Caché SQL リファレンス
目次
 
   
サーバ:docs1
インスタンス:LATESTJ
ユーザ:UnknownUser
 
-
移動:
検索:    

 
目次

序文: 
 
 
リファレンスA: 
 
  • Caché SQL で使用する記号 — Caché SQL で演算子として使用される文字のテーブル。
  • このドキュメントで使用する構文規則 —  SQL コマンド・リファレンスで使用する規則を指定します。
  • リファレンスB: 
     
  • ALTER TABLE — テーブルを変更します。
  • ALTER USER — ユーザのパスワードを変更します。
  • ALTER VIEW — ビューを変更します。
  • CALL — ストアド・プロシージャを実行します。
  • CASE — 何らかの条件に従って、特定の値の組み合わせを選択します。
  • %CHECKPRIV — 指定の特権がユーザにあるかどうかを確認します。
  • CLOSE — カーソルをクローズします。
  • COMMIT — トランザクション中に実行された処理をコミットします。
  • CREATE DATABASE — データベース (ネームスペース) を作成します。
  • CREATE FUNCTION — クラス内でメソッドとして関数を生成します。
  • CREATE INDEX — テーブルにインデックスを定義します。
  • CREATE METHOD — クラスにメソッドを生成します。
  • CREATE PROCEDURE — SQL ストアド・プロシージャとして公開されるメソッドまたはクエリを生成します。
  • CREATE QUERY — クエリを作成します。
  • CREATE ROLE — ロールを生成します。
  • CREATE TABLE — テーブル定義を作成します。
  • CREATE TRIGGER — トリガを作成します。
  • CREATE USER — ユーザ・アカウントを作成します。
  • CREATE VIEW — ビューを作成します。
  • DECLARE — カーソルを宣言します。
  • DELETE — テーブルの行を削除します。
  • DISTINCT — 非重複値のみを返すために指定する SELECT 節です。
  • DROP DATABASE — データベース (ネームスペース) を削除します。
  • DROP FUNCTION —  関数を削除します。
  • DROP INDEX — インデックスを削除します。
  • DROP METHOD — メソッドを削除します。
  • DROP PROCEDURE — プロシージャを削除します。
  • DROP QUERY — クエリを削除します。
  • DROP ROLE — ロールを削除します。
  • DROP TABLE — テーブルおよび (オプションで) データを削除します。
  • DROP TRIGGER — トリガを削除します。
  • DROP USER — ユーザ・アカウントを削除します。
  • DROP VIEW — ビューを削除します。
  • FETCH — カーソルからデータを取り出します。
  • FROM — クエリの対象となる 1 つ以上のテーブルを指定する SELECT 節です。
  • GRANT — ユーザまたはロールに特権を与えます。
  • GROUP BY — 1 つ以上の列に基づいて、クエリの結果行をグループ化する SELECT 節です。
  • HAVING — 1 つ以上の制限条件を指定する SELECT 節です。
  • INSERT — テーブルに 1 行以上の新しい行を追加します。
  • INSERT OR UPDATE — 新規の行または更新をテーブル内の既存の行に追加します。
  • INTO — 選択された値をホスト変数に格納するように指定する SELECT 節です。
  • %INTRANSACTION — トランザクション状態を示します。
  • JOIN — 2 つのテーブルのデータを基にテーブルを作成する SELECT 従属節です。
  • LOCK — テーブルをロックします。
  • OPEN — カーソルをオープンします。
  • ORDER BY — 結果セットでの行のソートを指定する SELECT 節です。
  • REVOKE — ユーザまたはロールから特権を削除します。
  • ROLLBACK — トランザクションをロール・バックします。
  • SAVEPOINT — トランザクション内のポイントを指定します。
  • SELECT — データベース内のテーブルから行を検索します。
  • SET OPTION — 実行オプションを設定します。
  • SET TRANSACTION — トランザクションのパラメータを設定します。
  • START TRANSACTION — トランザクションを開始します。
  • TOP — 返す行数を指定する SELECT 節です。
  • TRUNCATE TABLE — テーブルからすべてのデータを削除し、カウンタをリセットします。
  • UNION — 2 つ以上の SELECT 文を組み合わせます。
  • UNLOCK — テーブルをアンロックします。
  • UPDATE — 指定されたテーブルの指定された列に新しい値を設定します。
  • USE DATABASE — 現在のネームスペースおよびデータベースを設定します。
  • VALUES — フィールド内で使用するデータ値を指定する INSERT/UPDATE 節です。
  • WHERE — 1 つ以上の制限条件を指定する SELECT 節です。
  • WHERE CURRENT OF — カーソルを使用して現在の行を指定する UPDATE/DELETE 節です。
  • リファレンスC: 
     
  • 述語の概要 — True または False に評価される論理条件を記述します。
  • ALL — 値をサブクエリで取得された対応するすべての値と照合します。
  • ANY — 値をサブクエリで取得された少なくとも 1 つの一致する値と照合します。
  • BETWEEN — 値を値の範囲とマッチングします。
  • %CONTAINS — 単語認識マッチングを使用して、値を 1 つ以上の語句とマッチングします。
  • %CONTAINSTERM — 単語認識マッチングを使用して、値を 1 つ以上の単語とマッチングします。
  • EXISTS — テーブルに対応する行が 1 行以上あるかどうかをチェックします。
  • %FIND — ビットマップ・チャンクの反復処理によって、値を一連の生成値とマッチングします。
  • FOR SOME — フィールド値の条件テストに基づいて、レコードを返すかどうかを決定します。
  • FOR SOME %ELEMENT — リスト要素の値またはリスト要素の数を述語とマッチングします。
  • IN — 構造化されていないコンマ区切りリスト内の項目に値を一致させます。
  • %INLIST — 値を %List 構造化リストの要素と一致させます。
  • %INSET — 値を一連の生成値とマッチングします。
  • LIKE — 値をリテラルおよびワイルドカードを含むパターン文字列とマッチングします。
  • %MATCHES — 値をリテラル、ワイルドカード、および範囲を含むパターン文字列とマッチングします。
  • NULL — データ値が NULL かどうか判別します。
  • %PATTERN — 値を、リテラル、ワイルドカード、および文字タイプ・コードを含むパターン文字列とマッチングします。
  • SOME — 値をサブクエリで取得された少なくとも 1 つの一致する値と照合します。
  • %STARTSWITH — 最初の文字を指定する部分文字列と値をマッチングします。
  • リファレンスD: 
     
  • 集約関数の概要 —  列のすべての値を評価し、単一の集約値を返す関数です。
  • AVG — 指定した列の値の平均値を返す集約関数です。
  • COUNT — テーブルや特定の列から、行の数を返す集約関数です。
  • %DLIST — 値の Caché リストを作成する集約関数です。
  • LIST — コンマで区切られたリストの値を生成する集約関数です。
  • MAX — 指定された列内の最大データ値を返す集約関数です。
  • MIN — 指定された列内の最小データ値を返す集約関数です。
  • STDDEV、STDDEV_SAMP、STDDEV_POP — データ・セットの統計標準偏差を返す集約関数。
  • SUM — 指定の列の値の合計値を返す、集約関数です。
  • VARIANCE、VAR_SAMP、VAR_POP — データ・セットの統計的分散を返す集約関数。
  • XMLAGG — 値を連結した文字列を作成する集約関数です。
  • リファレンスE: 
     
  • ABS — 数値式の絶対値を返す、数値関数です。
  • ACOS — 指定されたコサインのアークコサインを、ラジアン表示で返すスカラ数値関数です。
  • %ALPHAUP — 非推奨。アルファベット文字を ALPHAUP 照合形式に変換する照合関数です。
  • ASCII — 文字列式の最初の文字 (左端にある文字) を整数 ASCII コード値として返す、文字列関数です。
  • ASIN — 与えられた角度の正弦のアークサインを、ラジアン表示で返すスカラ数値関数です。
  • ATAN — 与えられた角度の三角関数のアーク・タンジェントを、ラジアン表示で返すスカラ数値関数です。
  • CAST — 与えられた式を、特定のデータ型に変換する関数です。
  • CEILING — 指定された数値式に等しいか、より大きい最小整数値を返す数値関数です。
  • CHAR — 文字列式で指定された ASCII コード値を持つ文字を返す、文字列関数です。
  • CHARACTER_LENGTH — 式の文字の数を返す関数です。
  • CHARINDEX — 文字列内の部分文字列の位置を返す文字列関数です。オプションで検索開始位置を指定できます。
  • CHAR_LENGTH — 式の文字の数を返す関数です。
  • COALESCE — NULL でない最初の式の値を返す関数です。
  • CONCAT — 2 つの文字列式を連結した結果として、文字列を返すスカラ文字列関数です。
  • CONVERT — 与えられた式を、特定のデータ型に変換する関数です。
  • COS — 与えられた角度の三角関数のコサインを、ラジアン表示で返すスカラ数値関数です。
  • COT — 与えられた角度の三角関数のコタンジェントを、ラジアン表示で返すスカラ数値関数です。
  • CURDATE — 現在のローカル日付を返す、スカラ日付/時刻関数です。
  • CURRENT_DATE — 現在のローカル日付を返す、日付/時刻関数です。
  • CURRENT_TIME — 現在のローカル時刻を返す、日付/時刻関数です。
  • CURRENT_TIMESTAMP — 現在のローカルな日付と時刻を返す日付/時刻関数です。
  • CURTIME — 現在のローカル時刻を返す、スカラ日付/時刻関数です。
  • DATABASE — データベース名の修飾子を返すスカラ文字列関数です。
  • DATALENGTH — 式の文字の数を返す関数です。
  • DATE — タイムスタンプを取得して、日付を返す関数です。
  • DATEADD — 指定されたタイムスタンプに日付部分の単位 (時刻や日など) の整数を加算した日付を返す、日付/時刻関数です。
  • DATEDIFF — 2 つの日付の間に指定された datepart のために整数の差を返す、日付/時刻関数です。
  • DATENAME — 日付/時刻式の指定された部分の値を表す文字列を返す、日付/時刻関数です。
  • DATEPART — 日付/時刻式の指定された部分の値を表す整数を返す、日付/時刻関数です。
  • DAY — 日付式に対して月における日付を返す日付関数です。
  • DAYNAME — 日付式に対して曜日を返す日付関数です。
  • DAYOFMONTH — 日付式に対して月における日付を返す日付関数です。
  • DAYOFWEEK — 日付式に対する曜日を整数として返す日付関数です。
  • DAYOFYEAR — 日付式に対して年における日付を整数として返す日付関数です。
  • DECODE — 与えられた式を評価し、指定された値を返す関数です。
  • DEGREES — ラジアンを角度に変換する数値関数です。
  • %EXACT — 文字を EXACT 照合形式に変換する照合関数です。
  • EXP — 数値の指数値 (自然対数の逆関数) を返すスカラ数値関数です。
  • %EXTERNAL — DISPLAY 形式の式を返す形式変換関数です。
  • $EXTRACT — 文字列から、指定された位置にある文字を抽出する文字列関数です。
  • $FIND — 文字列内の部分文字列の終了位置を返す文字列関数です。オプションで検索開始位置を指定できます。
  • FLOOR — 与えられた数値式に等しいか、より小さい最大整数値を返す、数値関数です。
  • GETDATE — 現在のローカル日付とローカル時刻を返すタイムスタンプ関数です。
  • GETUTCDATE — 現在の UTC 日付および時刻を返すタイムスタンプ関数です。
  • GREATEST — 値のリストから最大値を返す関数。
  • HOUR — 日付/時刻式に対して時間を返す時刻関数です。
  • IFNULL — NULL テストを行い、適切な式を返す関数です。
  • INSTR — 文字列内の部分文字列の位置を返す文字列関数です。オプションで、検索開始位置と、その位置から数えて何個目の部分文字列かを指定できます。
  • %INTERNAL — LOGICAL 形式の式を返す形式変換関数です。
  • ISNULL — NULL テストを行い、適切な式を返す関数です。
  • ISNUMERIC — 正しい数字かどうかをテストする数値関数。
  • JSON_ARRAY — JSON 配列としてデータを返す変換関数です。
  • JSON_OBJECT — JSON オブジェクトとしてデータを返す変換関数です。
  • $JUSTIFY — 指定された幅の範囲内で値を右に寄せる関数です。オプションで、指定された小数桁数に丸めます。
  • LAST_DAY — 日付式に対してその月の最後の日付を返す日付関数です。
  • LAST_IDENTITY — 最後に挿入、更新、削除、またはフェッチされた行の ID を返すスカラ関数です。
  • LCASE — 文字列内のすべての大文字を小文字に変換するケース変換関数です。
  • LEAST — 値のリストから最小値を返す関数。
  • LEFT — 文字列式の最初 (一番左) の文字から、指定された数の文字を返す文字列関数です。
  • LEN — 文字列式の文字の数を返す文字列関数です。
  • LENGTH — 文字列式の文字の数を返す文字列関数です。
  • $LENGTH — 文字列内の文字数、または文字列内の区切られた部分文字列数を返す文字列関数です。
  • $LIST — リスト内の要素を返すリスト関数です。
  • $LISTBUILD — 文字列からリストを作成するリスト関数。
  • $LISTDATA — 指定された要素が存在し、データ値を持つかどうかを示す値を返すリスト関数です。
  • $LISTFIND — 指定されたリストで、要求された値を検索するリスト関数です。
  • $LISTFROMSTRING — 文字列からリストを作成するリスト関数。
  • $LISTGET — リスト内の要素または指定された既定値を返すリスト関数です。
  • $LISTLENGTH — 指定されたリストの要素数を返すリスト関数です。
  • $LISTSAME — 2 つのリストを比較し、ブーリアン値を返すリスト関数です。
  • $LISTTOSTRING — リストから文字列を作成するリスト関数。
  • LOG — 与えられた数値式の自然対数を返す、スカラ数値関数です。
  • LOG10 — 与えられた数値式の対数 (底 - 10) を返す、スカラ数値関数です。
  • LOWER — 文字列式内のすべての大文字を小文字に変換するケース変換関数です。
  • LPAD — 指定された長さになるまで左側にパディングされた文字列を返す文字列関数です。
  • LTRIM — 先頭の空白を削除した文字列を返す文字列関数です。
  • %MINUS — 数値をキャノニック照合形式に変換してから符号を反転する照合関数です。
  • MINUTE — 日付/時刻式に対して分を返す時刻関数です。
  • MOD — ある数を別の数で割った剰余を返す、スカラ数値関数です。
  • MONTH — 日付式に対してその月を整数として返す日付関数です。
  • MONTHNAME — 日付式に対してその月の名前を返す日付関数です。
  • NOW — 現在のローカル日付とローカル時刻を返すスカラ日付/時刻関数です。
  • NULLIF — 式が True であれば NULL を返す関数です。
  • NVL — NULL テストを行い、適切な式を返す関数です。
  • %OBJECT — ストリーム・オブジェクトを開き、対応する oref を返すスカラ関数です。
  • %ODBCIN — 論理形式の式を返す形式変換関数です。
  • %ODBCOUT — ODBC 形式の式を返す形式変換関数です。
  • %OID — ID フィールドの OID を返すスカラ関数です。
  • PI — 円周率の定数値を返すスカラ数値関数です。
  • $PIECE — 区切り文字で識別される部分文字列を返す文字列関数です。
  • %PLUS — 数値をキャノニック照合形式に変換する照合関数です。
  • POSITION — 文字列の中で部分文字列が占める位置を返す文字列関数です。
  • POWER — 与えられた式の値を、指定の数で累乗して返す数値関数です。
  • QUARTER — 日付式に対して年の四半期を整数として返す日付関数です。
  • RADIANS — 角度をラジアンに変換する数値関数です。
  • REPEAT — 指定した回数だけ文字列を繰り返す文字列関数です。
  • REPLACE — 文字列内の部分文字列を置換する文字列関数です。
  • REPLICATE — 指定した回数だけ文字列を繰り返す文字列関数です。
  • REVERSE — 文字列の文字を逆の順序で返すスカラ文字列関数です。
  • RIGHT — 文字列式の末尾 (最右端) の文字から、指定された数の文字を返す、スカラ文字列関数です。
  • ROUND — 指定された桁で数値の丸めまたは切り捨てを行う数値関数。
  • RPAD — 指定された長さになるまで右側にパディングされた文字列を返す文字列関数です。
  • RTRIM — 末尾の空白を削除した文字列を返す文字列関数です。
  • SEARCH_INDEX — インデックスの Find() メソッドから一連の値を返す関数です。
  • SECOND — 日付/時刻式に対して秒を返す時刻関数です。
  • SIGN — 与えられた数値式の正負符号を返す、数値関数です。
  • %SIMILARITY — フィールド値のテキストに対する類似性を示す数値を返します。
  • SIN — 与えられた角度の三角関数のサインを、ラジアン表示で返す、スカラ数値関数です。
  • SPACE — 空白の文字列を返す文字列関数です。
  • %SQLSTRING — 値を文字列としてソートする照合関数です。
  • %SQLUPPER — 値を大文字の文字列としてソートする照合関数です。
  • SQRT — 与えられた数値式の平方根を返す、数値関数です。
  • SQUARE — 数値の二乗を返すスカラ数値関数です。
  • STR — 数値を文字列に変換する関数。
  • STRING — 式を文字列に変換して連結する関数。
  • %STRING — 非推奨。文字を STRING 照合形式に変換する照合関数です。
  • STUFF — 文字列内の部分文字列を置換する文字列関数です。
  • SUBSTR — 指定された文字列式から得られた部分文字列を返す文字列関数です。
  • SUBSTRING — より大きい文字列から部分文字列を返す文字列関数です。
  • SYSDATE — 現在のローカルな日付と時刻を返す日付/時刻関数です。
  • TAN — 与えられた角度の三角関数のタンジェントを、ラジアン表示で返すスカラ数値関数です。
  • TIMESTAMPADD — 指定されたタイムスタンプに、特定タイプの間隔の数を加えることで計算された、新しいタイムスタンプを返すスカラ日付/時刻関数です。
  • TIMESTAMPDIFF — 2 つのタイムスタンプ間の間隔を指定された時間単位の整数で返す、スカラ日付/時刻関数です。
  • TO_CHAR — 日付、タイムスタンプ、または値数をフォーマットされた文字列へ変換する文字列関数です。
  • TO_DATE — フォーマットされた文字列を日付に変換する日付関数です。
  • TO_NUMBER — 与えられた文字列式を NUMBER データ型の値に変換する、文字列関数です。
  • TO_TIMESTAMP — フォーマットされた文字列をタイムスタンプに変換する日付関数です。
  • $TRANSLATE — 文字と文字の置換を行う文字列関数です。
  • TRIM — 先頭や末尾の文字列を削除する文字列を返す、文字列関数です。
  • TRUNCATE — 指定された桁で数値を切り捨てるスカラ数値関数。
  • %TRUNCATE — 指定された長さになるまで文字列を切り捨ててから EXACT 照合に適用する照合関数です。
  • UCASE — 文字列内のすべての小文字を大文字に変換するケース変換関数です。
  • UPPER — 文字列式内のすべての小文字を大文字に変換するケース変換関数です。
  • %UPPER — 非推奨。アルファベット文字を UPPER 照合形式に変換する照合関数です。
  • USER — 現在のユーザのユーザ名を返す関数です。
  • WEEK — 日付式に対して年における週を整数として返す日付関数です。
  • XMLCONCAT — XML 要素を連結する関数です。
  • XMLELEMENT — 指定された列から返された値にタグを付ける関数です。
  • XMLFOREST — 複数の列から返された値にタグを付ける関数です。
  • YEAR — 日付式に対して年を返す日付関数です。
  • リファレンスF: 
     
  • $MVFMT — 文字列の MultiValue フォーマット関数。
  • $MVFMTS — 動的配列要素の MultiValue フォーマット関数。
  • $MVICONV — MultiValue の外部形式から内部形式への変換関数です。
  • $MVICONVS — MultiValue の動的配列の外部形式から内部形式への変換関数です。
  • $MVOCONV — MultiValue の内部形式から外部形式への変換関数です。
  • $MVOCONVS — MultiValue の動的配列の内部形式から外部形式への変換関数です。
  • %MVR — MultiValue 照合シーケンス関数です。
  • リファレンスG: 
     
  • - (負の数) — 式を数値の負の数として返す、単項演算子です。
  • + (正の数) — 式を数値の正の数として返す単項演算子です。
  • リファレンスH: 
     
  • データ型 — SQL エンティティ (列など) が持っているデータの種類を指定します。
  • 日付/時刻文 — ODBC の日付、時刻、またはタイムスタンプを検証して変換します。
  • 既定のユーザ名とパスワード —  既定のログイン識別を提供します。
  • フィールド制約 — フィールド内容の規則を指定します。
  • 予約語 — SQL 予約語のリストです。
  • 特殊変数 — システム定義変数。
  • 文字列操作 — 文字列操作の関数および演算子