CSP および HTML タグ・リファレンス
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Reference A: 
 
  • #()# — CSP の実行時に評価される式です。
  • ##()## — CSP のコンパイル時に評価される式です。
  • #INCLUDE — CSP サーバ側の Include 指示語です。
  • Reference B: 
     
  • <CSP:CLASS> — CSP ページに対して生成されるクラスの詳細を指定します。
  • <CSP:COMMENT> — CSP コメントの範囲を指定します。
  • <CSP:CONTENT> — CSP ページのコンテンツ・タイプを指定します。
  • <CSP:CONTINUE> — 現在の CSP:WHILE ブロック、または CSP:LOOP ブロックの次の反復を実行します。
  • <CSP:ELSE> — ELSE ブロックの範囲を指定します。
  • <CSP:ELSEIF> — ELSEIF ブロックの範囲を指定します。
  • <CSP:IF> — IF ブロックの範囲を指定します。
  • <CSP:INCLUDE> — 実行時に組み込む CSP ファイルを指定します。
  • <CSP:LOOP> — FOR ループ本文の範囲を指定します。
  • <CSP:MATCHLANGUAGE> — 現在のページの言語設定を強制します。
  • <CSP:NEW> — Caché ObjectScript の NEW コマンドを生成します。
  • <CSP:OBJECT> — オブジェクト・インスタンスを生成します。
  • <CSP:PARAMETER> — 生成された CSP クラスのクラス・パラメータ値を指定します。
  • <CSP:QUERY> — 定義済みのクラス・クエリを定義および実行します。
  • <CSP:QUIT> — 現在の <CSP:WHILE> ブロックまたは <CSP:LOOP> ブロックを終了します。
  • <CSP:SEARCH> — CSP 検索ページを実行する JavaScript 関数を定義します。
  • <CSP:SECTION> — 指定されたドキュメントのセクションに出力を送信します。
  • <CSP:SQLQUERY> — ダイナミック SQL クエリを実行します。
  • <CSP:TEXT> — ローカライズできるテキストを示します。
  • <CSP:WHILE> — WHILE ループ本文の範囲を指定します。
  • <SQL:QUERY> — Microsoft SQL タグです。
  • Reference C: 
     
  • <A> — アンカー・タグです。
  • <ADDRESS> — ページの制作者の情報です。
  • <APPLET> — Java アプレット・タグです。
  • <AREA> — クライアント側のイメージ・マップ領域を指定します。
  • <B> — テキストを太字にするタグです。
  • <BASEFONT> — 基本のフォント・サイズを指定します。
  • <BDO> — コンテンツを表示する双方向のアルゴリズムをオーバーライドします。
  • <BLOCKQUOTE> — 長い引用文であることを示します。
  • <BODY> — 本文を指定するタグです。
  • <BR> — 強制的に改行します。
  • <BUTTON> — BUTTON タグです。
  • <CAPTION> — テーブルの表題を指定するタグです。
  • <CENTER> — ブロックをセンタリングします。
  • <DEL> — 削除されたテキストを示します。
  • <DIV> — DIV タグです。
  • <EM> — テキストを強調するタグです。
  • <FONT> — フォントを変更します。
  • <FORM> — FORM タグです。
  • <FRAME> — Frame タグです。
  • <FRAMESET> — 表示領域をフレームに分割するタグです。
  • <H1> — 見出し 1 に使用します。
  • <H2> — 見出し 2 に使用します。
  • <H3> — 見出し 3 に使用します。
  • <H4> — 見出し 4 に使用します。
  • <H5> — 見出し 5 に使用します。
  • <H6> — 見出し 6 に使用します。
  • <HEAD> — HTML 文書のヘッダを定義します。
  • <HR> — 水平の線を引く際に使用します。
  • <HTML> — HTML 文書の開始と終了を宣言します。
  • <I> — フォントをイタリックにするタグです。
  • <IFRAME> — インラインのフレームを生成するタグです。
  • <ILAYER> — Netscape 互換のために、<ILAYER SRC> タグの URL の書き換えを処理します。
  • <IMG> — イメージを貼り付けるタグです。
  • <IMAGE> — <IMAGE SRC> タグの URL の書き換えを処理します。
  • <INPUT> — 入力用のオブジェクトを作成します。
  • <INS> — 挿入されたテキストを示します。
  • <LAYER> — Netscape 互換のために、<LAYER SRC> タグの URL の書き換えを処理します。
  • <LINK> — 外部リンクとの関係を指定します。
  • <MAP> — クライアント側のイメージ・マップを構成します。
  • <META> — 文書に関する付加的な情報を提供します。
  • <NOBR> — 改行を禁止する領域を定義します。
  • <NOFRAMES> — フレーム未対応ブラウザのためのタグです。
  • <OBJECT> — オブジェクトを埋め込むためのタグです。
  • <OL> — 番号付きのリストを作成するタグです。
  • <OPTGROUP> — 選択項目のグループを定義するタグです。
  • <OPTION> — 選択項目の各項目を定義するタグです。
  • <P> — パラグラフを指定します。
  • <PARAM> — プロパティ値を設定します。
  • <PRE> — フォーマットしない領域を定義します。
  • <Q> — インラインの引用文であることを示します。
  • <SCRIPT> — サーバとクライアントのスクリプト・タグです。
  • <SELECT> — 選択項目リストのメニューを定義するタグです。
  • <SPAN> — SPAN タグです。
  • <STRONG> — 強調したい要素に使用します。
  • <STYLE> — STYLE SRC タグの URL の書き換えを処理します。
  • <SUB> — 文字を下付添え字にするタグです。
  • <SUP> — 文字を上付添え字にするタグです。
  • <TABLE> — テーブルを作成するタグです。
  • <TD> — テーブルのセルを指定します。
  • <TEXTAREA> — テキスト入力エリアを作成するタグです。
  • <TH> — テーブルのヘッダを指定します。
  • <TITLE> — HTML 文書のタイトルを定義します。
  • <TR> — テーブルの行を指定するタグです。
  • <UL> — 箇条書きリストのタグです。
  • Reference D: 
     
  • <CSP:StudioGenerateTemplate> — スタジオ・テンプレートの最終ページです。
  • <CSP:StudioInteractiveTemplate> — スタジオのインタラクティブ・テンプレートです。
  • <CSP:StudioSimpleTemplate> — 単純なスタジオ・テンプレートです。