Caché SQL 最適化ガイド
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Chapter 1: 
 
  • 1.1 テーブル定義の最適化
  • 1.2 テーブル・データの最適化
  • 1.3 クエリの最適化
  • 1.4 構成の最適化
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 概要
  • 2.1.1 インデックスの属性
  • 2.2 自動定義されたインデックス
  • 2.2.1 ビットマップ・エクステント・インデックス
  • 2.3 インデックスの定義
  • 2.3.1 クラス定義を使用したインデックスの定義
  • 2.3.2 DDL を使用したインデックスの定義
  • 2.4 ビットマップ・インデックス
  • 2.4.1 ビットマップ・インデックス演算
  • 2.4.2 クラス定義を使用したビットマップ・インデックスの定義
  • 2.4.3 DDL を使用したビットマップ・インデックスの定義
  • 2.4.4 ビットマップ・エクステント・インデックスの生成
  • 2.4.5 インデックス・タイプの選択
  • 2.4.6 ビットマップ・インデックスに関する制限事項
  • 2.4.7 ビットマップ・インデックスの維持
  • 2.5 ビットスライス・インデックス
  • 2.6 インデックスの構築
  • 2.6.1 非アクティブ・システム上でのインデックスの構築
  • 2.6.2 READONLY アクティブ・システム上でのインデックスの構築
  • 2.6.3 READ および WRITE アクティブ・システム上でのインデックスの構築
  • 2.7 インデックスの検証
  • 2.7.1 名前によるインデックスの検証
  • 2.8 メソッドのオープン、存在確認、および削除
  • 2.8.1 インデックス・キーによるインスタンスのオープン
  • 2.8.2 インスタンスが存在するかどうかの確認
  • 2.8.3 インスタンスの削除
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 ExtentSize、Selectivity、および BlockCount
  • 3.1.1 ExtentSize
  • 3.1.2 Selectivity (選択性)
  • 3.1.3 BlockCount
  • 3.2 テーブルのチューニング
  • 3.2.1 テーブル・チューニングの実行時
  • 3.2.2 テーブルのチューニングの実行
  • 3.2.3 実動データでのテーブル・チューニングの実行
  • 3.2.4 エクステントサイズと行カウント
  • 3.2.5 CALCSELECTIVITY パラメータと、Selectivity 計算の抑止
  • 3.2.6 Selectivity と Outlier Selectivity
  • 3.2.7 異常値の最適化
  • 3.2.8 平均フィールド・サイズ
  • 3.2.9 [BlockCount のマップ] タブ
  • 3.2.10 テーブルのチューニングの統計のエクスポートと再インポート
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 クエリ・キャッシュによるパフォーマンスの改善
  • 4.1.1 クエリ・キャッシュの名前
  • 4.2 リテラル置換
  • 4.2.1 リテラル置換とパフォーマンス
  • 4.2.2 リテラル置換の抑制
  • 4.3 キャッシュ・クエリの結果セット
  • 4.4 既存のクエリ・キャッシュ
  • 4.4.1 クエリ・キャッシュのカウント
  • 4.4.2 クエリ・キャッシュを表示する
  • 4.4.3 クエリ・キャッシュをファイルにリストする
  • 4.5 クエリ・キャッシュの実行
  • 4.6 クエリ・キャッシュのロック
  • 4.7 クエリ・キャッシュの削除
  • 4.7.1 リモート・システム
  • 4.8 キャッシュされない SQL 文
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 管理ポータルの SQL パフォーマンス・ツール
  • 5.2 SQL 実行時統計
  • 5.2.1 クエリのパフォーマンス統計の収集
  • 5.2.2 クエリ・パフォーマンス統計の表示
  • 5.2.3 実行時統計とプラン表示
  • 5.3 インデックスの使用
  • 5.3.1 インデックスの対象
  • 5.3.2 インデックス構成オプション
  • 5.3.3 インデックス使用の分析
  • 5.3.4 インデックス分析
  • 5.3.5 IndexUsage() メソッド
  • 5.3.6 インデックスの最適化オプション
  • 5.4 プラン表示
  • 5.4.1 実行プランの表示
  • 5.4.2 実行プラン:文テキストとクエリ・プラン
  • 5.5 代替表示プラン
  • 5.5.1 統計
  • 5.6 クエリ最適化プランをファイルに書き込む
  • 5.7 クエリの並列処理
  • 5.7.1 無視される %PARALLEL キーワード
  • 5.7.2 サブクエリ内の %PARALLEL
  • 5.7.3 共有メモリの考慮事項
  • 5.7.4 クエリ・キャッシュの考慮事項
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 マップに格納されるテーブル
  • 6.2 プランの開発
  • 6.3 プランの読み取り
  • 6.3.1 マップへのアクセス
  • 6.3.2 条件および式
  • 6.3.3 ループ
  • 6.3.4 一時ファイル
  • 6.3.5 モジュール
  • 6.3.6 処理のために送信されるクエリ
  • 6.3.7 サブクエリ、JOIN、および UNION
  • 6.4 プランの解析
  • 6.4.1 インデックスの追加
  • 6.4.2 インデックス・データへのフィールド追加
  • 6.4.3 結合インデックスの追加
  • Chapter 7: 
     
  • 7.1 SQL 文を作成する操作
  • 7.1.1 その他の SQL 文の操作
  • 7.2 SQL 文のリスト
  • 7.3 SQL 文テキスト
  • 7.4 データ管理 (DML) SQL 文
  • 7.4.1 埋め込み SQL を含んでいるルーチンの変更
  • 7.4.2 SELECT コマンド
  • 7.5 クエリ・パフォーマンス統計
  • 7.6 データ定義 (DDL) SQL 文
  • 7.7 テーブルの削除と SQL 文
  • 7.8 SQL 文の問い合わせ
  • Chapter 8: 
     
  • 8.1 凍結プランの使用方法
  • 8.2 凍結プランのインタフェース
  • 8.2.1 特権
  • 8.2.2 SQL 文の詳細
  • 8.2.3 エラー状態の凍結プラン
  • 8.3 %NOFPLAN キーワード
  • 8.4 凍結プランのエクスポートとインポート