Ensemble XML 仮想ドキュメント開発ガイド
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
Chapter 2: 
  2.1 XML スキーマ構造ページの使用法
2.2 XML ドキュメント・ビューワ・ページの使用法
2.3 XML スキーマのプログラムによるインポート
2.4 XML クラス
Chapter 3: 
  3.1 Ensemble への XML スキーマのロード
3.2 受信 XML を仮想ドキュメントとして処理するためのビジネス・サービスの追加
3.3 XML 仮想ドキュメントを処理するためのビジネス・プロセスの追加
3.4 XML 仮想ドキュメントを処理するためのビジネス・オペレーションの追加
Chapter 4: 
  4.1 XML 仮想ドキュメントの仮想プロパティ・パスの手引き
4.1.1 スキーマ依存パスの基本構文
4.1.2 DOM スタイル・パスの基本構文
4.2 XML 仮想ドキュメントのパス・ユニットの表示
4.3 スキーマ依存パスの冗長な内部要素
4.4 繰り返しフィールド
4.5 重複名
4.6 Choice 構造
4.7 参照によって追加されたグループ
Chapter 5: 
  5.1 XML 要素の内容の取得または設定
5.2 XML 属性の値の取得または設定
5.3 コメントと説明
5.4 パス設定時の混合コンテンツの使用
5.5 繰り返し要素の特殊なバリエーション
5.5.1 繰り返し要素を通した繰り返し
5.5.2 要素のカウント
5.6 ターミナルでのスキーマ依存パスのテスト
Chapter 6: 
  6.1 ノードの取得または設定 (基本的なパス)
6.2 パス設定時の混合コンテンツの使用
6.3 基本的なパス修飾子の使用
6.4 Full() 関数の使用
6.5 XML 属性の値の取得または設定
6.6 ノードを挿入または追加するためのパス修飾子の使用
6.7 element() 関数の使用
6.8 要素の位置の取得
6.9 要素の数の取得
6.10 その他のメタデータへのアクセス
6.11 パス修飾子のサマリ
6.12 ネームスペースを使用するドキュメントのバリエーション
6.13 ターミナルでの DOM スタイル・パスのテスト
Chapter 7: 
  7.1 データ変換の作成
7.2 XML 仮想ドキュメントの使用可能な割り当てアクション
7.3 コードの使用
7.3.1 pFormat 引数
7.4 例 1 :ソース・ドキュメントの大部分をコピーする
7.5 例 2 :ソース・ドキュメントのいくつかの部分のみを使用する
7.6 例 3 :code および SetValueAt() を使用する
Chapter 8: 
  8.1 ルール・セットの作成
8.2 例
Chapter 9: 
  9.1 概要
9.2 例
Chapter 10: 
 
 
Reference A: 
  XML ビジネス・サービスに関する設定 — XML 仮想ドキュメント・ビジネス・サービスの設定に関する参照情報を提供します。
XML ビジネス・オペレーションに関する設定 — XML 仮想ドキュメント・ビジネス・オペレーションの設定に関する参照情報を提供します。