Caché での Web サービスおよび Web クライアントの作成
SOAP セッション管理
[Home] [Back] [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

SOAP Web サービスは本質的にステートレスのため、セッションを管理しません。ただし、Web クライアントと Web クライアントが使用する Web サービスとの間のセッション管理が有用な場合がよくあります。Caché SOAP サポートは、これを実行するための方法を提供します。以下の項目について説明します。

Caché Web クライアントの調整 の章の カスタムの HTTP 要求の指定 のセクションも参照してください。
また、付録 生成された WSDL の詳細Caché セッションの WSDL の相違点 を参照してください。
SOAP セッションの概要
Web クライアントと Caché Web サービスとの間のセッションを管理できます。このサポートは以下のツールで構成されています。
全体的な流れは、以下のとおりです。
  1. Web クライアントは、初期メッセージを Web サービスに送信します。このメッセージには、Caché SOAP セッション・ヘッダは含まれません。
  2. Web サービスは、メッセージを受信し、新しい CSP セッションを開始します。
  3. Web サービスは、その返信を送信するときに、メッセージに Caché SOAP セッション・ヘッダを追加します。
  4. 応答を受信した Web クライアントでは、その SOAP セッション・ヘッダを検出し、セッションの cookie を抽出する必要があります。Web クライアントでは、以降のメッセージを送信するときに、その cookie を使用してメッセージに SOAP セッション・ヘッダを作成する必要があります。
    メモ :
  5. Web サービスは、次の応答を受信し、CSP セッションを続行して、Web サービスによる応答時に SOAP セッション・ヘッダを再度追加します。
ログ・アウトのメソッドを追加する必要はありません。CSP セッションは、少したってから (Web アプリケーションのタイムアウト期間が経過した後) タイムアウトします。"Caché Server Pages (CSP) の使用法" のドキュメントを参照してください。
セッションの有効化
SOAP セッションに対する Caché サポートを使用するには、Caché Web サービスを使用している必要があります。
セッション情報の使用
セッション情報を使用するプロセスは、他の CSP ページの場合と同じです。つまり、Web サービスは、%CSP.Session のインスタンスである、%session という名前の変数を使用できます。このオブジェクトのプロパティには、システム情報およびユーザが追加するように選択した情報が含まれます。以下は、一般的に使用されるプロパティの一部です。
%session オブジェクトには、その他の多くのプロパティを初め、セッションに関連するタスクに使用できるいくつかのメソッドがあります。詳細は、%CSP.Session のクラス・ドキュメントおよび "Caché Server Pages (CSP) の使用法" のドキュメントを参照してください。