Zen レポートの使用法
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
  • A.1 Zen レポート属性のデータ型
  •  
    Chapter 1: 
     
  • 1.1 背景知識に関する資料
  • 1.2 Zen レポートのチュートリアル
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 XData ReportDefinition
  • 2.2 %val 変数
  • 2.2.1 %val の使用先
  • 2.2.2 %val の多次元値
  • 2.3 <report> および <group>
  • 2.3.1 <report> および <group> の属性
  • 2.3.2 <report> または <group> でのクエリの作成
  • 2.3.3 フィールドまたは式に基づくブレーク
  • 2.3.4 入れ子になったグループ
  • 2.3.5 兄弟グループ
  • 2.3.6 条件に応じて生成されたグループ
  • 2.4 値ノード
  • 2.4.1 空白の処理
  • 2.4.2 値ノードの属性
  • 2.4.3 <element>
  • 2.4.4 <attribute>
  • 2.4.5 <aggregate>
  • 2.5 DATASOURCE
  • 2.6 XML データ・ソースの挿入
  • 2.6.1 クラス・メソッドからの XML 文の記述
  • 2.6.2 <call>
  • 2.6.3 <callelement>
  • 2.6.4 <include>
  • 2.6.5 <macrodef>
  • 2.6.6 <get>
  • 2.7 クラス・クエリからの Zen レポートの生成
  • 2.8 ReportDefinition XML の再構成
  • 2.9 ReportDisplay ブロックでのデータ収集
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 XData ReportDisplay
  • 3.2 XPath 式によるデータの検索
  • 3.3 id 属性
  • 3.4 ディメンジョンとサイズ
  • 3.5 国際的な数の形式
  • 3.6 既定の形式とスタイル
  • 3.7 ページ付けおよびレイアウト
  • 3.7.1 <document> 要素とページ・レイアウト
  • 3.7.2 条件付きページ・マージンおよびページ領域
  • 3.7.3 グループの各要素に対するページ・カウントのリセット
  • 3.7.4 複数の表示レイアウト
  • 3.7.5 複数の表示コンポーネントの保持
  • 3.7.6 グループの要素の条件付き挿入
  • 3.7.7 書き込みモード
  • 3.8 複雑なスクリプトをサポートするフォント
  • 3.8.1 アラビア語
  • 3.8.2 デーヴァナーガリー
  • 3.9 要素を表示するための条件式
  • 3.9.1 ifexpression
  • 3.9.2 ifxpath
  • 3.9.3 includeColIfExpression
  • 3.9.4 includeColUnlessExpression
  • 3.9.5 includeColIfXPath
  • 3.9.6 includeColUnlessXPath
  • 3.9.7 unlessexpression
  • 3.10 値を表示するための条件式
  • 3.11 <report>
  • 3.12 <init>
  • 3.13 <xslt>
  • 3.13.1 <xslt> およびその属性
  • 3.13.2 <xslt> で参照する XData ブロック
  • 3.13.3 <xslt> を使用した XSLT グローバル変数の設定
  • 3.14 <section>
  • 3.15 <pagemaster>
  • 3.16 <masterreference>
  • 3.17 <document>
  • 3.17.1 <class>
  • 3.17.2 <cssinclude>
  • 3.17.3 <xslinclude>
  • 3.18 <pageheader>
  • 3.19 <pagefooter>
  • 3.20 <pagestartsidebar>
  • 3.21 <pageendsidebar>
  • 3.22 <body>
  • 3.22.1 <call>
  • 3.22.2 <fo>
  • 3.22.3 <foblock>
  • 3.22.4 <html>
  • 3.22.5 <write>
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 レポートの表示属性
  • 4.2 CSS スタイルの条件付き適用
  • 4.3 <barcode>
  • 4.4 <barcodeOptions>
  • 4.5 <block>
  • 4.6 <bidioverride>
  • 4.7 <br/>
  • 4.8 <container>
  • 4.9 <div>
  • 4.10 <group>
  • 4.11 <header> と <footer>
  • 4.12 <img>
  • 4.13 <inline>
  • 4.14 <inlinecontainer>
  • 4.15 <item>
  • 4.15.1 field
  • 4.15.2 special
  • 4.15.3 suppressDuplicates
  • 4.15.4 マルチセクション・レポートのページ番号付け
  • 4.16 <line>
  • 4.17 <link>
  • 4.18 <list>
  • 4.19 <p>
  • 4.20 <pagebreak>
  • 4.21 <small-multiple>
  • 4.22 <table>
  • 4.22.1 ReportDisplay の orderby 属性
  • 4.22.2 PDF 出力における <table> の中央揃え
  • 4.22.3 <table> の要素の表示
  • 4.22.4 <caption>
  • 4.22.5 <summary>
  • 4.22.6 <table> での複雑なヘッダの使用
  • 4.22.7 <table> での <table> の埋め込み
  • 4.22.8 Zen レポートのクロス集計テーブル
  • 4.22.9 タイプ 2 クロス集計テーブルの作成
  • 4.22.10 タイプ 1 クロス集計テーブルの作成
  • 4.22.11 コールバック・メソッドを使用したテーブル作成
  • 4.22.12 クラス・クエリからのテーブル作成
  • 4.22.13 SQL を使用したテーブル作成
  • 4.22.14 onCreateResultSet を使用したテーブル作成
  • 4.23 <timeline>
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 パラメータによる Zen レポートの制御
  • 5.1.1 クラス・パラメータ
  • 5.1.2 SQL クエリ・パラメータ
  • 5.1.3 データ型パラメータ
  • 5.1.4 XSLT スタイルシート・パラメータ
  • 5.1.5 URI クエリ・パラメータ
  • 5.2 Zen レポートでの実行時式の使用法
  • 5.3 Zen レポートのローカライズ
  • 5.3.1 メッセージ・ディクショナリへのエントリの追加
  • 5.3.2 Excel 出力のローカライズ
  • 5.4 コードを再利用するための Zen レポートの構成
  • 5.5 Zen レポートの複合クラスの使用法
  • 5.5.1 スタイルを定義する複合クラスの作成
  • 5.5.2 レイアウトを定義する複合クラスの作成
  • 5.5.3 Zen レポートでの複合クラスの参照
  • 5.6 Zen レポートのテンプレートの使用法
  • 5.6.1 Zen レポートのテンプレートの作成
  • 5.6.2 Zen レポートのテンプレートの参照
  • 5.7 Zen レポートへの XSLT テンプレートの指定
  • 5.7.1 スタイルを適用する XSLT テンプレートの呼び出し
  • 5.7.2 項目のレンダリング時の XSLT テンプレートの呼び出し
  • 5.8 Zen レポートのメソッドの条件付き実行
  • 5.9 レポート生成前後のコードの実行
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 Web ブラウザでの Zen レポートの起動
  • 6.1.1 Zen レポートの URI クエリ・パラメータ
  • 6.1.2 URI による Zen レポート・クラスのプロパティの設定
  • 6.2 Zen ページでの Zen レポートの起動
  • 6.3 メモリ構成用環境変数
  • 6.4 PDF 出力向け Zen レポートの設定
  • 6.4.1 組み込みの PDF レンダリング・エンジンの使用法
  • 6.4.2 他のレンダリング・エンジンの使用法
  • 6.4.3 PDF 出力の分割およびマージ
  • 6.4.4 HotJVM レンダリング・サーバ
  • 6.4.5 印刷サーバ
  • 6.5 Excel スプレッドシート出力向け Zen レポートの設定
  • 6.5.1 スプレッドシートへのデータの格納
  • 6.5.2 数値、日付および集約
  • 6.5.3 複数シートのレポート
  • 6.5.4 任意の XML からの Excel スプレッドシートの生成
  • 6.5.5 Excel サーバ
  • 6.6 コマンド行での Zen レポートの起動
  • 6.6.1 GenerateReport メソッド
  • 6.6.2 GenerateToFile メソッド
  • 6.6.3 GenerateReportToStream メソッド
  • 6.6.4 Zen レポート・クラスのプロパティ
  • 6.7 Web サービスとしての Zen レポートのデータの公開
  • Chapter 7: 
     
  • 7.1 Zen レポートのグラフ・プロパティ
  • 7.2 Zen レポート・グラフのコールバック・メソッド
  • 7.3 Zen レポートのグラフの値の指定
  • 7.3.1 SQL からのデータの取得
  • 7.3.2 XML からのデータの取得
  • 7.4 Xmlfile
  • Chapter 8: 
     
  • 8.1 Zen レポートでの XPath グラフの属性
  • 8.2 Zen レポートの XPath グラフの値の指定
  • 8.3 Zen レポートのグラフ軸
  • 8.4 dataGroup と seriesGroup
  • 8.4.1 dataGroup を使用する <lineChart>
  • 8.4.2 seriesGroup を使用する <lineChart>
  • 8.4.3 dataGroup を使用する <barChart>
  • 8.4.4 seriesGroup を使用する <barChart>
  • 8.5 Zen レポートの XPath グラフ例
  • 8.5.1 1 つのデータ系列を持つ棒グラフ
  • 8.5.2 複数のデータ・ポイントを持つ折れ線グラフ
  • 8.5.3 複数のデータ・ポイントを持つピボット処理された棒グラフ
  • 8.5.4 1 つのデータ系列を持つ円グラフ
  • 8.5.5 2 つのデータ系列を持つ棒グラフ
  • Chapter 9: 
     
  • 9.1 文字セットの変更
  • 9.2 URI クエリ・パラメータによる XHTML の表示
  • 9.3 PDF 生成の問題の解決
  • 9.4 中間ファイルの表示
  • 9.4.1 ログ・ファイルへの Saxon からのメッセージの追加
  • 9.4.2 XSL-FO パーサからのメッセージのログ
  • 9.4.3 中間ファイルを表示するための出力モードの変更
  • 9.4.4 後で表示するための中間ファイルの保存
  • 9.4.5 中間ファイルと最終ファイルのファイル名の設定
  • 9.4.6 中間 XSLT 変換ファイルの保存
  • 9.5 ブラウザで表示する XHTML のデバッグ
  • 9.6 <call> 要素のトラブルシューティング
  •  
    Appendix A: 
     
  • A.1 一般的に使用するクラス・パラメータ
  • A.2 XSLT スタイルシートのクラス・パラメータ
  • Appendix B: 
     
  • B.1 HTML 形式の Zen レポートで使用する既定の CSS スタイル
  • B.2 PDF 形式の Zen レポートで使用する既定の XSL-FO スタイル
  • Appendix C: 
     
    Appendix D: 
     
    Appendix E: