Caché グローバルの使用法
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 特徴
  • 1.2 例
  • 1.3 アプリケーションの使用法
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 グローバルの論理構造
  • 2.1.1 グローバルの名前付け規約と制限
  • 2.1.2 グローバル・ノードと添え字の概要
  • 2.1.3 グローバル添え字
  • 2.1.4 グローバル・ノード
  • 2.1.5 グローバルの照合
  • 2.2 グローバル参照の最大長
  • 2.3 グローバルの物理構造
  • 2.3.1 グローバルの格納法
  • 2.4 グローバルの参照
  • 2.4.1 グローバル・マッピングの設定
  • 2.4.2 拡張グローバル参照
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 グローバルへのデータ格納
  • 3.1.1 グローバルの生成
  • 3.1.2 グローバル・ノードに格納するデータ
  • 3.1.3 グローバル・ノードへの構造化されたデータ格納
  • 3.2 グローバル・ノードの削除
  • 3.3 グローバル・ノードの存在有無のテスト
  • 3.4 グローバル・ノード値の検索
  • 3.4.1 $GET 関数
  • 3.4.2 WRITE コマンド、ZWRITE コマンド、ZZDUMP コマンド
  • 3.5 グローバル内のデータ走査
  • 3.5.1 $ORDER (Next / Previous) 関数
  • 3.5.2 グローバルの反復
  • 3.5.3 $QUERY 関数
  • 3.6 グローバル内でのデータのコピー
  • 3.7 グローバルでの共有カウンタ保持
  • 3.8 一時グローバルの使用法
  • 3.9 グローバルでのデータのソート
  • 3.9.1 グローバル・ノードの照合
  • 3.9.2 数値添え字と文字列値添え字
  • 3.9.3 $SORTBEGIN 関数と $SORTEND 関数
  • 3.10 グローバルを使用した間接演算の使用法
  • 3.11 トランザクション管理
  • 3.11.1 ロックとトランザクション
  • 3.11.2 入れ子にされた TSTART の呼び出し
  • 3.12 並行処理の管理
  • 3.13 最新のグローバル参照のチェック
  • 3.13.1 ネイキッド・グローバル参照
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 データ
  • 4.1.1 既定構造
  • 4.1.2 IDKEY
  • 4.1.3 サブクラス
  • 4.1.4 親子リレーションシップ
  • 4.1.5 埋め込みオブジェクト
  • 4.1.6 ストリーム
  • 4.2 インデックス
  • 4.2.1 標準インデックスのストレージ構造
  • 4.3 ビットマップ・インデックス
  • 4.3.1 ビットマップ・インデックスの論理処理
  • 4.3.2 ビットマップ・インデックスのストレージ構造
  • 4.3.3 ビットマップ・インデックスの直接アクセス
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 一般的なアドバイス
  • 5.2 グローバル・ページの概要
  • 5.3 グローバル・データの表示
  • 5.4 グローバルの編集
  • 5.5 グローバル内の値の検索
  • 5.5.1 大規模な置換の実行
  • 5.6 グローバルのエクスポート
  • 5.7 グローバルのインポート
  • 5.8 グローバルの削除
  • 5.9 管理タスク用 API