Caché オブジェクトの使用法
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 Caché オブジェクト・アーキテクチャ
  • 1.2 クラス定義とクラス・ディクショナリ
  • 1.2.1 クラス定義の作成
  • 1.2.2 クラス・ディクショナリ
  • 1.3 Caché クラス・ライブラリ
  • 1.4 開発ツール
  • 1.4.1 Caché スタジオ
  • 1.4.2 SQL ベースの開発
  • 1.4.3 XML ベースの開発
  • 1.5 ユーザ・インタフェース開発およびクライアント接続
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 用語の概要
  • 2.2 クラスの種類
  • 2.2.1 オブジェクト・クラス
  • 2.2.2 データ型クラス
  • 2.3 クラス・メンバの種類
  • 2.3.1 プロパティの種類
  • 2.4 クラスの定義法:基本
  • 2.4.1 スーパークラスの選択
  • 2.4.2 インクルード・ファイル
  • 2.4.3 クラス・キーワードの指定
  • 2.4.4 クラス・パラメータの定義法の概要
  • 2.4.5 プロパティの定義法の概要
  • 2.4.6 メソッドの定義法の概要
  • 2.5 名前付け規約
  • 2.5.1 クラス名とクラス・メンバ名の規則
  • 2.5.2 クラス名
  • 2.5.3 クラス・メンバ名
  • 2.6 継承
  • 2.6.1 サブクラスの使用
  • 2.6.2 プライマリ・スーパークラス
  • 2.6.3 多重継承
  • 2.6.4 追加のトピック
  • 2.7 コンパイラ・キーワードの概要
  • 2.7.1 例
  • 2.7.2 キーワードおよび値の表示
  • 2.8 クラス・ドキュメントの作成
  • 2.8.1 クラスリファレンスの概要
  • 2.8.2 クラス・リファレンスに含めるドキュメントの作成
  • 2.8.3 クラス・ドキュメントでの HTML マークアップの使用
  • 2.9 クラスのコンパイル
  • 2.9.1 クラス・コンパイラの呼び出し
  • 2.9.2 クラス・コンパイラに関する留意事項
  • 2.10 クラスを配置済みにする方法
  • 2.10.1 配置モードについて
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 パッケージの概要
  • 3.2 パッケージ名
  • 3.3 パッケージの定義
  • 3.4 パッケージ・マッピング
  • 3.4.1 複数のネームスペースにわたるパッケージのマッピング
  • 3.5 クラス参照時のパッケージの使用
  • 3.6 パッケージのインポート
  • 3.6.1 クラスの Import 指示文
  • 3.6.2 Caché ObjectScript の #IMPORT 指示文
  • 3.6.3 明示的なパッケージのインポートによる User パッケージへのアクセスに対する影響
  • 3.6.4 パッケージのインポートおよび継承
  • 3.6.5 パッケージのインポートのヒント
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 クラス・パラメータの概要
  • 4.2 クラス・パラメータの定義
  • 4.3 パラメータのタイプと値
  • 4.3.1 実行時に評価されるクラス・パラメータ (COSEXPRESSION)
  • 4.3.2 コンパイル時に評価されるクラス・パラメータ (中括弧)
  • 4.3.3 実行時に更新されるクラス・パラメータ (CONFIGVALUE)
  • 4.4 クラスのパラメータの参照
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 メソッドの概要
  • 5.2 メソッドの定義
  • 5.3 メソッドの引数の指定: 基本
  • 5.4 引数の渡し方の指示
  • 5.5 可変個数の引数の指定
  • 5.6 値を返す方法
  • 5.7 実装言語の指定
  • 5.8 メソッドのタイプ (CodeMode オプション)
  • 5.8.1 コード・メソッド
  • 5.8.2 式メソッド
  • 5.8.3 呼び出しメソッド
  • 5.8.4 メソッド・ジェネレータ
  • 5.9 メソッドを SQL ストアド・プロシージャとして投影する方法
  • 5.10 クラス・メソッドの呼び出し
  • 5.10.1 メソッドに引数を渡す方法
  • 5.11 メソッドのキャスト
  • 5.12 継承されたメソッドの上書き
  • 5.12.1 ##super()
  • 5.12.2 ##super と メソッドの引数
  • 5.12.3 ##super が作用する呼び出し
  • 5.12.4 引数の数
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 オブジェクト・クラスの概要
  • 6.2 OREF の基本
  • 6.2.1 INVALID OREF エラー
  • 6.2.2 OREF のテスト
  • 6.2.3 OREF、スコープおよびメモリ
  • 6.2.4 OREF の削除
  • 6.2.5 OREF、SET コマンド、およびシステム関数
  • 6.3 新しいオブジェクトの作成
  • 6.4 オブジェクトのコンテンツの表示
  • 6.5 ドット構文の概要
  • 6.5.1 カスケード・ドット構文
  • 6.5.2 NULL OREF が含まれたカスケード・ドット構文
  • 6.6 オブジェクトの検証
  • 6.7 オブジェクト・タイプの判別
  • 6.7.1 %Extends()
  • 6.7.2 %IsA()
  • 6.7.3 %ClassName() および最も適切なタイプのクラス (MSTC)
  • 6.8 オブジェクトのクローン化
  • 6.9 インスタンスのプロパティの参照
  • 6.10 インスタンスのメソッドの呼び出し
  • 6.11 インスタンスからのクラス名の取得
  • 6.12 $this 変数 (現在のインスタンス)
  • 6.13 i%PropertyName (インスタンス変数)
  • Chapter 7: 
     
  • 7.1 永続クラス
  • 7.2 既定の SQL プロジェクションの概要
  • 7.3 保存したオブジェクトの識別子 : ID および OID
  • 7.3.1 オブジェクト ID から SQL へのプロジェクション
  • 7.3.2 SQL でのオブジェクト ID
  • 7.4 永続クラスに固有のクラス・メンバ
  • 7.4.1 ストレージ定義
  • 7.4.2 インデックス
  • 7.4.3 外部キー
  • 7.4.4 トリガ
  • 7.5 その他のクラス・メンバ
  • 7.6 エクステント
  • 7.7 エクステントの管理
  • 7.8 Extent クエリ
  • Chapter 8: 
     
  • 8.1 オブジェクトの保存
  • 8.1.1 Rollback
  • 8.1.2 オブジェクトとトランザクションの保存
  • 8.2 保存したオブジェクトの存在のテスト
  • 8.2.1 ObjectScript によるオブジェクトの存在のテスト
  • 8.2.2 SQL によるオブジェクトの存在のテスト
  • 8.3 保存したオブジェクトのオープン
  • 8.3.1 %OpenId() に対する複数の呼び出し
  • 8.3.2 並行処理
  • 8.4 スウィズリング
  • 8.5 ディスクからのオブジェクトの再ロード
  • 8.6 保存された値の読み取り
  • 8.7 保存したオブジェクトの削除
  • 8.7.1 %DeleteId() メソッド
  • 8.7.2 %DeleteExtent() メソッド
  • 8.7.3 %KillExtent() メソッド
  • 8.8 オブジェクト識別子のアクセス
  • 8.9 オブジェクト同時処理のオプション
  • 8.9.1 並行処理を指定する理由
  • 8.9.2 並行処理の値
  • 8.9.3 並行処理とスウィズルされたオブジェクト
  • 8.10 バージョン確認 (並行処理引数の代替)
  • Chapter 9: 
     
  • 9.1 永続クラスの定義
  • 9.2 パッケージからスキーマへのプロジェクション
  • 9.3 永続クラスのテーブル名の指定
  • 9.4 ストレージ定義とストレージ・クラス
  • 9.4.1 ストレージ定義の更新
  • 9.4.2 %CacheStorage ストレージ・クラス
  • 9.4.3 %CacheSQLStorage ストレージ・クラス
  • 9.5 スキーマ進化
  • 9.6 ストレージ定義の再設定
  • 9.7 ID の生成を制御する方法
  • 9.8 サブクラスの SQL プロジェクションの制御
  • 9.8.1 サブクラスの既定の SQL プロジェクション
  • 9.8.2 サブクラスの代替の SQL プロジェクション
  • 9.9 データを格納した永続クラスの再定義
  • Chapter 10: 
     
  • 10.1 リテラル・プロパティの定義
  • 10.1.1 例
  • 10.2 プロパティの初期値式の定義
  • 10.3 必須としてのプロパティの定義
  • 10.4 計算プロパティの定義
  • 10.5 多次元プロパティの定義
  • 10.6 一般的なデータ型クラス
  • 10.6.1 SqlCategory でグループ化されたデータ型クラス
  • 10.6.2 OdbcType でグループ化されたデータ型クラス
  • 10.6.3 ClientDataType でグループ化されたデータ型クラス
  • 10.7 主要なプロパティ・パラメータ
  • 10.8 クラス固有のプロパティ・パラメータ
  • 10.8.1 一般的なパラメータ
  • 10.8.2 XML と SOAP のパラメータ
  • 10.8.3 あまり一般的でないパラメータ
  • 10.9 列挙プロパティの定義
  • 10.10 リテラル・プロパティの値の指定
  • 10.10.1 多次元プロパティの値の指定
  • 10.11 プロパティ・メソッドの使用法
  • 10.12 リテラル・プロパティの SQL プロジェクションの制御
  • 10.12.1 フィールド名の指定
  • 10.12.2 列番号の指定
  • 10.12.3 データ型クラスとプロパティ・パラメータの影響
  • 10.12.4 計算プロパティの SQL プロジェクションの制御
  • Chapter 11: 
     
  • 11.1 コレクションの概要
  • 11.2 コレクション・プロパティの定義
  • 11.3 リスト・プロパティへの項目の追加
  • 11.4 配列プロパティへの項目の追加
  • 11.5 リスト・プロパティを使用した作業
  • 11.6 配列プロパティを使用した作業
  • 11.7 コレクション・データのコピー
  • 11.8 コレクション・プロパティの SQL プロジェクションの制御
  • 11.8.1 リスト・プロパティの既定のプロジェクション
  • 11.8.2 配列プロパティの既定のプロジェクション
  • 11.8.3 コレクションの代替のプロジェクション
  • 11.9 スタンドアロン・コレクションの作成と使用
  • Chapter 12: 
     
  • 12.1 ストリーム・クラスの概要
  • 12.2 ストリーム・プロパティの宣言
  • 12.3 ストリーム・インタフェースの使用法
  • 12.3.1 一般的に使用されるストリーム・メソッドおよびストリーム・プロパティ
  • 12.3.2 ストリーム・データの読み取りと書き込み
  • 12.3.3 ストリーム間のデータのコピー
  • 12.3.4 ストリーム・データの挿入
  • 12.3.5 ストリームでのリテラル値の検索
  • 12.3.6 オブジェクト・アプリケーションでストリームを使用する
  • 12.4 gzip ファイルに使用するストリーム・クラス
  • 12.5 SQL および ODBC へのストリーム・プロパティのプロジェクション
  • 12.5.1 埋め込み SQL によるストリームの読み取り
  • 12.5.2 埋め込み SQL によるストリームの書き出し
  • Chapter 13: 
     
  • 13.1 オブジェクト値プロパティの定義
  • 13.1.1 バリエーション : CLASSNAME パラメータ
  • 13.2 シリアル・オブジェクトの概要
  • 13.3 オブジェクトの可能な組み合わせ
  • 13.3.1 オブジェクト値プロパティの用語
  • 13.4 オブジェクト・プロパティの値の指定
  • 13.5 変更の保存
  • 13.6 オブジェクト値プロパティの SQL プロジェクション
  • 13.6.1 参照プロパティ
  • 13.6.2 埋め込みオブジェクト・プロパティ
  • Chapter 14: 
     
  • 14.1 リレーションシップの概要
  • 14.1.1 一対多リレーションシップ
  • 14.1.2 親子リレーションシップ
  • 14.1.3 一般的なリレーションシップ用語
  • 14.2 リレーションシップの定義
  • 14.2.1 一般的な構文
  • 14.2.2 一対多リレーションシップの定義
  • 14.2.3 親子リレーションシップの定義
  • 14.3 例
  • 14.3.1 一対多リレーションシップの例
  • 14.3.2 親子リレーションシップの例
  • 14.4 オブジェクトの接続
  • 14.4.1 シナリオ 1 : 多または子側の更新
  • 14.4.2 シナリオ 2 : 一または親側の更新
  • 14.4.3 オブジェクト接続の近道
  • 14.5 リレーションシップの削除
  • 14.6 リレーションシップ内のオブジェクトの削除
  • 14.7 リレーションシップを使用した作業
  • 14.8 リレーションシップの SQL プロジェクション
  • 14.8.1 一対多リレーションシップの SQL プロジェクション
  • 14.8.2 親子リレーションシップの SQL プロジェクション
  • 14.9 多対多リレーションシップの作成
  • 14.9.1 外部キーによるバリエーション
  • Chapter 15: 
     
  • 15.1 読み取り専用クラスの定義
  • 15.2 インデックスの追加
  • 15.3 外部キーの追加
  • 15.4 トリガの追加
  • 15.5 Caché ObjectScript からのフィールドの参照
  • 15.6 行レベル・セキュリティの追加
  • 15.6.1 行レベル・セキュリティの設定
  • 15.6.2 既存のデータを含むテーブルへの行レベル・セキュリティの追加
  • 15.6.3 パフォーマンスのヒントおよび情報
  • 15.6.4 セキュリティのヒントおよび情報
  • Chapter 16: 
     
  • 16.1 概要
  • 16.2 基本
  • 16.3 ジェネレータの機能
  • 16.4 メソッド・ジェネレータで使用できる値
  • 16.5 トリガ・ジェネレータで使用できる値
  • 16.6 メソッド・ジェネレータの定義
  • 16.6.1 他の言語でのメソッド・ジェネレータ
  • 16.6.2 メソッド・ジェネレータ内で CodeMode を指定する
  • 16.7 ジェネレータおよび INT コード
  • 16.8 ジェネレータ・メソッドとサブクラス
  • 16.8.1 サブクラス内のメソッド生成
  • 16.8.2 スーパークラスのメソッドの呼び出し
  • 16.8.3 生成されたメソッドの削除
  • Chapter 17: 
     
  • 17.1 クラス・クエリの概要
  • 17.2 クラス・クエリの使用法
  • 17.3 基本クラス・クエリの定義
  • 17.3.1 例
  • 17.3.2 ROWSPEC パラメータ
  • 17.3.3 CONTAINID パラメータ
  • 17.3.4 クエリ・クラスのその他のパラメータ
  • 17.4 カスタム・クラス・クエリの定義
  • 17.4.1 querynameExecute() メソッドの定義
  • 17.4.2 querynameFetch() メソッドの定義
  • 17.4.3 querynameClose() メソッド
  • 17.4.4 カスタム・クエリ用に生成されるメソッド
  • 17.5 カスタム・クエリのパラメータの定義
  • 17.6 カスタム・クエリのその他の例
  • 17.7 カスタム・クエリを使用する場合
  • 17.8 SQL カーソルとクラス・クエリ
  • Chapter 18: 
     
  • 18.1 基本
  • 18.2 XData ブロックの例
  • 18.3 XData の使用 (例)
  • Chapter 19: 
     
  • 19.1 概要
  • 19.2 クラスにプロジェクションを追加する
  • 19.3 新規プロジェクション・クラスの作成
  • 19.3.1 プロジェクション・インタフェース
  • Chapter 20: 
     
  • 20.1 コールバックおよびトリガ
  • 20.2 %OnAddToSaveSet()
  • 20.3 %OnAfterBuildIndices()
  • 20.4 %OnAfterDelete()
  • 20.5 %OnAfterPurgeIndices()
  • 20.6 %OnAfterSave()
  • 20.7 %OnBeforeBuildIndices()
  • 20.8 %OnBeforePurgeIndices()
  • 20.9 %OnBeforeSave()
  • 20.10 %OnClose()
  • 20.11 %OnConstructClone()
  • 20.12 %OnDelete()
  • 20.13 %OnNew()
  • 20.14 %OnOpen()
  • 20.15 %OnReload
  • 20.16 %OnRollBack()
  • 20.17 %OnValidateObject()
  • 20.18 %OnDetermineClass()
  • 20.18.1 %OnDetermineClass() の呼び出し
  • 20.18.2 %OnDetermineClass() に対する呼び出し結果の例
  • Chapter 21: 
     
  • 21.1 プロパティ・メソッドの概要
  • 21.2 リテラル・プロパティのプロパティ・アクセサ
  • 21.3 オブジェクト値プロパティのプロパティ・アクセサ
  • 21.4 プロパティ・ゲッター・メソッドのオーバーライド
  • 21.5 プロパティ・セッター・メソッドのオーバーライド
  • 21.6 カスタム・アクセサ・メソッドによるオブジェクト値プロパティの定義
  • Chapter 22: 
     
  • 22.1 データ型クラスの概要
  • 22.1.1 プロパティ・メソッド
  • 22.1.2 データ形式
  • 22.1.3 データ型クラスのパラメータ
  • 22.2 データ型クラスの定義
  • 22.3 データ型クラスのクラス・メソッドの定義
  • 22.4 データ型クラスのインスタンス・メソッドの定義
  • Chapter 23: 
     
  • 23.1 動的ディスパッチの概要
  • 23.2 動的ディスパッチを実装するメソッドのコンテンツ
  • 23.2.1 返り値
  • 23.3 動的ディスパッチ・メソッド
  • 23.3.1 %DispatchMethod()
  • 23.3.2 %DispatchClassMethod()
  • 23.3.3 %DispatchGetProperty()
  • 23.3.4 %DispatchSetProperty()
  • 23.3.5 %DispatchSetMultidimProperty()
  •  
    Appendix A: 
     
  • A.1 相対ドット構文 (..)
  • A.2 ##Class 構文
  • A.2.1 クラス・メソッドの呼び出し
  • A.2.2 メソッドのキャスト
  • A.2.3 クラス・パラメータへのアクセス
  • A.3 $this 構文
  • A.4 ##super 構文
  • A.4.1 ##super が作用する呼び出し
  • A.4.2 ##super と メソッドの引数
  • A.5 オブジェクトへの動的アクセス
  • A.5.1 $CLASSNAME
  • A.5.2 $CLASSMETHOD
  • A.5.3 $METHOD
  • A.5.4 $PARAMETER
  • A.5.5 $PROPERTY
  • A.6 i%<PropertyName> 構文
  • A.7 ..#<Parameter> 構文
  • Appendix B: 
     
  • B.1 データ生成の基本
  • B.1.1 Populate() の詳細
  • B.2 既定の動作
  • B.2.1 リテラル・プロパティ
  • B.2.2 コレクション・プロパティ
  • B.2.3 シリアル・オブジェクトを参照するプロパティ
  • B.2.4 永続オブジェクトを参照するプロパティ
  • B.2.5 リレーションシップ・プロパティ
  • B.3 POPSPEC パラメータの指定
  • B.3.1 非コレクション・プロパティの POPSPEC パラメータを指定する方法
  • B.3.2 リスト・プロパティの POPSPEC パラメータを指定する方法
  • B.3.3 配列プロパティの POPSPEC パラメータを指定する方法
  • B.3.4 SQL テーブル経由で POPSPEC パラメータを指定する方法
  • B.4 生成されたプロパティを別のプロパティのベースにする方法
  • B.5 %Populate の動作
  • B.6 カスタム生成のアクションと OnPopulate() メソッド
  • B.7 代替手段 : ユーティリティ・メソッドの作成
  • B.7.1 データに構造を構築するためのヒント
  • Appendix C: 
     
  • C.1 クラス定義クラスの概要
  • C.2 クラス定義のブラウズ
  • C.3 クラス定義の変更
  • Appendix D: 
     
  • D.1 オブジェクトの同期化の概要
  • D.1.1 GUID
  • D.1.2 更新の機能
  • D.1.3 SyncSet および SyncTime オブジェクト
  • D.2 同期をサポートするためのクラスの変更
  • D.3 同期の実行
  • D.4 GUID と OID との変換
  • D.5 SyncTime テーブルの手動更新