Caché での JSON の使用
ダイナミック・エンティティ・メソッドのクイック・リファレンス
[Home] [Back] 
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

このセクションでは、使用可能な各ダイナミック・エンティティ・メソッドの概要とリファレンス情報を記載しています。ダイナミック・エンティティは、%Library.DynamicObject または %Library.DynamicArray のインスタンスです。これらのクラスは両方とも %Library.DynamicAbstractObject を継承します。この章の各リストには、適切なオンラインのクラス・リファレンス・ドキュメントへのリンクが含まれています。

メソッドの詳細
このセクションでは、すべての使用可能なダイナミック・エンティティ・メソッドを列挙して、各メソッドについて簡単に説明して、詳細情報へのリンクを提供します。すべてのメソッドはオブジェクトと配列の両方に使用できますが、例外として、%Push()%Pop() は配列専用です。
%FromJSON()
指定された JSON ソースを解析して、解析された JSON が格納されたデータ型 %DynamicAbstractObject のオブジェクトを返します。解析時にエラーが発生した場合は、例外がスローされます。詳細と例は、ダイナミック・エンティティと JSON の間の変換 を参照してください。
   classmethod %FromJSON(str) as %DynamicAbstractObject
パラメータ :
関連項目 : "%ToJSON()"、"大きいダイナミック・エンティティからストリームへのシリアル化"
クラス・リファレンス%DynamicAbstractObject.%FromJSON()
%Get()
指定された有効なオブジェクト・キーまたは配列インデックスを受け取って、対応する値を返します。その値が存在しない場合は、NULL 文字列の "" が返されます。詳細と例は、%Set()、%Get()、および %Remove() の使用 を参照してください。
   method %Get(key) as %CacheString
パラメータ :
関連項目 : "%Set()"、"%Remove()"、"%Pop()"
クラス・リファレンス%DynamicObject.%Get()%DynamicArray.%Get()
%GetIterator()
%Iterator オブジェクトを返して、ダイナミック・エンティティのすべてのメンバの反復処理を可能にします。詳細と例は、%GetNext() を使用したダイナミック・エンティティの反復処理 を参照してください。
   method %GetIterator() as %Iterator.AbstractIterator
関連項目 : "%GetNext()"
クラス・リファレンス%DynamicObject.%GetIterator()%DynamicArray.%GetIterator()%Iterator.Object%Iterator.Array
%GetNext()
これは、%GetIterator() によって返される %Iterator オブジェクトのメソッドです。反復子を進めて、反復子の位置が有効な要素の場合は true を返し、反復子が最終要素を越えている場合は false を返します。key 引数と value 引数は、現在の反復子位置にある有効な要素の値を返します。詳細と例は、%GetNext() を使用したダイナミック・エンティティの反復処理 を参照してください。
   method getNext(Output key, Output value) as %Integer
パラメータ :
関連項目 : "%GetIterator()"
クラス・リファレンス%Iterator.Object.%GetNext()%Iterator.Array.%GetNext()
%GetTypeOf()
有効なオブジェクト・キーまたは配列インデックスが指定されると、値のデータ型を示す文字列を返します。詳細と例は、データ型を使用した作業 を参照してください。
   method %GetTypeOf(key) as %String
パラメータ :
返り値 :
以下のいずれかの文字列が返されます。
関連項目 : "%IsDefined()"
クラス・リファレンス%DynamicAbstractObject.%GetTypeOf()
%IsDefined()
key で指定された項目がオブジェクト内で定義されているかどうかをテストします。項目が割り当てられていない場合や存在しない場合は、False を返します。詳細と例は、%IsDefined() を使用した有効値の有無の確認 を参照してください。
   method %IsDefined(key) as %Boolean
パラメータ :
関連項目 : "NULL、空の文字列、および未割り当て値の解決"
クラス・リファレンス%DynamicObject.%IsDefined()%DynamicArray.%IsDefined()
%Pop()
配列の最終メンバの値を返します。その後、この値は配列から削除されます。配列が既に空である場合は、このメソッドは空の文字列 ("") を返します。詳細と例は、動的配列での %Push と %Pop の使用 を参照してください。
   method %Pop() as %CacheString
関連項目 : "%Push()"、"%Get()"、"%Remove()"、"NULL、空の文字列、および未割り当て値の解決"
クラス・リファレンス%DynamicArray.%Pop()
%Push()
指定された新しい値を現在の配列の末尾に追加して、配列の長さを拡大します。現在の変更後の配列を参照する oref を返して、%Push() の呼び出しを連鎖可能にします。詳細と例は、動的配列での %Push と %Pop の使用 を参照してください。
   method %Push(value, type) as %DynamicAbstractObject
パラメータ :
関連項目 : "%Pop()"、"%Set()"、"%Set() または %Push() を使用したデフォルトデータ型のオーバーライド"、"メソッドの連鎖"
クラス・リファレンス%DynamicArray.%Push()
%Remove()
指定された要素をダイナミック・オブジェクトまたは動的配列から削除して、その削除された要素の値を返します。その要素の値が埋め込みダイナミック・オブジェクトまたは埋め込み動的配列である場合は、すべての従属ノードも削除されます。動的配列の場合は、削除された要素の後続要素すべてについて、添え字位置の値が 1 だけ小さくなります。詳細と例は、%Set()、%Get()、および %Remove() の使用 を参照してください。
   method %Remove(key) as %DynamicAbstractObject
パラメータ :
関連項目 : "%Set()"、"%Get()"、"%Pop()"
クラス・リファレンス%DynamicObject.%Remove()%DynamicArray.%Remove()
%Set()
新しい値を作成するか、既存の値を更新します。変更された配列の参照を返して、%Set() の呼び出しを入れ子にすることを可能にします。詳細と例は、%Set()、%Get()、および %Remove() の使用 を参照してください。
   method %Set(key, value, type) as %DynamicAbstractObject
パラメータ :
関連項目 : "%Get()"、"%Remove()"、"%Push()"、"%Set() または %Push() を使用したデフォルトデータ型のオーバーライド"、"メソッドの連鎖"
クラス・リファレンス%DynamicObject.%Set()%DynamicArray.%Set()
%Size()
ダイナミック・オブジェクトまたは動的配列のサイズを示す整数を返します。配列の場合は、このサイズには配列内の未割り当て要素も含まれます。オブジェクトの場合は、このサイズには値が割り当てられている要素のみが含まれます。詳細と例は、%Size() を使用したスパース配列の反復処理 を参照してください。
   method %Size() as %Integer
関連項目 : "%GetNext()"
クラス・リファレンス%DynamicAbstractObject.%Size()
%ToJSON()
%DynamicAbstractObject. のインスタンスを JSON 文字列に変換します。詳細と例は、ダイナミック・エンティティと JSON の間の変換 を参照してください。
   method %ToJSON(outstrm As %Stream.Object) as %String
パラメータ :
関連項目 : "%FromJSON()"
クラス・リファレンス%DynamicAbstractObject.%ToJSON()