Zen Mojo の使用法
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 Zen Mojo の概要
  • 1.1.1 役に立つ背景知識
  • 1.2 Zen Mojo アプリケーションの種類
  • 1.2.1 Web アプリケーション
  • 1.2.2 モバイル・アプリケーション
  • 1.2.3 ハイブリッド・アプリケーション
  • 1.3 Zen Mojo ページの基本的な定義
  • 1.4 Zen Mojo ヘルパー・プラグインとレイアウト・グラフ
  • 1.5 Zen Mojo テンプレート
  • 1.5.1 コンテンツ・オブジェクト
  • 1.5.2 キー
  • 1.5.3 コンテンツ・オブジェクトとキー
  • 1.5.4 テンプレート・システム
  • 1.6 Zen Mojo コンテンツ・キャッシュ
  • 1.7 イベント処理
  • 1.8 Zen Mojo の動作
  • 1.8.1 Zen Mojo ページ・オブジェクト
  • 1.9 Zen Mojo のバージョン番号
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 チュートリアル 1:レイアウト・グラフ
  • 2.1.1 チュートリアル 1:開始
  • 2.1.2 このサンプルが機能するしくみ
  • 2.1.3 演習
  • 2.2 チュートリアル 2:データ・オブジェクト
  • 2.2.1 チュートリアル 2:開始
  • 2.2.2 このサンプルが機能するしくみ
  • 2.2.3 演習
  • 2.3 チュートリアル 3:イベント処理
  • 2.3.1 チュートリアル 3:開始
  • 2.3.2 このサンプルが機能するしくみ
  • 2.3.3 演習
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 汎用のクライアント変数と関数
  • 3.2 stash ファイルへの値の保存
  • 3.3 JSON オブジェクトの文字列への変換
  • 3.4 名前付け規約の設定
  • 3.4.1 クラス名
  • 3.4.2 メソッド名
  • 3.4.3 コンテンツ・オブジェクトと JSON プロバイダ
  • 3.4.4 キー
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 ongetdata および ongetlayout コールバック属性
  • 4.1.1 これらのコールバックがいつ使用されるか
  • 4.1.2 ongetdata または ongetlayout の指定
  • 4.1.3 getContent() の詳細
  • 4.1.4 onGetContent() の定義
  • 4.1.5 %OnGetJSONContent() の定義
  • 4.2 その他のコールバック属性
  • 4.3 イベント・ハンドラ
  • 4.3.1 イベントがサポートされる場所
  • 4.3.2 イベント・ハンドラの実装
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 プラグインの選択とファイルのダウンロード
  • 5.2 Zen Mojo ウィザードの使用法
  • 5.3 Zen Mojo クラスの手動作成
  • 5.3.1 Zen Mojo アプリケーション・クラスの定義
  • 5.3.2 Zen Mojo ページ・クラスの定義
  • 5.3.3 テンプレート・クラスの定義
  • 5.4 基本の pageContents 定義の作成
  • 5.4.1 プラグインの登録
  • 5.4.2 複数の documentView の使用
  • 5.5 次の手順
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 レイアウト・メソッドとレイアウト・グラフの概要
  • 6.2 現在のデータ・オブジェクトの参照
  • 6.3 レイアウト・グラフでのテンプレート・メソッドの呼び出し
  • 6.4 レイアウト・グラフでのスタイル属性の指定
  • 6.5 レイアウト・グラフでの sourceData プロパティの使用
  • 6.6 sourceDataでの stash ファイルに保存した値の使用
  • チャプター7: 
     
  • 7.1 考えられるアプローチ
  • 7.1.1 1 つの documentView を別の documentView から駆動する
  • 7.1.2 ドキュメント・スタックを使用する
  • 7.2 documentView の初期キーの指定
  • 7.3 キーの設定とレイアウトの更新
  • 7.4 criteria 引数の使用
  • 7.5 documentView のキーの取得
  • 7.6 ドキュメント・スタックの操作
  • チャプター8: 
     
  • 8.1 この章のメソッド
  • 8.2 レイアウト・オブジェクトの値の取得または設定
  • 8.3 レイアウト・オブジェクトの更新
  • 8.4 レイアウト・オブジェクトへのアクセス
  • チャプター9: 
     
  • 9.1 サーバへのデータの送信
  • 9.2 例
  • チャプター10: 
     
  • 10.1 明示的ディスパッチの概要
  • 10.2 テンプレートへの領域の関連付け
  • 10.3 ページの現在の領域とキーの設定
  • 10.3.1 changeAreaHandler() の実装
  • 10.4 現在のテンプレートへのアクセス
  • チャプター11: 
     
  • 11.1 動的ディスパッチの概要
  • 11.1.1 動的ディスパッチで Zen Mojo がテンプレートを見つける方法
  • 11.2 動的ディスパッチを使用するためのページの変更
  • 11.3 テンプレートの定義
  • チャプター12: 
     
  • 12.1 レイアウト・オブジェクトのスタイル情報を指定する方法
  • 12.2 スタイル・シートの組み込み
  • 12.3 スタイルの優先順位
  • チャプター13: 
     
  • 13.1 メタ・タグの指定
  • 13.2 オフラインでの使用をサポートするためのページ・クラスの修正
  • 13.3 パッケージ化されたアプリケーションの要件
  • 13.4 オフライン・ページの生成
  • 13.4.1 オフライン・ページのみの生成
  • 13.4.2 オフライン・バンドルの生成
  •  
    付録A: 
     
  • A.1 CSP ゲートウェイ・キャッシュ
  • A.2 ブラウザ・キャッシュ
  • A.3 Zen Mojo ページ・キャッシュ
  • 付録B: 
     
  • B.1 クラス名の変更
  • B.1.1 アップグレード手順
  • B.2 ネームスペースの変更
  • B.2.1 アップグレード手順
  • B.2.2 例
  • B.3 プラグインのリファクタリング
  • B.3.1 アップグレード手順と例
  • B.4 イベント処理の変更
  • B.4.1 アップグレード手順