ODBC での Caché の使用法
目次
 
   
サーバ:docs2
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
チャプター1: 
 
  • 1.1 インストール
  • 1.2 ODBC ドライバ・サポート
  • 1.3 ODBC の概要
  • 1.3.1 ODBC 接続の詳細
  • チャプター2: 
     
  • 2.1 スタンドアロン・インストールの実行
  • 2.2 コントロール・パネルを使用した DSN の作成
  • 2.3 DSN ファイルの作成
  • チャプター3: 
     
  • 3.1 スタンドアロン・インストールの実行
  • 3.2 キー・ファイル名
  • 3.3 共有オブジェクトの依存関係に関するトラブルシューティング
  • 3.4 ODBC 初期化ファイルの構成
  • 3.4.1 UNIX® の ODBC 初期化ファイルの概要
  • 3.4.2 初期化ファイルの名前と場所
  • 3.4.3 ODBC 初期化ファイルの詳細
  • 3.5 iODBC のカスタム・インストールと構成
  • 3.5.1 iODBC を使用した PHP の構成
  • 3.6 Caché ODBC 構成のテスト
  • 3.6.1 選択テスト・プログラムの使用法
  • チャプター4: 
     
  • 4.1 外部ソースへの ODBC SQL ゲートウェイ接続の作成
  • 4.1.1 ODBC SQL ゲートウェイ接続の作成
  • 4.1.2 SQL ゲートウェイ経由での Caché への ODBC 接続の作成
  • 4.1.3 実装固有のオプション
  • 4.1.4 UNIX® の ODBC SQL ゲートウェイ・テスト・プログラムの使用法
  • 4.2 プログラムによる ODBC SQL ゲートウェイの使用法
  • 4.2.1 外部データ・セットの作成および使用
  • 4.2.2 ODBC プログラミングの実行
  • チャプター5: 
     
  • 5.1 Windows での ODBC のログの有効化
  • 5.2 UNIX® での ODBC のログの有効化
  • チャプター6: 
     
  • 6.1 CACHEODBCDEFTIMEOUT
  • 6.2 CACHEODBCPID
  • 6.3 CACHEODBCTRACE (UNIX® のみ)
  • 6.4 CACHEODBCTRACEFILE
  • 6.4.1 Windows 2003 での特別な手順
  • 6.5 CACHEODBCTRACETHREADS