへのリストの追加
16.6 リストの変更
16.7 リスト・グループからのリストの削除
16.8 リスト・グループのコンパイル
16.8.1 考えられるコンパイル・エラー
16.9 リスト・グループの削除
 
Appendix A: 
  A.1 キューブ・クラスの要件
A.2 キューブの共通属性
A.3 <cube>
A.4 <measure>
A.4.1 %COUNT メジャー
A.4.2 Measures ディメンジョン
A.4.3 formatString の詳細
A.5 <dimension>
A.6 <hierarchy>
A.7 <level>
A.7.1 他のテーブルへのリンク
A.7.2 日付オフセットの指定
A.7.3 基本的な範囲式の定義
A.7.4 複数範囲式の圧縮の定義
A.8 <member>
A.9 <property>
A.9.1 内部プロパティ
A.10 <listing>
A.11 <listingField>
A.12 <calculatedMember>
A.13 <namedSet>
A.14 <relationship>
A.15 <expression>
A.16 <index>
Appendix B: 
  B.1 サブジェクト領域クラスの要件
B.2 サブジェクト領域の共通属性
B.3 <subjectArea>
B.3.1 サブジェクト領域のフィルタ処理
B.4 <measure>
B.5 <dimension>
B.6 <hierarchy>
B.7 <level>
B.8 <listing>
B.9 <calculatedMember>
B.10 <namedSet>
Appendix C: 
  C.1 ファクト・テーブル
C.1.1 フィールド名
C.1.2 ファクト・テーブルにおけるソース・プロパティの再使用
C.2 ディメンジョン・テーブル
C.2.1 ディメンジョン・テーブルの名前
C.2.2 ディメンジョン・テーブル内の列