Caché での Web サービスおよび Web クライアントの作成
Web サービスの URL の概要
[Home] [Back] [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

この付録は、Caché Web サービスに関連する URL をまとめたものです。

Web サービスの URL
Caché Web サービスに関連する URL は次のとおりです。
Web サービスのエンド・ポイント
base/csp/namespace/web_serv.cls
以下はその説明です。
以下はその例です。
http://localhost:57772/csp/samples/MyApp.StockService.cls
WSDL
base/csp/app/web_serv.cls&WSDL
以下はその例です。
http://localhost:57772/csp/samples/MyApp.StockService.cls?WSDL
これらの URL はいずれも、/csp/namespace Web アプリケーションの一部であることに注意してください。
パスワードで保護された WSDL URL の使用法
WSDL URL を使用して Web クライアントを生成する際、基礎となる Web アプリケーションがパスワード認証で保護されている場合は、次のような文字列を追加する必要があります (この例では、ユーザ名として _SYSTEM、パスワードとして SYS を使用)。
&CacheUserName=_SYSTEM&CachePassword=SYS
Web クライアントの作成にサードパーティのツールを使用している場合は、そのツールがどのようにログインを処理するのかを理解しておいてください。例えば、.NET は、ログインの後に URL のリダイレクトを実行します。この場合、URL に次の文字列追加する必要があります。
&CacheNoRedirect=1
どのような場合でも、必要なユーザ名とパスワードを指定した後、ブラウザから WSDL を取得して、これをファイルとして保存し、そのファイルを代わりに使用することもできます。または、パスワードで保護されていない Web アプリケーションを作成して、必要に応じてコンシューマに WSDL を提供することも可能です (WSDL への連続したアクセスが必要な場合)。