Caché での Web サービスおよび Web クライアントの作成
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
  1.1 Caché Web サービスの概要
1.1.1 Caché Web サービスの作成
1.1.2 Web アプリケーションの一部としての Web サービス
1.1.3 WSDL
1.1.4 Web サービスのアーキテクチャ
1.2 Caché Web クライアントの概要
1.2.1 Caché Web クライアントの作成
1.2.2 Web クライアントのアーキテクチャ
1.3 その他の機能
1.4 Caché でサポートされる規格
1.4.1 基本規格
1.4.2 Caché における WSDL のサポート
1.5 SAX パーサについての重要な点
Chapter 2: 
  2.1 Caché Web サービスの概要
2.2 基本要件
2.2.1 %XML.Adaptor を必要としない入力オブジェクトと出力オブジェクト
2.2.2 入力または出力としての結果セットの使用法
2.3 簡単な例
2.4 Web サービスの生成
2.4.1 Web サービス・ウィザードの使用法
2.4.2 SOAP ウィザードと既存の WSDL の併用
2.4.3 既存の Caché Web サービスのサブクラスの作成
2.5 Web サービスのパラメータの指定
2.6 カタログおよびテスト・ページについて
2.6.1 これらのページへのアクセス
2.6.2 これらのページに関する注意事項
2.7 WSDL の表示
2.7.1 WSDL の表示
2.7.2 WSDL の生成
2.7.3 WSDL からの Internal Web メソッドの抑制
Chapter 3: 
  3.1 概要
3.1.1 バインディング・スタイル
3.1.2 エンコード形式
3.2 メッセージ・バリエーションの決定方法
3.3 メッセージ・バリエーションの例
3.3.1 Wrapped Document/Literal
3.3.2 Message/Unwrapped Document/Literal
3.3.3 RPC/Encoded
3.3.4 RPC/Literal
Chapter 4: 
  4.1 SOAP ウィザードの概要
4.2 SOAP ウィザードの使用法
4.3 プログラムによるクライアント・クラスの生成
4.4 生成された Web クライアント・クラスの変更
4.4.1 生成されたクラスを長い文字列に合わせて調整する方法
4.4.2 その他の調整
4.5 生成された Web クライアント・クラスの使用法
4.5.1 例 1 : ラップされたメッセージを使用するクライアントの使用法
4.5.2 例 2 : ラップされていないメッセージを使用するクライアントの使用法
4.6 Web クライアント・インスタンスのプロパティの調整
4.6.1 Web クライアントのエンドポイントの変更
4.6.2 SSL を使用するようにクライアントを構成する方法
4.6.3 SOAP バージョンの指定
4.6.4 その他の調整
4.7 HTTP 応答の使用法
Chapter 5: 
  5.1 Web サービスでの既定のフォルト処理
5.2 Caché Web サービスでカスタムの SOAP フォルトを返す方法
5.2.1 フォルトを作成するメソッド
5.2.2 SOAP フォルト・コードのマクロ
5.3 フォルト・オブジェクトの手動作成
5.3.1 SOAP 1.1 フォルト
5.3.2 SOAP 1.2 フォルト
5.4 フォルト発生時の WS-Addressing ヘッダ要素の追加
5.5 フォルト発生時のその他のヘッダ要素の追加
5.6 Caché Web クライアントでの SOAP フォルトおよびその他のエラーの処理
5.6.1 例 1 : Try-Catch
5.6.2 例 2 : $ZTRAP
5.6.3 SSL ハンドシェイクのエラー
Chapter 6: 
  6.1 添付および SOAP メッセージのパッケージ化
6.1.1 すべてのパーツをインライン化した SOAP メッセージ (既定)
6.1.2 MTOM パッケージ化を使用した SOAP メッセージ
6.1.3 SOAP With Attachments
6.2 Caché Web サービスおよび Web クライアントの既定の動作
6.3 応答を MTOM パッケージとして強制する
6.3.1 WSDL への影響
6.4 要求を MTOM パッケージとして強制する
6.4.1 WSDL への影響
6.5 MTOM パッケージ化の制御
6.6 例
6.6.1 Web サービス
6.6.2 Web クライアント
Chapter 7: 
  7.1 添付の送信
7.2 添付の使用
7.3 例
7.3.1 Web サービス
7.3.2 Web クライアント
Chapter 8: 
  8.1 Caché の SOAP ヘッダ要素入門
8.1.1 Caché で SOAP ヘッダを表す方法
8.1.2 サポート対象のヘッダ要素
8.1.3 ヘッダ要素と WSDL
8.1.4 必須のヘッダ要素
8.2 カスタム・ヘッダ要素の定義
8.3 SOAP メッセージへのカスタム・ヘッダ要素の追加
8.4 サポート対象のヘッダ要素の指定
8.5 XData ブロックでのサポート対象のヘッダ要素の指定
8.5.1 詳細
8.5.2 カスタム・ヘッダの継承
8.5.3 例
8.6 SOAPHEADERS パラメータでのサポート対象のヘッダ要素の指定
8.6.1 カスタム・ヘッダの継承
8.7 ヘッダ要素の使用法
Chapter 9: 
  9.1 概要
9.2 WSDL への影響
9.3 既定の WS-Addressing ヘッダ要素
9.3.1 要求メッセージにおける既定の WS-Addressing ヘッダ要素
9.3.2 応答メッセージにおける既定の WS-Addressing ヘッダ要素
9.4 手動での WS-Addressing ヘッダ要素の追加
9.5 WS-Addressing ヘッダ要素の処理
Chapter 10: 
  10.1 SOAP セッションの概要
10.2 セッションの有効化
10.3 セッション情報の使用
Chapter 11: 
  11.1 概要
11.2 Caché Web サービスの WSDL の拡張
11.3 バイナリ SOAP を使用するように Caché Web クライアントを再定義する方法
11.4 文字セットの指定
11.5 Caché バイナリ SOAP 形式の詳細
Chapter 12: 
  12.1 データセットについて
12.2 typed データセットの定義
12.3 データセットの形式の制御
12.4 データセットとスキーマの XML としての表示
12.5 WSDL への影響
Chapter 13: 
  13.1 オンライン WSDL へのアクセスの無効化
13.2 ユーザ名およびパスワードの要求
13.3 XML タイプの制御
13.4 スキーマとタイプのネームスペースの制御
13.4.1 スキーマのネームスペースの制御
13.4.2 タイプのネームスペースの制御
13.5 タイプのドキュメントの追加
13.6 SOAP エンベロープへのネームスペース宣言の追加
13.7 必要な要素および属性のチェック
13.8 NULL 文字列の引数が持つ形式の制御
13.9 SOAP 応答のメッセージ名の制御
13.10 HTTP SOAP アクションおよび要求メッセージ名のオーバーライド
13.11 要素が修飾されるかどうかの指定
13.12 メッセージ部分で要素とタイプのどちらを使用するかの制御
13.13 xsi:type 属性の使用の制御
13.14 エンコード形式でのインライン参照の使用の制御
13.15 SOAP エンベロープ接頭語の指定
13.16 Web サービスで処理する SOAP バージョンの制限
13.17 gzip で圧縮された応答の送信
13.18 単方向 Web メソッドの定義
13.18.1 単方向の Web メソッドおよび SOAP ヘッダ
13.18.2 動的に Web メソッドを単方向にする方法
13.19 バイナリ・データへの改行の追加
13.20 SOAP メッセージへのバイト・オーダー・マークの追加
13.21 タイムアウト時間のカスタマイズ
13.22 プロセス・プライベート・グローバルを使用して非常に大きいメッセージをサポートする方法
13.23 Web サービスのコールバックのカスタマイズ
13.24 Web サービスのカスタム転送の指定
13.24.1 背景
13.24.2 Web サービスのカスタム転送の定義
13.25 Web サービスのカスタム処理の定義
13.25.1 概要
13.25.2 ProcessBodyNode() の実装
13.25.3 ProcessBody() の実装
Chapter 14: 
  14.1 Web クライアントのキープ・アライブを無効にする方法
14.2 NULL 文字列の引数が持つ形式の制御
14.3 クライアントのタイムアウトの制御
14.4 プロキシ・サーバの使用法
14.5 HTTP ヘッダの設定
14.6 使用する HTTP バージョンの指定
14.7 SSL サーバ名チェックの無効化
14.8 xsi:type 属性の使用の制御
14.9 エンコード形式でのインライン参照の使用の制御
14.10 エンベロープ接頭語の指定
14.11 SOAP エンベロープへのネームスペース宣言の追加
14.12 gzip で圧縮された応答の送信
14.13 SOAP アクションに対する引用符の使用 (SOAP 1.1 のみ)
14.14 HTTP のステータス 202 をステータス 200 と同じように処理する方法
14.15 単方向 Web メソッドの定義
14.16 バイナリ・データへの改行の追加
14.17 SOAP メッセージへのバイト・オーダー・マークの追加
14.18 解析時にプロセス・プライベート・グローバルを使用する方法
14.19 カスタム SOAP メッセージの作成
14.20 カスタムの HTTP 要求の指定
14.21 Web クライアントのコールバックのカスタマイズ
14.22 Web クライアントからのカスタム転送の指定
14.22.1 背景
14.22.2 Caché Web クライアントのカスタム転送の定義
14.23 SAX パーサのフラグ指定
14.24 WS-Security ログイン機能の使用法
14.25 HTTP ユーザ認証の使用法
Chapter 15: 
  15.1 トラブルシューティングに必要な情報
15.1.1 Caché SOAP ログ
15.1.2 CSP ゲートウェイの HTTP トレース
15.1.3 サードパーティのトレース・ツール
15.2 WSDL を利用する際の問題
15.3 メッセージを送信する際の問題
 
Appendix A: 
  A.1 Web サービスの URL
A.2 パスワードで保護された WSDL URL の使用法
Appendix B: 
  B.1 WSDL ドキュメントの概要
B.2 サンプルの Web サービス
B.3 ネームスペース宣言
B.4 <service>
B.5 <binding>
B.6 <portType>
B.7 <message>
B.8 <types>
B.8.1 name 属性
B.8.2 <types> のネームスペース
B.8.3 使用可能なその他のバリエーション
B.9 メソッド・シグニチャのバリエーションによる WSDL のバリエーション
B.9.1 参照による返り値または出力パラメータとしての返り値
B.10 Caché Web サービスの WSDL のその他のバリエーション
B.10.1 Caché SOAP セッションの WSDL の相違点
B.10.2 Caché バイナリ SOAP 形式の WSDL の相違点
B.10.3 単方向 Web メソッドの WSDL の相違点
Appendix C: 
  C.1 生成されるクラスの概要
C.2 エンコードおよびバンディング・スタイルを制御するキーワード
C.3 ネームスペースの割り当てを制御するパラメータとキーワード
C.3.1 メッセージのネームスペース
C.3.2 タイプのネームスペース
C.4 配列プロパティの作成
C.5 生成されたクラスの Web メソッドに関するその他の注意事項