Caché 高可用性ガイド
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 フェイルオーバー方法なし
1.2 フェイルオーバー・クラスタ
1.3 仮想化 HA
1.4 Caché ミラーリング
1.5 フェイルオーバーを伴う ECP の使用
Chapter 2: 
  2.1 高可用性の ECP アーキテクチャ
2.2 ECP のリカバリおよびフェイルオーバー
Chapter 3: 
  3.1 ミラーリングのアーキテクチャおよび計画
3.1.1 ミラー・コンポーネント
3.1.2 ミラー同期
3.1.3 自動フェイルオーバーのメカニズム
3.1.4 自動フェイルオーバーの阻止
3.1.5 ミラーリング通信
3.1.6 ミラーリング・アーキテクチャとネットワーク構成のサンプル
3.1.7 フェイルオーバーまたは災害復旧後のアプリケーション接続のリダイレクト
3.1.8 仮想環境でのミラーリング
3.1.9 バックアップ・フェイルオーバー・メンバへのアクセスの制限
3.1.10 単一ホストへの複数のミラー・メンバのインストール
3.2 ミラーリングの構成
3.2.1 ミラー構成のガイドライン
3.2.2 アービターのインストール
3.2.3 ISCAgent の起動
3.2.4 SSL/TLS セキュリティを使用したミラー通信の保護
3.2.5 ^MIRROR ルーチンの使用法
3.2.6 ミラーの作成
3.2.7 ミラーへのデータベースの追加
3.2.8 ミラー・メンバの編集または削除
3.2.9 ミラー内ジャーナル暗号の有効化
3.2.10 ミラーへの ECP 接続の構成
3.2.11 ミラー仮想 IP (VIP) の構成
3.2.12 ISCAgent の構成
3.2.13 サービス品質 (QoS) タイムアウトの構成
3.2.14 並列デジャーナリングの構成
3.2.15 ^ZMIRROR ルーチンの使用法
3.2.16 ミラーへのシャドウの変換
3.3 ミラーリングの管理
3.3.1 ミラーの監視
3.3.2 ミラー・メンバのネットワーク・アドレスの更新
3.3.3 X.509 DN 更新の承認 (SSL/TLS のみ)
3.3.4 DR 非同期メンバのフェイルオーバー・メンバへの昇格
3.3.5 ミラー・メンバの再構築
3.3.6 バックアップおよび非同期メンバのミラーリングの停止
3.3.7 データベース・デジャーナリングの管理
3.3.8 一般的なミラーリングに関する考慮事項
3.3.9 ミラーリングにおけるデータベースの考慮事項
3.3.10 ミラーリングにおける Ensemble の考慮事項
3.4 ミラー停止の手順
3.4.1 計画的停止の手順
3.4.2 計画外停止の手順
3.4.3 災害復旧の手順
 
Appendix A: 
  A.1 ハードウェア構成
A.2 Red Hat Linux および Red Hat Linux HA のソフトウェア
A.2.1 Red Hat Linux
A.2.2 Red Hat Enterprise Linux HA
A.3 <cache /> リソースのインストールおよび使用法
A.3.1 cache.sh スクリプトのインストール
A.3.2 cluster.rng スクリプトへのパッチ
A.3.3 <cache /> リソースの使用法
A.4 クラスタへの Caché のインストール
A.4.1 単一 Caché インスタンスのインストール
A.4.2 複数 Caché インスタンスのインストール
A.5 アプリケーションおよびその他の考慮事項
A.6 テストおよびメンテナンス
A.6.1 障害のテスト
A.6.2 ソフトウェアおよびファームウェアの更新
A.6.3 ログの監視
Appendix B: 
  B.1 ハードウェア構成
B.2 Red Hat Enterprise Linux HA の構成
B.2.1 Red Hat Enterprise Linux
B.2.2 Red Hat Enterprise Linux 高可用性アドオン
B.3 Caché OCF ベースのリソース・エージェントのインストール
B.4 クラスタへの Caché のインストール
B.4.1 単一 Caché インスタンスのインストール
B.4.2 複数 Caché インスタンスのインストール
B.5 Caché リソースのパラメータの理解
B.6 アプリケーションの考慮事項
B.7 テストおよびメンテナンス
B.7.1 障害のテスト
B.7.2 ソフトウェアおよびファームウェアの更新
B.7.3 ログの監視
Appendix C: 
  C.1 ハードウェア構成
C.2 IBM PowerHA SystemMirror の構成
C.3 クラスタへの Caché のインストール
C.3.1 クラスタへの単一 Caché インスタンスのインストール
C.3.2 クラスタへの複数 Caché インスタンスのインストール
C.3.3 アプリケーション・コントローラ とモニタ
C.3.4 アプリケーションの考慮事項
C.4 テストおよびメンテナンス
Appendix D: 
  D.1 ハードウェア構成
D.2 HP-UX および HP Serviceguard の構成
D.3 クラスタへの Caché のインストール
D.3.1 クラスタへの単一 Caché インスタンスのインストール
D.3.2 クラスタへの複数 Caché インスタンスのインストール
D.3.3 特別な考慮事項
D.4 テストおよびメンテナンス
Appendix E: 
  E.1 ハードウェア構成
E.2 Linux および Veritas Cluster Server
E.2.1 Linux
E.2.2 Veritas Cluster Server
E.3 VCS Caché エージェントのインストール
E.4 クラスタへの Caché のインストール
E.4.1 単一 Caché インスタンスのインストール
E.4.2 複数 Caché インスタンスのインストール
E.4.3 VCS Caché エージェントのオプションの理解
E.5 アプリケーションの考慮事項
E.6 テストおよびメンテナンス
E.6.1 障害のテスト
E.6.2 ソフトウェアおよびファームウェアの更新
E.6.3 ログの監視
Appendix F: 
  F.1 Caché フェイルオーバー・クラスタの例
F.1.1 シングル・フェイルオーバー・クラスタの例
F.1.2 マルチ・フェイルオーバー・クラスタの例
F.2 Caché フェイルオーバー・クラスタの作成
F.2.1 共有 IP アドレスおよびストレージを使用したクラスタ・サービスの作成
F.2.2 Caché のインストール
F.2.3 Caché リソースの作成
F.3 CSP ゲートウェイの考慮事項