MSM から Caché への変換ガイド
Contents
 
   
Server:docs1
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
  • A.1 概要
  •  
    Chapter 1: 
     
  • 1.1 ハードウェア要件の定義
  • 1.2 ネットワーキング要件の定義
  • 1.2.1 MSM と Caché の混在するネットワーク
  • 1.2.2 同じマシンでの Caché と MSM の実行
  • 1.2.3 ネットワーク上での一意の $JOB 値の保証
  • 1.3 Caché のインストール
  • 1.3.1 Caché ライセンス・キーのインストール
  • Chapter 2: 
     
  • 2.1 データベース・ファイルの生成
  • 2.2 ネームスペース構成を生成する
  • 2.2.1 CACHETEMP データベース
  • Chapter 3: 
     
  • 3.1 選択されたグローバルの変換
  • 3.2 MSM 文字列照合の保持
  • 3.3 Caché での NULL 添え字サポートの有効化
  • 3.4 データベースによるグローバルの変換
  • 3.4.1 ブロック型転送モードでの %MSMCVT の実行
  • Chapter 4: 
     
  • 4.1 ルーチンの違い
  • 4.2 MSM ルーチンの移植
  • 4.3 MSM 言語互換モード
  • 4.4 非標準関数および機能の変換
  • 4.4.1 MSM-XCALL 関数
  • 4.4.2 %OS および $ZOS 経由の OS 関数
  • 4.4.3 ZWINTERM 呼び出しの変換
  • 4.4.4 MSM プリプロセッサ指示文
  • 4.4.5 グローバルおよびルーチンに対する拡張参照
  • 4.4.6 Caché での EOF (ファイルの終わり) 状況の処理
  • 4.5 MSM および Caché データベース・ネットワーキング (DDP)
  • Chapter 5: 
     
  • 5.1 接続ツール
  • 5.1.1 MSM アクティベイト
  • 5.1.2 MSM-SQL、KB-SQL、および M/SQL
  • 5.1.3 MSM-PDQWeb
  • 5.1.4 MSM-Workstation
  • 5.2 ターミナル・サーバ
  • 5.2.1 TELNET ターミナル・サーバおよび LAT ターミナル・サーバ
  • 5.2.2 シリアル・ポート拡張ボード
  • 5.2.3 MSM ターミナル・デバイスの特性の変換
  • Chapter 6: 
     
  • 6.1 Caché の構成
  • 6.2 デバイスの構成
  • 6.3 Caché バックアップの自動化
  • 6.4 Caché ジャーナリング
  • 6.4.1 シャドウ・システム・ジャーナリング
  • 6.4.2 MSM から Caché へのシャドウイングと切り替え
  •  
    Appendix A: 
     
    Appendix B: 
     
  • B.1 コマンド
  • B.2 演算子
  • B.3 構造化システム変数
  • B.4 関数
  • B.5 プリプロセッサ指示文
  • B.6 特殊変数