Ensemble での SQL アダプタの使用法
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 基本のツール
  • 1.2 ヘルパ・クラス
  • 1.3 一般的な使用法
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 全般的な動作
  • 2.2 アダプタを使用するビジネス・サービスの作成
  • 2.3 OnProcessInput() メソッドの実装
  • 2.4 デフォルトのスナップショット・オブジェクトの使用法
  • 2.5 アダプタの初期化
  • 2.5.1 永続値の初期化
  • 2.5.2 例
  • 2.6 ビジネス・サービスの追加と構成
  • 2.7 データ・ソース名の指定
  • 2.8 受信クエリの指定
  • 2.8.1 クエリの指定
  • 2.8.2 パラメータの指定
  • 2.9 新規行のみの処理
  • 2.9.1 利用可能なツール
  • 2.9.2 行を再処理しないための実用的な方法
  • 2.10 行の再処理
  • 2.11 クエリ設定の使用例
  • 2.11.1 例 1 : KeyFieldName の使用
  • 2.11.2 例 2 : &%LastKey または %LastKey の使用
  • 2.11.3 例 3 : DeleteQuery の使用
  • 2.11.4 例 4 : 複合キーの使用
  • 2.11.5 例 5 : KeyFieldName の指定なし
  • 2.12 その他の実行時設定の指定
  • 2.13 受信アダプタで以前に処理された行のリセット
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 デフォルトの動作
  • 3.2 アダプタを使用するビジネス・オペレーションの作成
  • 3.3 SQL オペレーションを実行するメソッドの作成
  • 3.4 1 件のメッセージによる複数の SQL 文の処理
  • 3.5 ビジネス・オペレーションの追加と構成
  • 3.5.1 データ・ソース名の指定
  • 3.5.2 その他の実行時設定の指定
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 概要および状況
  • 4.2 パラメータの使用
  • 4.2.1 パラメータ属性
  • 4.2.2 Caché の多次元配列でのパラメータの指定
  • 4.3 クエリの実行
  • 4.3.1 モードの使用
  • 4.3.2 メソッドの構文
  • 4.3.3 例
  • 4.4 更新、挿入、および削除の実行
  • 4.4.1 例
  • 4.4.2 ExecuteUpdateParmArray の使用例
  • 4.5 ストアド・プロシージャの実行
  • 4.5.1 例
  • 4.6 ステートメント属性の指定
  • 4.7 トランザクションの管理
  • 4.8 データベース接続の管理
  • 4.8.1 プロパティ
  • 4.8.2 メソッド
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 結果セットの作成と初期化
  • 5.2 結果セットの基本情報の取得
  • 5.3 結果セットのナビゲート
  • 5.4 結果セットの現在行の調査
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 スナップショットの作成
  • 6.1.1 ライブ接続からのスナップショットの作成
  • 6.1.2 静的データからのスナップショットの作成
  • 6.1.3 スナップショットの手動作成
  • 6.2 スナップショットの基本情報の取得
  • 6.3 スナップショットのナビゲート
  • 6.4 スナップショットの現在行の調査
  • 6.5 スナップショットのリセット