Zen レポートの使用法
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
  A.1 Zen レポート属性のデータ型
 
Chapter 1: 
  1.1 背景知識に関する資料
1.2 Zen レポートのチュートリアル
Chapter 2: 
  2.1 XData ReportDefinition
2.2 %val 変数
2.2.1 %val の使用先
2.2.2 %val の多次元値
2.3 <report> および <group>
2.3.1 <report> および <group> の属性
2.3.2 <report> または <group> でのクエリの作成
2.3.3 フィールドまたは式に基づくブレーク
2.3.4 入れ子になったグループ
2.3.5 兄弟グループ
2.3.6 条件に応じて生成されたグループ
2.4 値ノード
2.4.1 空白の処理
2.4.2 値ノードの属性
2.4.3 <element>
2.4.4 <attribute>
2.4.5 <aggregate>
2.5 DATASOURCE
2.6 XML データ・ソースの挿入
2.6.1 クラス・メソッドからの XML 文の記述
2.6.2 <call>
2.6.3 <callelement>
2.6.4 <include>
2.6.5 <macrodef>
2.6.6 <get>
2.7 クラス・クエリからの Zen レポートの生成
2.8 ReportDefinition XML の再構成
2.9 ReportDisplay ブロックでのデータ収集
Chapter 3: 
  3.1 XData ReportDisplay
3.2 XPath 式によるデータの検索
3.3 id 属性
3.4 ディメンジョンとサイズ
3.5 国際的な数の形式
3.6 既定の形式とスタイル
3.7 ページ付けおよびレイアウト
3.7.1 <document> 要素とページ・レイアウト
3.7.2 条件付きページ・マージンおよびページ領域
3.7.3 グループの各要素に対するページ・カウントのリセット
3.7.4 複数の表示レイアウト
3.7.5 複数の表示コンポーネントの保持
3.7.6 グループの要素の条件付き挿入
3.7.7 書き込みモード
3.8 複雑なスクリプトをサポートするフォント
3.8.1 アラビア語
3.8.2 デーヴァナーガリー
3.9 要素を表示するための条件式
3.9.1 ifexpression
3.9.2 ifxpath
3.9.3 includeColIfExpression
3.9.4 includeColUnlessExpression
3.9.5 includeColIfXPath
3.9.6 includeColUnlessXPath
3.9.7 unlessexpression
3.10 値を表示するための条件式
3.11 <report>
3.12 <init>
3.13 <xslt>
3.13.1 <xslt> およびその属性
3.13.2 <xslt> で参照する XData ブロック
3.13.3 <xslt> を使用した XSLT グローバル変数の設定
3.14 <section>
3.15 <pagemaster>
3.16 <masterreference>
3.17 <document>
3.17.1 <class>
3.17.2 <cssinclude>
3.17.3 <xslinclude>
3.18 <pageheader>
3.19 <pagefooter>
3.20 <pagestartsidebar>
3.21 <pageendsidebar>
3.22 <body>
3.22.1 <call>
3.22.2 <fo>
3.22.3 <foblock>
3.22.4 <html>
3.22.5 <write>
Chapter 4: 
  4.1 レポートの表示属性
4.2 CSS スタイルの条件付き適用
4.3 <barcode>
4.4 <barcodeOptions>
4.5 <block>
4.6 <bidioverride>
4.7 <br/>
4.8 <container>
4.9 <div>
4.10 <group>
4.11 <header> と <footer>
4.12 <img>
4.13 <inline>
4.14 <inlinecontainer>
4.15 <item>
4.15.1 field
4.15.2 special
4.15.3 suppressDuplicates
4.15.4 マルチセクション・レポートのページ番号付け
4.16 <line>
4.17 <link>
4.18 <list>
4.19 <p>
4.20 <pagebreak>
4.21 <small-multiple>
4.22 <table>
4.22.1 ReportDisplay の orderby 属性
4.22.2 PDF 出力における <table> の中央揃え
4.22.3 <table> の要素の表示
4.22.4 <caption>
4.22.5 <summary>
4.22.6 <table> での複雑なヘッダの使用
4.22.7 <table> での <table> の埋め込み
4.22.8 Zen レポートのクロス集計テーブル
4.22.9 タイプ 2 クロス集計テーブルの作成
4.22.10 タイプ 1 クロス集計テーブルの作成
4.22.11 コールバック・メソッドを使用したテーブル作成
4.22.12 クラス・クエリからのテーブル作成
4.22.13 SQL を使用したテーブル作成
4.22.14 onCreateResultSet を使用したテーブル作成
4.23 <timeline>
Chapter 5: 
  5.1 パラメータによる Zen レポートの制御
5.1.1 クラス・パラメータ
5.1.2 SQL クエリ・パラメータ
5.1.3 データ型パラメータ
5.1.4 XSLT スタイルシート・パラメータ
5.1.5 URI クエリ・パラメータ
5.2 Zen レポートでの実行時式の使用法
5.3 Zen レポートのローカライズ
5.3.1 メッセージ・ディクショナリへのエントリの追加
5.3.2 Excel 出力のローカライズ
5.4 コードを再利用するための Zen レポートの構成
5.5 Zen レポートの複合クラスの使用法
5.5.1 スタイルを定義する複合クラスの作成
5.5.2 レイアウトを定義する複合クラスの作成
5.5.3 Zen レポートでの複合クラスの参照
5.6 Zen レポートのテンプレートの使用法
5.6.1 Zen レポートのテンプレートの作成
5.6.2 Zen レポートのテンプレートの参照
5.7 Zen レポートへの XSLT テンプレートの指定
5.7.1 スタイルを適用する XSLT テンプレートの呼び出し
5.7.2 項目のレンダリング時の XSLT テンプレートの呼び出し
5.8 Zen レポートのメソッドの条件付き実行
5.9 レポート生成前後のコードの実行
Chapter 6: 
  6.1 Web ブラウザでの Zen レポートの起動
6.1.1 Zen レポートの URI クエリ・パラメータ
6.1.2 URI による Zen レポート・クラスのプロパティの設定
6.2 Zen ページでの Zen レポートの起動
6.3 メモリ構成用環境変数
6.4 PDF 出力向け Zen レポートの設定
6.4.1 組み込みの PDF レンダリング・エンジンの使用法
6.4.2 他のレンダリング・エンジンの使用法
6.4.3 PDF 出力の分割およびマージ
6.4.4 HotJVM レンダリング・サーバ
6.4.5 印刷サーバ
6.5 Excel スプレッドシート出力向け Zen レポートの設定
6.5.1 スプレッドシートへのデータの格納
6.5.2 数値、日付および集約
6.5.3 複数シートのレポート
6.5.4 任意の XML からの Excel スプレッドシートの生成
6.5.5 Excel サーバ
6.6 コマンド行での Zen レポートの起動
6.6.1 GenerateReport メソッド
6.6.2 GenerateToFile メソッド
6.6.3 GenerateReportToStream メソッド
6.6.4 Zen レポート・クラスのプロパティ
6.7 Web サービスとしての Zen レポートのデータの公開
Chapter 7: 
  7.1 Zen レポートのグラフ・プロパティ
7.2 Zen レポート・グラフのコールバック・メソッド
7.3 Zen レポートのグラフの値の指定
7.3.1 SQL からのデータの取得
7.3.2 XML からのデータの取得
7.4 Xmlfile
Chapter 8: 
  8.1 Zen レポートでの XPath グラフの属性
8.2 Zen レポートの XPath グラフの値の指定
8.3 Zen レポートのグラフ軸
8.4 dataGroup と seriesGroup
8.4.1 dataGroup を使用する <lineChart>
8.4.2 seriesGroup を使用する <lineChart>
8.4.3 dataGroup を使用する <barChart>
8.4.4 seriesGroup を使用する <barChart>
8.5 Zen レポートの XPath グラフ例
8.5.1 1 つのデータ系列を持つ棒グラフ
8.5.2 複数のデータ・ポイントを持つ折れ線グラフ
8.5.3 複数のデータ・ポイントを持つピボット処理された棒グラフ
8.5.4 1 つのデータ系列を持つ円グラフ
8.5.5 2 つのデータ系列を持つ棒グラフ
Chapter 9: 
  9.1 文字セットの変更
9.2 URI クエリ・パラメータによる XHTML の表示
9.3 PDF 生成の問題の解決
9.4 中間ファイルの表示
9.4.1 ログ・ファイルへの Saxon からのメッセージの追加
9.4.2 XSL-FO パーサからのメッセージのログ
9.4.3 中間ファイルを表示するための出力モードの変更
9.4.4 後で表示するための中間ファイルの保存
9.4.5 中間ファイルと最終ファイルのファイル名の設定
9.4.6 中間 XSLT 変換ファイルの保存
9.5 ブラウザで表示する XHTML のデバッグ
9.6 <call> 要素のトラブルシューティング
 
Appendix A: 
  A.1 一般的に使用するクラス・パラメータ
A.2 XSLT スタイルシートのクラス・パラメータ
Appendix B: 
  B.1 HTML 形式の Zen レポートで使用する既定の CSS スタイル
B.2 PDF 形式の Zen レポートで使用する既定の XSL-FO スタイル
Appendix C: 
 
Appendix D: 
 
Appendix E: