Caché での JSON の使用
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 Caché JSON の機能の実用例
1.2 ダイナミック・エンティティ・メソッドの概要
Chapter 2: 
  2.1 JSON リテラル・コンストラクタの使用
2.2 ダイナミック式とドット構文の使用
2.3 %Set()、%Get()、および %Remove() の使用
2.4 メソッドの連鎖
2.5 エラー処理
2.6 ダイナミック・エンティティと JSON の間の変換
2.6.1 大きいダイナミック・エンティティからストリームへのシリアル化
Chapter 3: 
  3.1 %GetNext() を使用したダイナミック・エンティティの反復処理
3.2 スパース配列と未割り当て値の理解
3.2.1 %Size() を使用したスパース配列の反復処理
3.2.2 %IsDefined() を使用した有効値の有無の確認
3.3 動的配列での %Push と %Pop の使用
Chapter 4: 
  4.1 %GetTypeOf() を使用した値のデータ型の検出
4.2 %Set() または %Push() を使用したデフォルトデータ型のオーバーライド
4.3 JSON の NULL 値とブーリアン値の解決
4.4 NULL、空の文字列、および未割り当て値の解決
Chapter 5: 
  5.1 メソッドの詳細